美しい寺院は必見!タイのおすすめ観光地14選

更新日:2020年08月31日

(イメージ)

(イメージ)

古都チェンマイはタイの小京都といわれ、ワット・パークナムやエメラルド寺院など、多くの寺院があります。ワット・パクナムの色鮮やかな天井画に、寺院へのイメージが変わるかも。定番のアユタヤ遺跡もぜひ。

No.01 ワット・パークナム

(イメージ)

(イメージ)

正式名称をワット・パークナム・パーシーチャルーンというこの寺院自体はアユタヤ時代に創設されました。この寺院の敷地内にそびえ立つ高さ80m、5階建てのマハーラチャモンコン大仏塔は観光スポットとして人気を博しています。この大仏塔は大国王陛下と王妃の生誕72周年を祝って、2012年に完成した比較的新しい建物です。最上階にはエメラルドに輝く仏塔と、仏陀の生涯図が描かれた神秘的な天井が広がっており、写真映えは必至です。ぜひこの異空間に身を置いて、神秘的な空気に浸ってみてはいかがでしょうか。

No.02 水上マーケット

(イメージ)

(イメージ)

数あるタイの水上マーケットの中でも、一番の人気がダムヌン・サドゥアックです。バンコクからは少し離れていますが、規模が大きいため人やお店が多く活気があります。おすすめは、より多くの船でにぎわう8~10時頃。水上マーケットならではの風情がたっぷり堪能できます。水上マーケットに行く際には、荷物は小さめにすることをおすすめします。人が多く行き交う場所なため、荷物が多いとひったくりなどのトラブルに巻き込まれてしまうことも。身軽にして、ローカルフードや土産物のお買い物を楽しみましょう!

基本情報

■住所
 Damnoen Saduak Ratchaburi
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/Zs8VM6SMNS2dqHNT6

No.03 カンチャナブリー

(イメージ)

(イメージ)

バンコクから離れ、のどかで自然のあふれる田舎町の風景が広がるカンチャナブリー。おすすめはエラワン国立公園内にある滝です。滝壺で泳ぐことができるので、水着を準備して出かけましょう。滝壺には天然のドクターフィッシュが泳いでいるので、足の古い角質を食べてもらうこともできます! また、カンチャナブリーには映画で有名になった「クウェー川鉄橋」があります。この橋は第二次世界大戦中に日本軍が敷設した泰緬鉄道のためにかけられた橋。列車が通らない間は線路上を自由に歩けるので、日本とタイの歴史を体感しながら観光できます。

基本情報

■住所
 バンコクから西へ約110㎞
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/LfbL8yYcenFhCn8G8

No.04 アユタヤ遺跡

(イメージ)

(イメージ)

1991年に世界遺産に登録されたアユタヤ遺跡。1351年から1767年までの417年もの間、アユタヤ王朝の首都として栄えた跡が公園内に点在しています。中でも見逃せないのが、ワット・マハタートです。この遺跡は仏頭が木の根に取り込まれ、神秘的な姿をしています。かつて、アユタヤ王朝がビルマ軍に侵攻された際、切り落とされた仏像の頭に木の根が絡みつき、このような姿になりました。一緒に写真を撮る際には、この仏頭よりも自分の頭が高い位置にこないようにするのが礼儀となっていますので、ご注意ください。

基本情報

■住所
 Pratu Chai Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000, Thailand
■営業時間
 8:00~18:00(無休)
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/G6dyxKMGPZTESXu39

No.05 サンプラーン象園

タイ観光の中でも、象と触れ合える体験は特に人気。タイに来たら象乗り体験は欠かせないという方も多いのではないでしょうか? ここサンプラーン象園では、緑あふれる園内を象に乗って散歩ができるエレファントトレッキングが体験できます。象の背中で揺られながら、景色が楽しめる大満足のアクティビティです。さらに、象のミュージカルショーやワニと飼育員によるレスリングショーも見ごたえがあり、大人も子供も楽しむことができるスポットです。サンプラーン象園に行った際には、象乗りだけでなく迫力満点の象のミュージカルショーもお見逃しなく!

基本情報

■住所
 117 Moo 6, Petchkasem Rd., Tha Kham, Sam Phran, Nakhon Pathom
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/jEq6dWRgt3QizJ7J7
■営業時間
 8:30~17:30(無休)
■料金
 大人600バーツ ※象乗り体験は別料金(ひとり500バーツ)

No.06 エメラルド寺院

(イメージ)

(イメージ)

エメラルド寺院の名で知られるワット・プラ・ケオは、1782年にラーマ1世がチャクリー王朝を開き、王都をバンコクに移した際に建てられた寺院です。王宮施設内に王室専用の守護寺院として建てられ、建物内にはエメラルドに輝く翡翠の仏陀像が安置されています。タイで最も美しい寺院と言われているだけあって、その姿は豪華絢爛。金箔や色ガラスのモザイクで装飾された、美しく煌びやかな外装と内装に圧倒されてしまいます。寺院内にある壁画は「ラーマヤナ神話」の物語が題材にされており、寺院を囲む回廊のすべてに描かれています。神話のストーリーを予習してから訪ねれば、ワンランク上の楽しみ方ができますね。

基本情報

■住所
 Phra Nakhon Bangkok
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/onAJUkR1EwftsSYE8
■営業時間
 8:30~16:30(チケット販売は15:30まで)
■入場料
 大人500バーツ

No.07 涅槃仏寺院

(イメージ)

(イメージ)

ワット・ポーと呼ばれる涅槃仏寺院には、全長46m、高さ15mの全身が黄金に輝くお釈迦様が横たわっています。特に注目して欲しいのが寝釈迦仏の足の裏です。螺鈿細工という、貝殻を磨いて模様にはめ込む方法で描かれた108の宗教画が施されており、美しさに目を奪われます。また、寺院内の壁際に108個の鉢がずらっと並べられており、この鉢の中に一枚ずつコインを入れていくことで、煩悩を捨てることができるといわれています。20バーツで108枚のコイン(サタン硬貨)がもらえるので、煩悩の数だけコインを入れてみてくださいね。

基本情報

■住所
 2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/j5shD5CPMApbigR27
■営業時間
 8:00~18:30
■拝観料
 大人200バーツ

No.08 暁の寺

(イメージ)

(イメージ)

暁の寺と呼ばれるワット・アルンは、タイの三大寺院のひとつに数えられる場所です。タイの10バーツ硬貨にも描かれているこの寺院は、白を基調にした5つの塔から成り、その塔の全てに陶器の欠片でできた細かいモザイクの装飾が施されています。本堂に向かう際に通る山門の前には巨大な2体の鬼の像、ヤック(鬼神)とモック(猿神)が立っており、かなりの迫力。本堂の中には120体もの仏像が並んだ回廊があり、その奥にラーマ2世の遺骨が納められています。また、寺院内にはトンブリ朝を開いた際にこの場所を王室寺院としたタクシン王の像が飾られています。

基本情報

■住所
 34 Arunamarin Rd., Wat Arun, BangkokYai, Bangkok 10600
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/ZVkzHjMSKWuqRrjg6
■営業時間
 9:00~16:30
■拝観料
 大人200バーツ

No.09 エラワン廟

(イメージ)

(イメージ)

バンコクのパワースポットとして最も有名なエラワン廟。ここに祭られているのはブラフマーという神様で、顔が4面あるヒンドゥー教の宇宙の創造を司る最高神です。どんな願いでも叶えてくれるというこの場所でお参りをするには、まず花と線香とろうそくのお参り用のセットを購入します。準備ができたら正面入口から時計回りに4カ所、ブラフマーの顔が向いている場所で手を合わせ、お願い事をします。その際には、膝をついて座り、手を合わせるとよいようです。その後にお花とお線香を所定の場所に置いていきます。みなさんは何をお願いしますか?

基本情報

■住所
 Rachaprasong, Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/JUd6RrPSRbUVzRb56
■拝観料
 無料 ※お参り用のセットは80バーツ~
■参拝時間
 8:00~22:30

No.10 パークロン花市場

パークロン花市場はタイ最大の花市場として知られており、チャオプラヤー川に沿って100軒もの花屋が軒を連ねています。軒先に並ぶジャスミンや蓮の花々が一面を鮮やかに染め上げ、市場を歩くだけでも華やかな気分に。市場を見て回った後はカフェでひと休み。「フローラルカフェ@ナパーソン」は花や緑で埋め尽くされた店内が美しく、写真映えする事間違いなし。こちらでは、ほっと一息つくのにぴったりなマンゴージュースやお茶、ケーキがいただけます。ただ、とても人気店なので待つこともしばしば。午前中の早い時間に行くとスムーズに入れるようです。

基本情報

■住所
 Chakkraphet Rd, Khwaeng Wang Burapha Phirom, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/W4fBgZTHr76G6YJ49

No.11 パタヤビーチ

(イメージ)

(イメージ)

タイ湾に面し、南北約4kmに渡って続くパタヤビーチでは、パラセイリングやバナナボート、ジェットスキーなどのマリンスポーツが楽しめます。特にパラセイリングは人気のアクティビティ。上空から見下ろすパタヤビーチの青と白のコントラストがとても美しく、心に残る景色になることは間違いありません! パタヤのウォーキングストリートにはオーシャンビューが望めるシーフードレストランも多く、グルメも堪能できるタイの人気リゾートのひとつです。

基本情報

■住所
 バンコクから南東へ約165㎞
■周辺地図
 https://www.google.com/maps?q=Pattaya+Beach

No.12 プーケット島

(イメージ)

(イメージ)

真っ白に輝く砂浜とエメラルドグリーンの海が美しい、タイ最大の島。世界有数のリゾート地として知られています。ベストシーズンは12月から3月の乾季の時期。天気の良い日が多いので、充実のリゾートライフを送ることができるでしょう。プーケット島のメインビーチであるパトンビーチから続くバングラ通りは島内で最も活気のあるスポット。パブのショーやディスコ、バーなどでナイトライフも充実させたい方はぜひ訪れてみては。ただし、プーケットの夜は特に人で混み合うので、スリやひったくりにはご注意を!

基本情報

■住所
 バンコクから南東へ約165㎞
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/7QERmAiTdVD97jsR6

No.13 アイコンサイアム

(イメージ)

(イメージ)

バンコクでも最先端の巨大ショッピングモール。高級ブランドの旗艦店や小売店が500店舗以上、さらに飲食店も100店舗以上とバラエティに富んでいます。中でもおすすめは「SookSiam」。タイならではのローカルフードや工芸品、洋服や雑貨などが広大な売り場に並び、市場のような感覚でショッピングが楽しめます。また、アイコンサイアムに訪れた際、ぜひ見てほしいのが毎日開催されている噴水のショー。毎日16時30分から21時30分の間で計4回行われ、無料で楽しめます。水と音と光が織りなす迫力満点なショーをぜひお見逃しなく!

基本情報

■住所
 299 Charoen Nakhon Soi 5 , Charoen Nakhon Road, Khlong Ton Sai Sub District, Khlong San District, Bangkok 10600
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/W95cacv79N1s63oD6
■営業時間
 10:00~21:00

No.14 ワット・サマーン・ラッタナーラーム (ピンクガネーシャ)

(イメージ)

(イメージ)

ピンクのガネーシャ像で知られるお寺。気願成就が早いことで有名ですが、このガネーシャ像への願い事の仕方は少し変わっています。ガネーシャ像の周りにネズミの像が7体置かれており、それぞれが曜日ごとに振り分けされています。祈願者は、自分の生まれた曜日のネズミの耳に向かって願い事をささやき、このネズミたちが祈願者に代わってガネーシャにそれを伝えてくれるそうです。願い事は、ネズミのどちらの耳にささやいてもいいのですが、その間はネズミのもう片方の耳を手で塞いで、願い事が外に漏れないようにするのが秘訣のようです。

基本情報

■住所
 Moo 2, Tambom Bang Kaeo, Amphoe Muang Chachoengsao, Chachoengsao
■周辺地図
 https://www.google.com/maps?q=Wat+Saman+Rattanaram
■参拝時間
 8:00~20:00
■参拝料
 無料


タイのおすすめ観光地14選、いかがでしたでしょうか。古寺や遺跡、ビーチリゾートなど、“微笑みの国”タイですてきなひと時をお過ごしください。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2021.07.20 海外旅行

【コロナ後現地状況・タイ】<7月20日更新>

『タイ旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2021.07.12 海外旅行

【コロナ後現地状況・韓国】<7月12日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2021.07.12 海外旅行

【コロナ現地状況・中国】<7月12日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

2021.07.12 海外旅行

【コロナ後現地情報・香港・マカオ】<7月12日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!