長崎旅行・長崎ツアー

長崎旅行・長崎ツアー 長崎旅行・長崎ツアー

長崎旅行 新着のお知らせ

長崎県観光連盟様よりメッセージをいただきました。

写真/園田 幸四郎様

皆様のご来県を心よりお待ちしております。

一般社団法人長崎県観光連盟 専務理事 園田幸四郎様
2つの世界文化遺産をはじめとした歴史・文化に触れる旅。自然豊かな「しま」を巡る癒しの旅。多彩な魚介類や「和華蘭」と表現される長崎ならではの料理など、長崎県には何度でも訪れて頂ける様々な楽しみ方がございます。新しい生活様式に則した対策も万全に、皆様のご来県を心よりお待ちしております。


長崎旅行 出発地別人気ツアー

東京23区発の人気飛行機・列車の旅

長崎旅行 ツアーを探す

長崎県の人気スポット&見どころ紹介

平戸温泉郷

平戸温泉郷

長崎県の北西に位置する平戸市は、歴史とロマンあふれる城下町です。
400年ほど前、日本で最初の西洋貿易港としてイギリスやオランダとの交流が始まり、西洋文化の橋渡しとなりました。
オランダ商館や平戸城を始め、歴史を物語る建物や史跡を見て、平戸の歴史とロマンに触れてみて下さい。

九十九島

九十九島

九十九島は、佐世保港の外側から北へ25kmにわたり島々が点在する海域のことで、島の密度は日本一といわれています。
九十九(くじゅうく)とは数がたくさんあるという意味で使われる例え言葉で、実際の島の数は208あります。

ハウステンボス

ハウステンボス

ヨーロッパの街並みを再現した、長崎で最も有名なテーマパーク。ハウステンボス(=森の家)という名の通り、「自然との共生」をテーマとしていて、園内に咲く四季折々の花々が美しいです。

グラバー園【世界遺産】

グラバー園の中にあるグラバー邸は日本で最も古い木造洋風建築物でこの一帯は外国人の居留地でした。グラバー邸のある長崎市南山手は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

軍艦島

軍艦島

端島(はしま)の通称で知られている軍艦島。長崎市(旧高島町)にある島で、かつては海底炭鉱によって栄え東京以上の人口密度を有していたが、閉山とともに島民が島を離れたため、現在は無人島になっています。

長崎市内

長崎市内

出島や中華街、グラバー邸をはじめとする洋館群など、異国情緒あふれる長崎市内。チャンポン、カステラ、トルコライスなどの「和華蘭グルメ」も長崎ならでは。そして世界最後の被爆県として、世界に向けて平和の尊さを発信する「平和都市」の役割も担っています。

大浦天主堂

大浦天主堂

幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中に、在留外国人のために建設した中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会堂です。聖堂内を飾るステンドグラスには、約100年前のものもあります。

雲仙温泉

雲仙地獄の一帯は、水蒸気が吹き出し、硫黄の匂いが立ちこめています。天然記念物に指定されたシロドウダンの群落もあり、キリシタン殉教の舞台ともなったところです。約30種類の地獄が点在し、それぞれに由来や伝説があります。

外海

外海

(イメージ)

黒崎教会や出津文化村など潜伏キリシタンの深い信仰の歴史を物語る史跡が数多く点在する外海エリア。ここは、かの有名な遠藤周作も魅せられたエリアです。また、角力灘に沈む美しい夕陽は、青い海を紅色に染め、海に浮かぶ島影の陰影と共に訪れた人たちを魅了します。

対馬

対馬

「和多都美(わたづみ)神社」

対馬を代表する観光スポット「和多都美神社(わたづみじんじゃ)」の鳥居は全部で5つあります。そのうちの2つは、神社の前に広がる浅茅湾の中に立っているため、満潮時は社殿の近くまで海水が満ち、神秘的な雰囲気が広がります。

五島列島

五島列島

「大瀬崎展望台」

「九州本土で最後に夕陽が沈むところ」として、九州本土最西端に位置し、東シナ海の荒海に面しています。激しい風や波に打ちひしがれて浸食された断崖絶壁が作り出す壮大な風景は圧巻です。

壱岐

壱岐

「猿岩(さるいわ)」

壱岐一番の観光スポット!壱岐の温泉地である湯本湾の西に突き出した黒崎半島の突端にある海蝕崖の玄武岩で高さ約50mの猿岩は、ちょうど猿が左を向いた形で頭と背中の部分に芝生が生えている姿をしています。

平戸温泉郷

平戸温泉郷

長崎県の北西に位置する平戸市は、歴史とロマンあふれる城下町です。
400年ほど前、日本で最初の西洋貿易港としてイギリスやオランダとの交流が始まり、西洋文化の橋渡しとなりました。
オランダ商館や平戸城を始め、歴史を物語る建物や史跡を見て、平戸の歴史とロマンに触れてみて下さい。

九十九島

九十九島

九十九島は、佐世保港の外側から北へ25kmにわたり島々が点在する海域のことで、島の密度は日本一といわれています。
九十九(くじゅうく)とは数がたくさんあるという意味で使われる例え言葉で、実際の島の数は208あります。

ハウステンボス

ハウステンボス

ヨーロッパの街並みを再現した、長崎で最も有名なテーマパーク。ハウステンボス(=森の家)という名の通り、「自然との共生」をテーマとしていて、園内に咲く四季折々の花々が美しいです。

外海

(イメージ)

外海

黒崎教会や出津文化村など潜伏キリシタンの深い信仰の歴史を物語る史跡が数多く点在する外海エリア。ここは、かの有名な遠藤周作も魅せられたエリアです。また、角力灘に沈む美しい夕陽は、青い海を紅色に染め、海に浮かぶ島影の陰影と共に訪れた人たちを魅了します。

グラバー園

グラバー園【世界遺産】

グラバー園の中にあるグラバー邸は日本で最も古い木造洋風建築物でこの一帯は外国人の居留地でした。グラバー邸のある長崎市南山手は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

軍艦島

軍艦島

端島(はしま)の通称で知られている軍艦島。長崎市(旧高島町)にある島で、かつては海底炭鉱によって栄え東京以上の人口密度を有していたが、閉山とともに島民が島を離れたため、現在は無人島になっています。

長崎市内

長崎市内

出島や中華街、グラバー邸をはじめとする洋館群など、異国情緒あふれる長崎市内。チャンポン、カステラ、トルコライスなどの「和華蘭グルメ」も長崎ならでは。そして世界最後の被爆県として、世界に向けて平和の尊さを発信する「平和都市」の役割も担っています。

大浦天主堂

大浦天主堂

幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中に、在留外国人のために建設した中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会堂です。聖堂内を飾るステンドグラスには、約100年前のものもあります。

雲仙温泉

雲仙温泉

雲仙地獄の一帯は、水蒸気が吹き出し、硫黄の匂いが立ちこめています。天然記念物に指定されたシロドウダンの群落もあり、キリシタン殉教の舞台ともなったところです。約30種類の地獄が点在し、それぞれに由来や伝説があります。

対馬

対馬

「和多都美(わたづみ)神社」

対馬を代表する観光スポット「和多都美神社(わたづみじんじゃ)」の鳥居は全部で5つあります。そのうちの2つは、神社の前に広がる浅茅湾の中に立っているため、満潮時は社殿の近くまで海水が満ち、神秘的な雰囲気が広がります。

五島列島

五島列島

「大瀬崎展望台」

「九州本土で最後に夕陽が沈むところ」として、九州本土最西端に位置し、東シナ海の荒海に面しています。激しい風や波に打ちひしがれて浸食された断崖絶壁が作り出す壮大な風景は圧巻です。

壱岐

壱岐

「猿岩(さるいわ)」

壱岐一番の観光スポット!壱岐の温泉地である湯本湾の西に突き出した黒崎半島の突端にある海蝕崖の玄武岩で高さ約50mの猿岩は、ちょうど猿が左を向いた形で頭と背中の部分に芝生が生えている姿をしています。

もっと知りたい長崎県の見どころ紹介

長崎くんち

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。

長崎精霊流し

精霊流しとは、初盆の霊を船に乗せ、極楽浄土へ送り出す長崎の伝統行事です。
耳をつんざくほどの爆竹と鐘の音、「ドーイドーイ」の掛け声とともに行列は夜遅くまで続きます。

(イメージ)

長崎ちゃんぽん

料理にも異国の味が漂うと言われる長崎。中でもちゃんぽん(チャンポン)・皿うどんは、深い関わりのあった中国の影響を受けて長崎が生み出した日中混合の庶民の味として、名物のひとつとなっています。

(イメージ)

卓袱(しっぽく)料理

中国料理や西欧料理が日本化した宴会料理の一種。長崎市を発祥の地とし、大皿に盛られたコース料理を、円卓を囲んで味います。
和食、中華、洋食の要素が互いに交じり合っていることから、和華蘭料理(わからんりょうり)とも評されます。

(イメージ)

カステラ

ポルトガルから伝わった南蛮菓子を元に日本で独自に発展した和菓子。今では、卵、小麦粉、砂糖で作ったシンプルなものから、チョコレートや抹茶、イチゴ味など様々な味が楽しめます。

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!