近畿(京都)エリアの桜の名所スポット

近畿(京都)エリアの桜の名所スポット 近畿(京都)エリアの桜の名所スポット

クラブツーリズムが桜の名所スポットをご案内。クラブツーリズムなら添乗員付きなので安心!東北の桜、高遠の桜、河津桜、吉野山の桜、京都の桜といった桜の名所へ行くツアー・旅行や、テーマのある旅・バスツアー・国内旅行などをご紹介。ツアー・旅行の検索・お申し込みも簡単です。

近畿(京都)エリア

MAP

嵐山(京都府)

見ごろ時期:4月上旬~4月中旬

イメージ

(イメージ)

平安時代から人々に愛される風光明媚な桜の名所

嵐山には後嵯峨上皇が亀山殿を造営する際に吉野から移植したといわれる桜の木が多く残されています。
現在では、ヤマザクラ、ソメイヨシノなど、その数は約1,500本にも及ぶ京都の桜名所のひとつです。

満開時には山全体が緑と桜のコントラストに彩られ、比叡山・愛宕山を望む松尾大社付近から、名所・渡月橋へと結ぶ道はお花見散策には最高のルートです。
また、中之島公園にはしだれ桜の巨木があり、夕方からのライトアップでは夜桜を楽しむことができます。

京都市内(京都府)

見ごろ時期:4月上旬~4月中旬

イメージ

(イメージ)

京都の桜=日本の桜。毎年訪れたい桜の街へ。

京都に春が訪れると、街中が爆発的なピンク色に染まっていきます。有名な寺社だけではなく、こじんまりとしたお寺、学校の校庭、小さな公園や古い民家の庭、川沿いの道、路地を曲がったところ、どこにでも桜があふれています。
その中でも印象的な桜といえば谷崎潤一郎の「細雪」にも登場するベニシダレザクラ。平安神宮の神苑に足を踏み入れると、天蓋のように空を覆う圧倒的な光景が広がります。
春は桜、秋は紅葉・・・京都の街は、いつもわたしたちに胸いっぱいの幸せな気持ちを与えてくれます。

哲学の道(京都府)

見ごろ時期:4月上旬~4月中旬

イメージ

お客様撮影写真(春雨の哲学の道)
福岡県在住:二宮正博様の作品

哲学者の散策した道。花びら舞う桜のトンネルで物思いにふけってみては…

哲学者・西田幾多郎氏や田辺元氏が、思索にふけりながらこの道を歩いたことから「哲学の道」という名が付けられたというこの道は、「日本の道100選」にも選ばれた京都のお花見名所のひとつです。左京区・若王子神社から法然院下~銀閣寺に至るまでの、東山の麓に流れる疎水に沿うように続く約1.5km続く道の両岸は、春を迎えると430本ものソメイヨシノで満開の桜の花のトンネルになります。

原谷苑(京都府)

見ごろ時期:4月上旬~4月下旬

大阪府の仲田 聡さんの作品「原谷苑の桜」(京都府・原谷苑)

大阪府の仲田 聡さんの作品
「原谷苑の桜」(京都府・原谷苑)

知る人ぞ知る個人所有の桜の庭園

桜の穴場スポットとして話題となり、一般開放されるに至りました。枝垂桜はまるで桜のトンネルのよう。

嵯峨野トロッコ列車(京都府)

見ごろ時期:3月下旬~4月中旬

イメージ

嵯峨野トロッコ列車(イメージ)

桜並木を走る鉄道

トンネルを抜けると保津川の絶景!!
保津川沿い7.3Kmを25分で繋ぐ観光列車。
8つのトンネルを抜けるたびに保津川の渓谷美が目に飛び込んできます。

東寺(京都府)

見ごろ時期:3月中旬~4月中旬

イメージ

東寺・夜桜(イメージ)

夜間ライトアップも見事な五重塔と不二桜の競演

世界遺産に指定されている寺院。シンボルともいえる五重塔と枝垂れ桜の大木「不二桜」がまるで背比べをしているような風景を楽しめます。境内にはソメイヨシノや河津桜など約200本の桜が咲き誇ります。

醍醐寺(京都府)

見ごろ時期:3月下旬~4月上旬

イメージ

(イメージ)

世界遺産で秀吉が愛した花の醍醐で多彩な桜を堪能する

平安時代から「花の醍醐」と呼ばれる桜の名所で、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど、約1000本に及ぶ桜が咲き誇ります。

七谷川・和らぎの道(京都府)

見ごろ時期:3月下旬~4月上旬

七谷川の桜並木(イメージ)

七谷川の桜並木(イメージ)

丹波地方随一の桜の名所

七谷川周辺は約1kmにわたって約1,500本の桜が咲き乱れる桜並木が続く、丹波地方随一の桜の名所。隣接したさくら公園には28種約280本の桜が植樹されている。

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!