世界をあるく 世界をあるく

歩行レベル、服装・装備について

歩く距離や時間、コースの状況に応じて、各コースの難易度を定めています。

必ずご自身の体力や経験をふまえて、無理のない範囲でのご参加をお願いいたします。

  • 歩行時間・標高差は目安となります。例えばこれらが初級の範囲以内でもルートの難易度などにより中級でご案内する場合などもあります。
  • 歩行時間は登山地図・ガイドブックやガイドの情報、過去のツアーの記録などを勘定した標準的な時間です。天候やルートの状況・混雑度、ツアー参加者の体力や技量などに大幅にずれる場合もあります。
  • 歩行時間には休憩時間は含みません。実際の行動時間はこれらが加わります。
  • 標高差はルートの最高地点と最低地点の標高差です。縦走コースなどはこれ以上の累積標高差を歩きます。

ウォーキング

はじめての方でも安心!ほぼ平坦な道(おおむね舗装路)を歩きます。

レベル 特徴 歩行時間 標高差
ウォーキング

自然や街あるきを気軽に楽しめるコース

5時間以内

ほぼ平坦

ハイキング

毎日ホテルに泊まってゆったり日帰り歩き!

レベル 特徴 歩行時間 標高差
ミニハイキング

初めてのハイキングに最適なコース

2時間以内

ほぼ平坦(100m以内)

ハイク入門

初めてのハイキングに最適なコース

3時間以内

ほぼ平坦(100m以内)

ハイク初級

登山に比べ平坦なコース

2~5時間程度

100m~400m
(やや登り下りあり)

ハイク中級

経験者向け・軽登山コースを含む

5時間以上

500m未満
(登り下りあり)

トレッキング

山小屋やテントに宿泊し、大自然を間近に体感!

レベル 山小屋宿泊 歩行時間 標高差
トレッキング初級

1~2泊

5時間前後

500m前後

トレッキング中級

2~5泊

5時間以上

500m以上

トレッキング上級

5泊以上
標高3,000m以上の場所を含むもの

5時間以上

500m以上

登山

日本にない4,000m超級の世界の名峰にもチャレンジ!

レベル 特徴 歩行時間 標高差
登山初級

登山は初めてという方、しばらく登山をお休みしていた方に最適

5時間前後

500m以上700m未満

登山中級A

本格的な登山コースです。登山入門・初級コースを経験してからのご参加をお願いします

6時間以上

700m以上

登山中級B

「岩場」「鎖場」「鉄はしご」「悪路」「標高差大」「標高4,000m以上」のいずれかに該当する本格的な登山コース

7時間以上

700m以上

登山上級

「難所」「危険箇所」「山小屋利用」「長期縦走」「標高5,000m以上」のいずれかに該当する熟達者向きコース

7時間以上

700m以上

登山中級以上ツアーのご参加年齢制限を導入します

従来当社登山ツアーでは、お客様の年齢に関わらずお申込みを承っておりました。しかしながら、近年のツアー中のトラブル事例を検証した結果、やむをえず登山中級以上のツアーにおいてご参加にあたっての年齢制限を導入することになりました。皆様のご理解をお願い致します。

当社登山ツアーは、以下のお客様のみ、お申込みを承ります。
「登山上級レベル:満70歳まで」
「登山中級レベル:満75歳まで」(いずれもご参加当日の年齢)

  • 過去1年以内に同レベルの登山に参加し登頂、かつ医師が問題ないと判断した場合を除きます。
  • 上記の年齢制限に関わらずレベルや健康状態に問題のある場合はツアーのご参加をお断りさせていただきます。

【登山・トレッキングにご参加のお客様】質問票にご協力ください

「登山質問票」をお送りし、過去の登山暦や健康状態のチェックをさせていただきます。
ご記入いただき、参加申込書と一緒にご返送ください。

服装・装備について

ウォーキング 服装について

屋外で動きやすい服装であれば、ほとんどのコースが普段着・スニーカーでもご参加いただけます。ご参加されるコースの内容に応じてご準備ください。

ハイキング・登山 服装について

1.帽子

一面につばのあるハットタイプがオススメ。
日焼けや日射病、ケガの防止のために必須。

2.服装

上着・下着とも吸湿性・通気性・速乾性に富んだ素材が最適。綿製は乾きにくく適しません。
夏場でも高山や高原の朝晩は冷え込むため、必ずフリースやセーターなどの防寒具を用意しましょう。
着脱して温度調整ができるように、重ね着を。

3.ザック

日帰りやホテル・ロッジ宿泊なら20~30リットル前後、山小屋宿泊なら30~40リットル程度のものを。

4.ズボン

動きやすい、伸縮性のあるものや、ゆとりのあるものがオススメ。ジーンズなどの綿素材は濡れた時に乾きにくいため適しません。

5.靴

ハイキングでは防水性のトレッキングシューズ、登山では、季節(無雪期・積雪期)や山のレベル、日数に応じた登山靴が最適。
底が厚く硬いものがオススメです。
くるぶしまであるハイカットが捻挫防止にも効果的です。