世界をあるく 世界をあるく

パタゴニア

エリア別ツアーの魅力

パタゴニアとは?

アルゼンチンとチリの南端地域を分かつ「マゼラン海峡」にも名を残す冒険家・マゼランがこの地で見たという、先住民族の使用していた大きな毛皮の靴が「パタゴニア」の由来です。

アルゼンチンとチリにまたがるパタゴニアには、合わせて30ヶ所の国立公園があり、希少な動植物だけでなく、切り立った山岳地帯、蒼々とした氷河、氷河によって作られた氷河湖など、美しい自然風景もご覧いただけます。また年間を通して風が強く、この風の強さがパタゴニアの代名詞とも言われています。

パタゴニアの2大山郡

パイネ山群(イメージ)

パイネ山群(チリ)

数多くの氷河期や切り立った峻峰などパタゴニアを代表する豊かな自然が楽しめるパイネ国立公園。最高峰のパイネ・グランデ(3,050m)や3本の岩峰トーレス・デル・パイネなど、氷河によって削られた奇岩峰、周辺には氷河湖や滝などハイキングのポイントが数多くあります。

フィッツロイ山群(イメージ)

フィッツロイ山群(アルゼンチン)

世界中からクライマーが集まるセロ・トーレ(3,102m)やフィッツロイ(3,405m)など、芸術的な3,000m級の美しい花崗岩の山並みが連なります。アウトドアブランド「patagonia」のロゴデザインでもおなじみです。

パタゴニア2大山群 厳選ハイキング

ミラドールコンドルハイキングのイメージ
「ペオエ」から望むクエルノ・デル・パイネのイメージ
「ペオエ」から見える夕景のイメージ
セロトーレのイメージ
アズール湖ハイキングのイメージ
ペリトモレノ氷河ハイキングのイメージ

初心者レベルで歩ける7コース

パタゴニアを代表するパイネ国立公園とフィッツロイの2大名峰群を訪れ、初級レベルでありながら迫力の景色を楽しめる7つのコースを厳選しました(一部、中級レベルのコースもございます)。険しい山々、氷河湖、川、滝が生み出す風景とそこに生息する動物たち…パタゴニアの魅力をハイキングでご堪能ください。

パイネ&フィッツロイたっぷりトレッキング

トーレスデルパイネに向かうトレッキングのイメージ
セロ・トーレキャンプ場のイメージ
クエルノ小屋へのトレッキングのイメージ
イタリアーノキャンプから見上げるパイネグランデのイメージ
グレイ湖とグレイ氷河に向かって歩くイメージ
氷河ハイキングのイメージ
グレイキャンプへトレッキングのイメージ

ハイキングでは体験できない迫力の景観!

日帰りハイキングでは訪れることのできない場所まで足を伸ばすため、孤立する岩峰群の大パノラマを存分に満喫できます。
パタゴニアの2大山群に深く入り込み、迫力のある景観をお楽しみいただくコースです。国立公園の山小屋やテントを使用しながら合計でたっぷり歩ける8日間のトレッキングとなります。

4泊5日 パイネ国立公園 Wサーキットトレッキング

パタゴニアにあるトレイルの中でも、最も人気が高いトレイルの1つです。パイネ連山の南壁に沿って、アルファベットの「W」形で踏破することから名付けられています。トーレス・デル・パイネ、クエルノス・デル・パイネ、パイネ・グランデというパイネ国立公園を代表する3つの名峰群と、パイネを代表するグレイ氷河や、ペオエ湖、ノルデンショールド湖など、主な見所を巡ります。

2泊3日 フィッツロイ山群トレッキング

フィッツロイ三郡の山麗に位置するトレッカーの町チャルテンを始点に、世界中のクライマー憧れの2つの名峰を目指します。1日目は鋭く聳えるセロ・トーレを間近に眺望できるトーレ湖へのトレッキング。2日目は南極ブナに囲まれたルートを歩き、名峰フィッツロイの雄姿を眺めるロス・トレス湖へのトレッキング。氷河とフィッツロイ山群が共演する、芸術的かつ圧巻の景観をご覧いただけるコースです。

チレノ小屋(イメージ)
ラストーレス小屋(イメージ)
クエルノ小屋(イメージ)
パイネグランデ小屋(イメージ)

パイネ国立公園山小屋

全ての山小屋にて24時間お湯のシャワーが利用できます。また、約6~8名での相部屋となり、ベッドで寝袋もしくはブランケット利用となります。

セロ・トーレ(イメージ)
フィッツロイキャンプ場(イメージ)

フィッツロイキャンプ場

キャンプマンといわれる専属スタッフがテントの設営や食事の用意をしますので、その間世界中から集まったトレッカーとの語らいなど、お楽しみください。

  • テントは2名1張、寝袋、マット

パタゴニアの魅力

世界中の人々を魅了する迫力の「ペリトモレノ氷河」と極地で生きる野生動物や豊かな植生

ペリトモレノ展望台のイメージ
ペリトモレノ氷河クルーズのイメージ
ペリトモレノ氷河のイメージ
グアナゴのイメージ
マゼランペンギンのイメージ
ニャンドゥのイメージ
アネモネのイメージ
カパチトのイメージ
ノトロのイメージ
迫力の氷河

パタゴニアの氷河の中でも世界中の人を魅了するのが、ロス・グラシアレス国立公園のベリトモレノ氷河です。47の氷河の総面積は南極、グリーンランドに次ぐ大きさを誇ります、現在でも成長を続けている活発な氷河ということから「生きた氷河」と呼ばれ、ビルの高さほどの巨大な氷の塊が湖面流れ落ちる大迫力の瞬間をみることができます。

極地で生きる野生動物

ダチョウの仲間ニャンドゥ、ラクダ科のグアナコ、マゼランペンギン、パタゴニア固有種のマーラ、フラミンゴをはじめとする鳥類が極地の厳しい自然環境の中で生きています。

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!