何度も訪れたい!北海道の観光スポット12選

更新日:2020年07月31日

(イメージ)

(イメージ)

とにかく広い北海道!札幌や函館、小樽など夜景のきれいな大都市や、富良野のラベンダーなど季節の花々、知床・大雪山といった雄大な大自然、水の美しい湖絶景が話題のスポットなど、見どころが盛りだくさんです!

No.01 旭山動物園

(イメージ)

(イメージ)

動物の自然な行動や生活を観察できる「行動展示」を取り入れて有名になった、日本最北に位置する動物園です。園の広さは15万㎡で、100種以上・650点近くもの動物を飼育しています。人気の「もぐもぐタイム」は、動物たちがエサを食べる姿を飼育スタッフのガイド付きで見ることができ、生態をより深く学べます。園内では「エゾ鹿入りメンチカツ」(230円)が販売されており、小腹が空いた時におすすめ。お土産はホッキョクグマのぬいぐるみ「ポーラくん」が一番人気です。

基本情報

■所在地
 〒078-8205 旭川市東旭川町倉沼
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/aje85ZNmitA9F7xU6
■営業時間
 9:30~17:15(夏季)
 10:30〜15:30(冬期)
■入園料
 1,000円(大人/税込)
■電車でのアクセス
 JR旭川駅よりバスで約40分
■車でのアクセス
 道央自動車道 旭川北ICから約20分
■駐車場
 あり(無料)
■電話番号
 0166-36-1104

No.02 大通り公園

(イメージ)

(イメージ)

札幌市中心を東西約1.5㎞にわたって広がる都会のオアシス。市民の憩いの場として親しまれている公園です。一年を通じて様々なイベントが開かれ、いつも大勢の人で賑わっています。毎年2月に開催される最大のイベント「さっぽろ雪まつり」では、高さ15mにもおよぶ雪像の展示や雪遊びの体験に加え、ステージではライブ等が催されます。11月下旬より開催される「さっぽろホワイトイルミネーション」では公園全体がライトアップされ、札幌の街を彩ります。

基本情報

■所在地
 札幌市中央区大通西1~12丁目
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/gTjjMhWZ3CPcqf2p8
■電車でのアクセス
 市営地下鉄 大通駅より徒歩約1分

No.03 札幌市時計台

(イメージ)

(イメージ)

札幌市時計台は、札幌農学校(現北海道大学)の演武場として130年前に建造されました。赤い屋根と白い壁がレトロな雰囲気を感じさせるスポットです。内部は「歴史を学ぶスペース」「時計機械を見学するスペース」「演武場」の3つに分けられています。1階と2階のスペースは1時間ほどで見学できます。昼間に訪れる人がほとんどですが、夜になるとライトアップされて幻想的な姿を見られるため、夜間の見学もおすすめです。

基本情報

■所在地
 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西2丁目
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/6PQ1ih9ZhS2KJzEUA
■営業時間
 8:45~17:10
■観覧料
 200円(大人/税込)
■電車でのアクセス
 地下鉄 大通駅より徒歩約5分
■電話番号
 011-231-0838

No.04 富良野ラベンダー畑(ファーム冨田)

(イメージ)

(イメージ)

富良野市に隣接する中富良野町にある、毎年100万人もの観光客が訪れる日本最大級のラベンダー畑です。一番の人気スポットは7色の虹のような「彩りの畑」。ラベンダーの見ごろである7月中旬~下旬は混み合うため、朝の8:00ごろから訪れるのがおすすめです。ここでしか味わえないラベンダーエキス入りの「ラベンダーソフトクリーム」は、薄紫色で濃厚なのにさっぱり。暑い日に花畑を散策しながら食べ歩きも楽しめます。

基本情報

■所在地
 〒071-0704 北海道空知郡中富良野町基線北15号
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/ZrHeyKcggZdsL4BQ8
■営業時間
 施設による
■電車でのアクセス
 JR富良野線 ラベンダー畑駅より徒歩約7分
■駐車場
 あり(無料)
■電話番号
 0167-39-3939

No.05 小樽運河

(イメージ)

(イメージ)

小樽運河は1923年に完成した水路で、運河沿いに昔ながらの倉庫やカフェ、工房が立ち並んでいます。「小樽運河クルーズ」は約40分間かけて運河をめぐります。ナイトクルーズではガス灯や建物の明かりが運河の水面に映り、ロマンチックな雰囲気を楽しめます。2月には14万本ものキャンドルの光が街を照らす「小樽雪あかりの路」が開催され、多くの観光客が訪れます。グルメなら、海鮮からスープカレーまでそろう「小樽運河食堂」がおすすめです。

基本情報

■所在地
 〒047-0007 北海道小樽市港町5
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/hApUDVrrr2fPRESw9
■電車でのアクセス
 JR函館本線 小樽駅より徒歩約8分

No.06 洞爺湖

(イメージ)

(イメージ)

洞爺湖町と壮瞥町にまたがる美しい景色を見られる湖で、「日本百景」に選定されています。南岸には洞爺湖温泉街があり、宿泊して周辺を観光するのがおすすめです。温泉街から「中島巡り遊覧船」が出港しており、約50分の湖上クルーズを楽しめます。毎年4月末~10月末は、毎晩「洞爺湖ロングラン花火大会」が開催されています。冬の時期には、温泉街の「にぎわい広場」で約40万球の電飾を使用したイルミネーションも行われます。

基本情報

■所在地
 〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/wGKxRZxajiRQY2s99
■電車でのアクセス
 JR室蘭本線 洞爺駅よりバスで約30分
■車でのアクセス
 道央自動車道 虻田洞爺湖ICより約5分
■駐車場
 あり(無料)

No.07 博物館網走監獄

(イメージ)

(イメージ)

明治時代から「網走刑務所」として使用されてきた建物を移築・再現して公開している野外歴史博物館です。建造物は明治・大正期の建物が25棟あり、うち8棟が「明治期の貴重な木造行刑建築」として重要文化財に指定されています。敷地面積は東京ドーム3.5個分と広いため、見学するのに2時間30分ほどかかります。敷地内にある「監獄食堂」では網走刑務所の昼食を再現した「監獄食」をいただけます。焼き魚などの簡素な献立ですが、「意外においしい」と評判です。

基本情報

■所在地
 〒099-2421 北海道網走市字呼人1ー1
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/y8huyGEwNE59qUV1A
■営業時間
 9:00~18:00(8月上旬~8月中旬)
 9:00〜17:00(8月中旬~7月)
■入館料
 1,100円(大人/税込)
■電車でのアクセス
 JR石北本線 網走駅よりバスで約10分
■駐車場
 あり(無料)
■電話番号
 0152-45-2411

No.08 知床半島

(イメージ)

(イメージ)

手つかずの自然が多く残る、オホーツク海の南端に突出した半島。2005年には「世界自然遺産」に登録されました。「知床五湖」は、原生林に囲まれてたたずむ幻想的な5つの湖です。そこに整備されている全長約800mの高架木道は「一湖」の湖畔まで行くことができ、知床五湖の魅力を気軽に体験できます。運が良ければヒグマ等の野生動物を見られるかもしれません。知床遊覧船では「知床八景」の一つ「カムイワッカの滝」を間近で見れられます。

基本情報

■所在地
 〒099-4356 北海道斜里郡斜里町大字遠音別村
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/5astmkr59pFxLbvL9
■電車でのアクセス
 JR釧網本線 知床斜里駅よりバスで約50分

No.09 美瑛・青い池

(イメージ)

(イメージ)

1988年に噴火した十勝岳の火山泥流災害を防止するために美瑛(びえい)川に作られた堰堤(えんてい)です。水面が青く見えるため「青い池」と呼ばれています。水源となる白金温泉上流の地下水にはアルミニウム成分が含まれており、これが日光を反射するために青く見えるのです。「青い池」の絶景を堪能するには日光が重要なため、12:00~13:00に訪れるのがおすすめです。冬の夜には、凍結し雪が降り積もった湖面のライトアップも行われます。

基本情報

■所在地
 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町字白金
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/sD4gE1Q7DKnJxbBF9
■電車でのアクセス
 JR富良野線 美瑛駅よりバスで約20分
■車でのアクセス
 道央自動車道 旭川鷹栖ICより約1時間10分
■駐車場
 あり(有料)

No.10 摩周湖

(イメージ)

(イメージ)

阿寒摩周国立公園の東端部にある湖です。流れ入る川も流れ出す川もなく、常に水位が一定であることで知られています。植物性プランクトンや土砂が流入しないため、湖水は世界屈指の透明度を誇ります。「霧の摩周湖」とも呼ばれており、霧が多く発生する6~9月には幻想的な景色を見られます。周囲には3つの展望台があり、場所によって独特の景観を望めます。中でも「摩周第三展望台」は標高が高く、湖にせり出すように展望台が設けられているため、迫力満点です。

基本情報

■所在地
 〒088-3201 北海道川上郡弟子屈町
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/h64hQMDyT9MjWkRMA
■電車でのアクセス
 JR釧網本線 摩周駅よりバスで20分
■車でのアクセス
 道東道 足寄ICより約2時間
■駐車場
 あり(有料)

No.11 釧路湿原

(イメージ)

(イメージ)

北海道東部に位置する、28,788ヘクタールの湿原です。特別天然記念物のタンチョウやキタサンショウウオをはじめ、希少な動植物が生息しています。湿原内には8ヶ所の展望台があり、雄大な景色を楽しめます。湿原を流れる釧路川ではカヌーツアーが開催され、釧路湿原の大自然をより身近に感じられます。「釧路マーシュ&リバー」では朝8:30より「モーニングカヌー」を開催。天候によっては朝霧が立ち込め、幻想的な景色が見られます。

基本情報

■所在地
 〒085-0001 北海道釧路市
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/9qA47y44ahYJiNCo7
■電車でのアクセス
 JR釧網本線 釧路湿原駅より徒歩約10分
■車でのアクセス
 道東自動車道 阿寒ICより約50分
■駐車場
 あり(無料)

No.12 函館山

(イメージ)

(イメージ)

函館山は函館市の市街地南西にある、標高334mの御殿山等、13の山々の総称です。函館の夜景は香港・ナポリと並び「世界三大夜景」と言われるほど有名。市街地の左に津軽海峡、右に函館湾が広がり、幻想的な夜景を見るために多くの観光客が函館山の頂上を目指します。頂上には10~15分間隔で運行している「函館山ロープウェイ」(大人往復1,500円)で3分ほどで行けます。日没前に山頂へ登り、昼間の景色、夕景、夜景の3つを楽しむのもおすすめです。

基本情報

■所在地
 〒040-0000 北海道函館市函館山
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/9v3Bv8bBuRRZ7gch8
■電車でのアクセス
 JR函館本線 函館駅よりバスで約15分
■駐車場
 あり(有料)


日本国土の約22.1%を占める広大な北海道。「洞爺湖」「知床半島」「摩周湖」等、大自然を感じられる観光スポットのほか、「旭山動物園」「富良野ラベンダー畑(ファーム冨田)」等のファミリーで楽しめる観光スポットも多く、家族旅行におすすめです。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2020.08.31 国内旅行

グルメ好きも大満足!北海道のお土産12選

北海道のお土産といえば、やはり美味しいものが大定番!甘党には、ロイズの生チョコレートや六花亭のバター…

2020.08.31 国内旅行

おとなも子供も皆で楽しめる!旭川の観光スポット11選

旭川の有名観光スポットと言えば、旭山動物園。そのほか、あさひかわラーメン村でご当地グルメを楽しんだり…

2020.07.31 国内旅行

景色もグルメも魅力!函館の観光スポット12選

函館は、元町エリアをはじめ、五稜郭や函館山など訪れたい観光スポットがたくさん。海の幸を楽しめるグルメ…

2020.07.10 国内旅行

見逃せない!バラエティ豊かな函館のお土産15選

北海道新幹線が開通して、よりアクセスが良くなった函館。美しい夜景や朝市、レトロな街並みも素敵!そして…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!