奄美大島ツアー・旅行

奄美大島ツアー・旅行 奄美大島ツアー・旅行

クラブツーリズムの奄美大島・徳之島・喜界島・加計呂麻島・沖永良部・与論島の奄美群島へ行くツアー・旅行を特集!添乗員付きで安心。ツアーの検索・ご予約も簡単。

テレビ東京「ハーフタイムツアーズ」で紹介された「じっくりめぐる奄美大島と加計呂麻島」の動画はこちら

奄美大島に行くいちおしツアー

おすすめポイント

  • 祝!世界自然遺産登録!初めての方にオススメ!
  • 往復1日1便の羽田⇔奄美大島間の直行便利用!
  • 奄美大島の中心地「名瀬」に宿泊し、主要観光地を効率よく巡ります

おすすめポイント

  • おひとり様大歓迎!1名1室同旅行代金
  • 個人では観光が難しい世界遺産の「金作原」は認定エコツアーガイド同行
  • マングローブ原生林でのカヌー体験やウミガメへの餌やり体験など、奄美でしかできない体験が満載!

世界遺産登録エリアに行くツアーはこちら

GWを利用したおすすめツアー

奄美大島と加計呂麻島へ行くツアー

奄美大島と徳之島にも行くツアー

奄美大島長期滞在「暮らすような旅」おすすめツアー

ワンランク上の旅

プレミアムステージ おすすめツアー

クラブツーリズムの最上級国内旅行

ロイヤル・グランステージ四季の華 おすすめツアー

おひとり参加限定の旅

ウォーキング・ハイキング・登山の旅

テーマのある旅(趣味・こだわり・ハイキング など)

奄美大島・徳之島・加計呂麻島など

奄美諸島の観光地情報

【鹿児島県】奄美大島

黒潮の森マングローブパーク(イメージ)
金作原(イメージ)
田中一村記念美術館(イメージ※写真提供:公益社団法人鹿児島県観光連盟)

黒潮の森マングローブパーク
「黒潮の森・マングローブパーク」のある住用町は、町全体の94%を山林が占めており、パーク内ではマングローブを体感できるカヌー体験やマングローブを一望できる展望台もあります。

金作原原生林
世界遺産の金作原弦整理人には太古の森を思わせる巨大なヒカゲヘゴなどの亜熱帯植物が茂り、国指定天然記念物のルリカケスやキノボリトカゲなど、稀少な生物も生息しています。

田中一村記念美術館
奄美の自然を描いた晩年を奄美で過ごし、奄美の自然を描いた日本画家・田中一村のコレクションを常設展示している美術館です。

【鹿児島県】加計呂麻島

安脚場展望台からの眺め(イメージ)

奄美大島からフェリーで20分ほどで行ける加計呂麻島。
島内にはあちこちに「シマ」と呼ばれる集落がありますが、人口はわずか1400人ほどの小さな島です。
青色の海と白い砂浜に囲まれた島には、たくさんの生き物が生息する緑豊かな山が大きな森のように広がっています。

【鹿児島県】喜界島

喜界島・スギラビーチ(イメージ)
喜界島・百之台国立公園からの眺め(イメージ)
オオゴマダラ(イメージ)

スギラビーチ
サンゴのリーフに囲まれた天然の入江で、海水浴場として利用されています。

百之台国立公園(ひゃくのだいこくりつこうえん)
喜界町で最も高い台地・百之台は、島の中央部に広がる標高約203m、約700haの広大な隆起珊瑚礁高台地です。展望台からは雄大な眺望がひらけ、サンゴ礁に縁取られたエメラルドの海、のどかな集落が見下ろすことができる奄美十景の一つと言われています。

オオゴマダラ
1971年~1972年頃に喜界島で初めて確認された島を象徴する蝶です。例年、5月~7月頃にゆったりと飛ぶ姿を見ることができます。

※自然条件により、ご覧いただけない場合がございます

【鹿児島県】徳之島

犬の門蓋(イメージ)
犬田布岬・戦艦大和記念碑(イメージ)
ムシロ瀬(イメージ)

犬の門蓋(インノジョウフタ)
通称メガネ岩で知られる海水などの浸食でできた奇岩や断崖。長い年月を経て自然が作り出した徳之島を代表する景勝地です。

犬田布岬・戦艦大和記念碑(イヌタブミサキ)
奄美群島国立公園の一部であり、奄美十景のひとつにも選ばれています。高麗芝の広場には戦艦大和の慰霊塔がそびえ立っています。

ムシロ瀬
徳之島北部に位置し、サンゴ礁の岩の多い奄美群島では珍しく花崗岩が広がっています。ムシロを敷き詰めたようにみえることからその名が付けられたそうです。

【鹿児島県】沖永良部島

沖永良部島・田皆岬(イメージ)
沖永良部島・昇竜洞(イメージ)
沖永良部島・ガジュマル(イメージ)

田皆岬(たみなみさき)
高さ約51mの断崖絶壁で、島内屈指の景勝地であり海を見下ろすと、運がよければ野性のウミガメが水面から顔を上げる姿を見ることができます。奄美十景の一つとされています。

昇竜洞(しょうりゅうどう)
鹿児島県天然記念物に指定され、全長3,500m。そのうち約600mが一般に公開されており、鍾乳石の発達が素晴らしく特にフローストーンは全国最大級と言われています。

ガジュマル
1898年に国頭小学校の第一回卒業生たちにより植樹され、今も尚、校庭に大きく枝葉を広げています。新日本銘木百選にも選ばれたことから、「日本一のガジュマル」の呼び名で親しまれています。

【鹿児島県】与論島

与論島・百合ヶ浜(イメージ)

百合ヶ浜
大金久海岸の沖合い約1.5kmに浮かぶ幻の砂浜「百合ヶ浜」。例年、春から秋にかけて中潮や大潮の干潮時だけに姿を表す、真っ白な砂浜です。

奄美諸島の名産

【鹿児島県】奄美大島

大島紬(イメージ)
鶏飯(イメージ)
黒糖焼酎(イメージ)

大島紬
奄美大島が誇る日本を代表する絹織物。世界三大織物にも数えられています。

鶏飯
お椀に入れたご飯の上にほぐした鶏肉、椎茸、錦糸卵、パパイヤ漬けなどの具材と薬味をのせて鶏ガラで出汁をとったスープをかけた奄美の郷土料理。

奄美黒糖焼酎
米麹とサトウキビの絞り汁から作った純黒砂糖を原料に醸造し、単式蒸留した本格焼酎。

【鹿児島県】喜界島

ゴマの花(イメージ)
サトウキビ畑(イメージ)

白ゴマ
喜界島は白ゴマの日本一の生産量を誇ります。 喜界島の白ゴマは、香りが非常に良く、ビタミン・ミネラル等を多く含む健康食品としても大人気です。 収穫時期には喜界島ならではのセサミストリートを眺めることができます。

サトウキビ・黒糖
喜界島は土壌が弱アルカリ性のため、サトウキビの栽培にとても適しています。島の総面積の3分の1をサトウキビ畑が占めており、百之台公園の高台からその景色が一望できます。

【鹿児島県】徳之島

さとうきび(イメージ)
闘牛(イメージ)

さとうきび
徳之島の総面積は奄美大島の3分の1に過ぎませんが、耕地面積は奄美群島の中でも最も広い面積をもちます。そんな徳之島のさとうきびは豊富なミネラルと風味が特徴です。

闘牛
徳之島では400年以上の歴史をもつ「闘牛」文化が未だ色濃く残っています。徳之島の闘牛では、闘牛大会が開催されている各地の中で「最も熱い!」と言われ、全国的にも一目置かれている伝統的なお祭りです。

よくあるご質問

個人で行く旅(近畿日本ツーリスト主催)

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!