岡山旅行・岡山ツアー

岡山旅行・岡山ツアー 岡山旅行・岡山ツアー

岡山旅行 新着のお知らせ

岡山県の担当者様からメッセージをいただきました。

写真/野崎 正志 様

是非この機会に岡山県へお越しください。

公益社団法人岡山県観光連盟 専務理事 野崎 正志 様

穏やかな瀬戸内の風土に恵まれた岡山県は倉敷や後楽園といった見どころに加え県北地域の由緒ある温泉地、唯一の現存天守が残る備中松山城や数々の日本遺産など豊かな歴史と穏やかな自然の中に滞在しながら、白桃やブドウなどプレミアムな絶品フルーツや瀬戸内海の繊細な味覚を産地でお楽しみいただけます。是非この機会に岡山県へお越しください。

岡山旅行 出発地別人気ツアー

東京23区発の人気飛行機・列車の旅

岡山旅行 ツアーを探す

キーワード検索(観光地等)

該当条件のツアー件数 -

岡山県の人気スポット&見どころ紹介

岡山県の観光スポット紹介

地図上の観光地をクリックすると地図下に観光情報が表示されます

倉敷美観地区 大原美術館 備中松山城
倉敷美観地区 大原美術館 備中松山城

倉敷美観地区

(イメージ)

(イメージ)

倉敷美観地区は一年を通じて観光客が賑わう人気のエリア。白壁が特徴的な建物や倉敷川の柳並木等があり歴史ある風情が魅力的です。美術館や、古民家を改装した飲食店等見ておきたいスポットがたくさんあります。「くらしき川舟流し」で船頭さんの案内を聞きながら街並みを眺めるのがおすすめ。
※出発地によってツアーのお取り扱いがない場合もございます

大原美術館

(イメージ)

(イメージ)

倉敷市にある美術館「大原美術館」は、1930年開館の歴史ある美術館。名画を鑑賞できる本館、近代洋画から現代アートの分館、古美術の工芸・東洋館と3つの展示場で構成されています。本館ではエル・グレコの「受胎告知」、分館では現代アートの作家草間彌生氏の作品等を鑑賞できます。幅広いジャンルを鑑賞できるため、美術に興味がある方はもちろん、詳しくない方も芸術との新たな出会いがあるかもしれません。全館合わせた鑑賞には2時間ほどかかります。
※出発地によってツアーのお取り扱いがない場合もございます

備中松山城

(イメージ)

(イメージ)

「備中松山城」は天守が現存する日本で唯一の山城。現存天守でもっとも高い所にあり、山の上に築かれた巨大な石垣は見ごたえがあります。江戸時代には「忠臣蔵」で有名な赤穂藩主・浅野長矩(あさの ながのり)の管理となり、場内にはその名残である「大石内蔵助の腰掛け石」があります。11月〜12月上旬の早朝には、気候条件が合えば雲海に浮かぶ城の姿を見られます。また運が良ければ、城主である猫「さんじゅーろー」にも出会えるでしょう。

もっと知りたい岡山県の見どころ紹介

(イメージ)

食べて・引いて・飾って楽しむ!岡山の桃

岡山といえば桃の産地として有名ですよね。県を代表するフルーツ・桃の栽培のはじまりは、1875年(明治8年)。中国から伝わった桃に、先人たちが改良・開発を続けたおかげで、現在では30品種以上が生産される桃の一大産地になりました。県内各地の農園では、例年6月下旬から9月上旬まで桃狩りが楽しめます。
岡山の桃は、上品な白さが特徴。袋をかけて直射日光が当たらないように育てた桃は、見た目は白く、口当たりはなめらかに仕上がるのだそう。
そんな岡山では、食べること以外でも桃を楽しめるのはご存知でしょうか。岡山市の「吉備津彦神社」では、桃の形をした陶器に入った「白桃みくじ」を引くことができますよ。
桃太郎伝説が残る岡山では、桃は魔除けのシンボル。白桃みくじを引いた後は陶器の桃をご自宅に飾ってみてくださいね。

(イメージ)

ゆったりとした時間が流れる真鍋島

笠岡市から定期旅客船で約40分のところに位置する、古き良き漁村の島「真鍋島」。木造校舎の真鍋中学校をはじめ、昔懐かしい町並みが残っていることから、数々の映画のロケ地にもなっています。
かつては藤原氏の一族が「水軍」の本拠地を構え、繁栄したという真鍋島。現在は港町ならではの穏やかな時間が流れており、多くの観光客が癒しを求めに訪れます。
真鍋島は、人口より猫が多い「猫の島」としても知られています。真鍋島には2つの港があり、フェリーの主な発着地で人の往来が多い本浦港では、人懐こい猫たちがお出迎え。人通りが少ない岩坪港周辺では、ちょっぴり人見知りの猫たちと出会うことができますよ。
レトロな街並みや港で獲れるおいしい魚、個性豊かな猫たちと出会いに、真鍋島に足を運んでみては。

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!