石川旅行・石川ツアー

石川旅行・石川ツアー 石川旅行・石川ツアー

新着のお知らせ

石川県の全国旅行支援

石川県の実施要項(実施期間:2022年12月20日まで)

ワクチン接種回数

補助を受けるために必要なワクチン接種回数
3回(※)

補助金額

ご旅行代金の40%
上限額
8,000円(交通付き宿泊商品)
5,000円(その他の商品)

地域限定クーポン

平日3,000円
休日1,000円
日帰りツアーは付与はありません。

※各都道府県からお預かりしている補助金が上限に達した場合は、予告なく適用を停止させていただく場合がございます。

※ご出発前に各都道府県の規程を公式サイトにてご確認ください。

※本人確認の身分証明書としては、次のものが有効です。
マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、海技免状等国家資格を有することを証明する書類、障害者手帳等各種福祉手帳、船員手帳、戦傷病者手帳、官公庁職員身分証明書、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書等。
これらの身分証明書をお持ちでない場合は以下の①を2つ、または①を1つと②を1つお持ちください。
①健康保険等被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、年金証書 ②学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等。

全国旅行支援対象ツアーの見方

▲ツアー表示画面(拡大図)

①全国旅行支援マーク

このページ内の【全国旅行支援マーク】がついているツアーが全国旅行支援対象ツアーになります。

▲ツアー表示画面(拡大図)

②期日・注意文を確認

ツアータイトル下にある、全国旅行支援に関する注意文をご確認ください。
※内容はツアーごとに異なります。

ツアーお申込みの際に、必ず該当のオプション選択をおこなってください。オプションのお申込みがないと、全国旅行支援補助対象になりませんのでご注意ください

石川旅行 出発地別人気ツアー

東京23区発の人気飛行機・列車の旅

石川旅行 ツアーを探す

石川県の人気スポット&見どころ紹介

石川県の見どころ&人気スポット紹介

地図上の観光地をクリックすると地図下に観光情報が表示されます

金沢城 兼六園 白米千枚田
金沢城 兼六園 白米千枚田

金沢城

(イメージ)

金沢のシンボルとして県民に親しまれている「金沢城」。天文15年(1546年)に尾山御坊を建てた地に、天正8年(1580年)、佐久間盛政によって築かれました。城壁は横の線を重視したデザインが特徴的。城の正面玄関である「大手」には人の背丈よりも高い「鏡石」と呼ばれる巨石があり、藩の技術力を誇示するために用いられました。また城内の「鶴丸倉庫」は国の重要文化財に指定されています。夏・秋・冬には期間限定の「金沢城・兼六園ライトアップイベント」を開催、幻想的な夜の散策をお楽しみください。

兼六園

(イメージ)

金沢市の中心部に位置し、「加賀百万石」の歴史と文化を今に伝える観光スポット。前田家5代・綱紀(つなのり)が金沢城に付属して造らせた大名庭園で、日本三名園の一つとして、国の特別名勝に指定されています。春には「花見橋」から望む曲水と両岸に満開の花が続く桜並木が見事。秋は北側の小立野口(こだつのぐち)近くの山崎山が紅葉の名所として有名で、おごそかで凛(りん)とした景観に出逢えます。冬には雪が降り積もる中、金箔をイメージさせる雪吊りの美しい景観を楽しめます。

白米千枚田

(イメージ)

「白米千枚田」は小さな田んぼが1,004枚重なった棚田で、奥能登を代表する絶景スポットです。春は田植え、夏は新緑、秋には黄金色、冬は雪景色と四季折々の表情を見せてくれます。特に夕日の評価が高く、沈みかけた日の光が日本海と田んぼに反射してきらめくさまはまさに絶景。10月から3月にはイルミネーションイベントも開催されます。また、近くの「道の駅千枚田ポケットパーク」では千枚田のお米を使ったおにぎりなど地元の食材を使ったメニューがそろいます。

もっと知りたい石川県の見どころ紹介

(イメージ)

金沢随一のフォトジェニックな観光スポット

金沢屈指の人気観光エリア、「ひがし茶屋街」。紅殻格子の町屋が建ち並ぶ光景は、まるで別世界のよう。茶屋街としてにぎわったかつての姿を残しながらも、新しいショップやお洒落なカフェなども続々と登場し、訪ねる人を飽きさせない魅力に溢れています。茶屋とはそもそも、お茶を飲むところでも、お茶を売っているお店でもなく、芸妓が粋で雅な芸で客をもてなす大人の社交場。折角訪ねたのだから、お茶屋遊びがしてみたい……と思うかもしれませんが、残念ながら、「一見さんお断り」のしきたりが今も守られています。しかし! 金沢で一番大きいお茶屋建築の「懐華樓」では、一見さんでもお茶屋遊びが体験できる「艶遊会」が一般公開されている日もあるとのこと。金箔で織られた畳の茶室や輪島塗の階段、加賀友禅など絢爛たる内装は必見です。「ひがし茶屋街」でしか味わえない、貴重な体験をしに、是非訪ねてみてください。

(イメージ)

石川の新鮮な海の幸をその場で楽しむ

加能ガニ、香箱ガニ、ノドグロ、岩ガキ、寒ブリ、甘エビ……厳選された地物の魚を中心に、季節ごとに旬の魚介を購入することができる「いきいき魚市」は、地元の人々にも愛される活気のある市場。水揚げからわずか3時間で店頭に並ぶという数々の魚。当然ながら鮮度抜群です! 地元の方はもちろん、お土産を買い求める観光客でいつも賑わっています。注目は今年オープンした「屋台処」。今までは近くの食堂などに足を伸ばさなければ食べられなかった「いきいき魚市」に卸される新鮮な魚介の数々を、すぐその場で楽しむことができるイートインスペースです。握り寿司、海鮮丼、ノドグロのホイル焼き、ゲンゲの天ぷら、カレイのあんかけなど、日毎に異なる絶品グルメが並びます。イートインコーナーで食べるのは勿論、テイクアウトもOK。取れたての美味しいお魚を是非味わってください。

個人で行く旅(近畿日本ツーリスト主催)

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!