鹿児島旅行・鹿児島ツアー

鹿児島旅行・鹿児島ツアー 鹿児島旅行・鹿児島ツアー

新着のお知らせ

鹿児島県の全国旅行支援

鹿児島県の実施要項(実施期間:2022年12月20日まで)

ワクチン接種回数

補助を受けるために必要なワクチン接種回数
3回

補助金額

ご旅行代金の40%
上限額(※)
8,000円(交通付き宿泊商品)
5,000円(その他の商品)

地域限定クーポン

平日3,000円
休日1,000円
(※)

※各都道府県からお預かりしている補助金が上限に達した場合は、予告なく適用を停止させていただく場合がございます。

※ご出発前に各都道府県の規程を公式サイトにてご確認ください。

離島に宿泊する旅行は上限額が異なり、交通付き宿泊商品は11,000円その他の宿泊商品は7,000円(1人1泊あたり)です。
(離島:獅子島、桂島、上甑島、中甑島、下甑島、新島、種子島、馬毛島、屋久島、口永良部島、竹島、硫黄島、黒島、口之島、中之島、諏訪之瀬島、平島、悪石島、小宝島、宝島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)
また、交通付き宿泊商品は、感染防止対策に係る「第三者認証施設」に宿泊する場合は地域限定クーポンが平日は4,000円付与されます。

全国旅行支援対象ツアーの見方

▲ツアー表示画面(拡大図)

①全国旅行支援マーク

このページ内の【全国旅行支援マーク】がついているツアーが全国旅行支援対象ツアーになります。

▲ツアー表示画面(拡大図)

②期日・注意文を確認

ツアータイトル下にある、全国旅行支援に関する注意文をご確認ください。
※内容はツアーごとに異なります。

ツアーお申込みの際に、必ず該当のオプション選択をおこなってください。オプションのお申込みがないと、全国旅行支援補助対象になりませんのでご注意ください

鹿児島旅行 出発地別人気ツアー

東京23区発の人気飛行機・列車の旅

鹿児島旅行 ツアーを探す

キーワード検索(観光地等)

該当条件のツアー件数 -

鹿児島県の人気スポット&見どころ紹介

鹿児島県の観光スポット紹介

地図上の観光地をクリックすると観光情報が表示されます

イメージ

(イメージ)

霧島エリア

霧島には日常を忘れられるような絶景を楽しめる温泉がたくさんあります。妙見温泉は新川渓谷温泉郷の中心的なエリア。西郷隆盛も癒されたという栗野岳温泉や、鹿児島県内で最も古いとされる日当山温泉なども注目です。

イメージ

(イメージ)

桜島

錦江湾に浮かぶ周囲約52kmの桜島は、現在も小規模な噴火を繰り返す複合火山です。北岳の標高373mに位置する「湯之平展望所」は、一般人が入れる最高地点であり、荒々しい山肌を間近で見られます。訪れるなら夕暮れ時がおすすめ。夕日で赤く染まる桜島と、海の向こうに沈む夕日の美しさは必見です。「赤水展望広場」には、約50トンの桜島溶岩を使ったモニュメント「叫びの肖像」があり、撮影スポットとして人気です。

イメージ

(イメージ)

屋久島

屋久島は鹿児島県佐多岬の南南西約60kmの海上にあり、周囲約130km(東西約28km、南北24km)のほぼ円形に近い形をしています。面積の約90%を森林が占めるだけでなく、ほぼ全域が山地となっており、ここでしか見られない貴重な自然環境が存在しています。1993年、白神山地とともに日本初の世界自然遺産に登録されました。

イメージ

(イメージ)

奄美大島

九州南方海上、鹿児島市と沖縄本島のほぼ中間に位置する奄美大島。その特徴は多くの部分が森であるということ。そうした豊かな森がはぐくむ海洋部は珊瑚礁が広がっています。奄美大島の魅力は自然だけでなく、奄美の自然を描いた日本画家「田中一村近年美術館」や「大島紬」など島人が育んできた文化も奄美大島の魅力の一つです。
2021年7月世界自然遺産に登録されました。

イメージ

(イメージ)

霧島エリア

霧島には日常を忘れられるような絶景を楽しめる温泉がたくさんあります。妙見温泉は新川渓谷温泉郷の中心的なエリア。西郷隆盛も癒されたという栗野岳温泉や、鹿児島県内で最も古いとされる日当山温泉なども注目です。

イメージ

(イメージ)

桜島

錦江湾に浮かぶ周囲約52kmの桜島は、現在も小規模な噴火を繰り返す複合火山です。北岳の標高373mに位置する「湯之平展望所」は、一般人が入れる最高地点であり、荒々しい山肌を間近で見られます。訪れるなら夕暮れ時がおすすめ。夕日で赤く染まる桜島と、海の向こうに沈む夕日の美しさは必見です。「赤水展望広場」には、約50トンの桜島溶岩を使ったモニュメント「叫びの肖像」があり、撮影スポットとして人気です。

イメージ

(イメージ)

屋久島

屋久島は鹿児島県佐多岬の南南西約60kmの海上にあり、周囲約130km(東西約28km、南北24km)のほぼ円形に近い形をしています。面積の約90%を森林が占めるだけでなく、ほぼ全域が山地となっており、ここでしか見られない貴重な自然環境が存在しています。1993年、白神山地とともに日本初の世界自然遺産に登録されました。

イメージ

(イメージ)

奄美大島

九州南方海上、鹿児島市と沖縄本島のほぼ中間に位置する奄美大島。その特徴は多くの部分が森であるということ。そうした豊かな森がはぐくむ海洋部は珊瑚礁が広がっています。奄美大島の魅力は自然だけでなく、奄美の自然を描いた日本画家「田中一村近年美術館」や「大島紬」など島人が育んできた文化も奄美大島の魅力の一つです。
2021年7月世界自然遺産に登録されました。

もっと知りたい鹿児島県の見どころ紹介

(イメージ)

鹿児島の温泉と言えばまずココ!指宿温泉

全国的にも有名な温泉地を擁する鹿児島。中でも人気なのは、砂むし温泉で知られる指宿温泉ではないでしょうか。海岸線に湧く湯に温められた砂の中で入浴する「砂むし温泉」は、江戸時代にはすでにあったといわれています。現在も市内に砂むし場が点在していて、目の前に海を望むロケーションや、波打ち際で海風を感じながら楽しめる場所などさまざま。それぞれ、顔パックをしながら砂むし温泉を楽しめたり、温泉で蒸した卵やサツマイモが食べられたりとユニークな楽しみ方ができますよ。また、現在は砂むし温泉のほかに、ヘルシーランドの露天風呂「たまて箱温泉」も人気を集めています。広大な露天風呂の前は東シナ海の大海原。湯船に身を沈めれば、湯と海が一体化する世界を堪能できます。開放感抜群の露天風呂は、日々の喧噪を忘れさせ、心と身体を同時に癒やしてくれることでしょう。指宿の温泉を楽しんだ後の水分補給は、ぜひ「指宿温泉サイダー」をどうぞ。

個人で行く旅(近畿日本ツーリスト主催)

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!