桜・お花見ツアー・旅行2021 桜・お花見ツアー・旅行2021

桜を見に行く・お花見ツアー・旅行ならクラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きなので安心!東北の桜、高遠の桜、河津桜、吉野山の桜、京都の桜といった桜の名所へ行くツアー・旅行や、テーマのある旅・バスツアー・国内旅行などをご紹介。ツアー・旅行の検索・お申し込みも簡単です。

出発地からツアー(旅行)を探す

ご出発地ごとに人気の高い桜ツアーをまとめました!

桜・お花見名所おすすめランキング

第1位 弘前公園(青森県)

(イメージ)

東北の中でも青森県 弘前公園の桜は、日本一のりんご県だからこその美しさ!
りんご栽培を元にしたサクラ管理は1つの花芽から多くの花を咲かせるためボリュームのある花つきになります。そんな徹底した管理の元幹は太く、低い枝にも多くの花が咲き誇ります。ソメイヨシノを中心に、しだれ桜、八重桜など50品種以上、約2,600本もの桜が園内を埋め尽くします。
「弘前城」は津軽藩代々の居城であり、約400年の歴史を刻む城下町・弘前市のシンボル的存在です。写真家にも愛されている日本有数の桜名所である弘前公園は、古城の白壁と老松の緑に、満開の桜が合わさったときがすばらしく、極めつけは夜桜ライトアップ。西濠では桜がトンネルのように咲き誇り、幻想的で幽玄な世界が広がります。
※弘前城石垣修理事業のため、天守閣の位置が昨シーズンとは異なっています

第2位 吉野山(奈良県)

(イメージ)

一目に千本見える豪華さから「一目千本」といわれる吉野山の桜。下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれ例年4月初旬から、山下から山上へ順に開花していくため、長く見頃を楽しむことができます。

第3位 五稜郭公園(北海道)

(イメージ)

函館戦争の舞台ともなった、星型☆の城跡が有名な「五稜郭」。
徳川幕府が造った日本最大の洋式城郭は、現在は公園として多くの人々の憩いの場となっています。
函館毎日新聞が、発刊1万号に達したことを記念して桜を植樹したのが始まりで、今となっては園内の桜は1,600本にも及び、道外からも多くの観光客がお花見に訪れます。

エリア別!桜・お花見名所

テーマ別!桜・お花見名所

日本三大桜とは?

イメージ

お客様撮影写真:東京都在住 吉野妙子様

「日本三大桜」と呼ばれるこれらの桜は、いずれも樹齢は千年を超えるといわれています。幹が丈夫で寿命が長く、大木になるといわれているエドヒガン系の桜です。古木というだけでなく、圧倒的な存在感、凛とした品格は見る者になにかを訴えます。

バスで行く


列車・飛行機で行く


日本三大夜桜とは?

イメージ

お客様撮影写真:神奈川県在住 大手はるみ様

一度は見たい「日本三大夜桜」。昼間に見た桜も、スポットライトの中にぼんやりと浮かび上がる幻想的な夜桜となると、まるで趣が異なります。なかでも「弘前公園」「高田公園」はお城と桜の絶妙のコントラストがすばらしく、お堀に映る桜並木も美しさを際立たせます。

バスで行く


列車・飛行機で行く


よくあるご質問

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!