鉄道の旅特集 鉄道の旅特集

鉄道の旅・ツアーならクラブツーリズム!添乗員付きならしっかりサポート!観光・イベント列車やローカル列車の旅、新幹線の旅、寝台列車の旅など、鉄道の旅を楽しみたい方におすすめです。ツアーの検索・ご予約も簡単。

新幹線の旅

話題の新幹線やグリーン車に乗車する旅をご案内♪

(車両イメージ)画像提供:JR北海道

北海道新幹線

2016年3月26日に開業。東京~新函館北斗間を最短約4時間2分で結び、開業前と比べ約1時間28分短縮されました!
車両はE5系のグリーンをベースに中央の帯には北海道を代表するラベンダーなどを想起させるパープルが使用されています。


北陸新幹線E7系(提供:JR東日本)

北陸新幹線

2015年3月14日に開業。東京~金沢間を2時間28分で結びます。
今までは遠いイメージのあった、金沢・富山・新潟・長野へ楽に快適にご案内できるようになりました。
魅力いっぱいの北陸方面へぜひおでかけください。


E5系はやぶさ号 外観(イメージ)

東北新幹線「はやぶさ」
秋田新幹線「こまち」

東北新幹線「はやぶさ」は東京~新青森間を最短2時間59分で結びます。
ロングノーズのシャープで個性的なフォルムのE5系はいまもなお、強い人気を誇ります。
秋田新幹線「こまち」は東京~秋田間を最短3時間37分で結びます。
竿燈まつりの提灯の明かりや、なまはげの面など秋田風土で息づいてきた赤色をアレンジしたE6系の「茜色」ボディは圧巻です。


提供:JR東日本

山形新幹線

1992年に開業し、福島駅から山形県の山形駅を経て、同県の新庄駅まで奥羽本線を走行します。
E3系の車両で「つばさ」という愛称で運行し、2014年には福島駅~新庄駅間で足湯が設置された「とれいゆ つばさ」を運行しています。

出発地

提供:JR東日本

上越新幹線

1982年に開業し、大宮駅から新潟駅まで運行しています。実際には東京駅まで乗り入れています。
本州の太平洋側と日本海側を結ぶ初の新幹線であり、2015年の北陸新幹線開業までは日本海側の主要都市への重要なアクセス手段となっていました。
2016年4月より、走る美術館「現美新幹線」が運行しています。

出発地

N700A(イメージ)

東海道新幹線

東京駅から新大阪駅を結ぶ新幹線ですが、多くの列車が山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることもあり、「東海道・山陽新幹線」とも呼ばれます。
1964年に開業した日本初の新幹線であり、当時としては世界初の高速鉄道でもありました。


九州新幹線「新800系」(イメージ)

山陽・九州直通新幹線「N700系」
九州新幹線「新800系」

山陽・九州直通新幹線「N700系」は新大阪~鹿児島中央間を最短3時間42分、博多~鹿児島中央間を最短1時間17分で結びます。
青白色に輝く「青磁」のような滑らかなボディが特徴で、温もりある木と落ち着いた配色の織り布で構成されたインテリアはシンプルでありながら高級感に満ちています。
九州新幹線「新800系」は革張りや西陣織風の布地の座席、金箔の壁、い草の縄のれんなど豪華な内装が特徴です。
日本の伝統美と最先端技術がコラボレーション。贅沢な空間が広がる車内は旅への期待を高めてくれます。


N700系グリーン車(イメージ)

新幹線グリーン車で行く旅

ゆったりシートでちょっとぜいたくな旅を楽しんでみませんか。
お手ふきのサービスをはじめとした、新幹線のグリーン車ならではのゆったり・快適な旅をご案内します。


グランクラス座席(提供:JR東日本)

グランクラスで行く旅

本皮張りで最大45度までリクライニングできるシート、専任アテンダントによるサポート、軽食やドリンクのサービスなど、すべてに上質を求めたハイグレード。新幹線のファーストクラス「グランクラス」を利用したツアーをご案内。


※パース内の写真作品
(c)mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
現美新幹線(イメージ)

現美新幹線

越後湯沢駅から新潟駅間を走行する2016年4月29日にデビューした「GENBI SHINKANSEN」。外装は写真家・映画監督の蜷川実花氏がデザイン。新潟を代表する長岡花火をテーマに製作されました。注目のアーティストが製作した現代アートを新幹線車内で鑑賞するという非日常な体験をお楽しみください。

ツアーは終了いたしました