何度も行きたくなる!栃木の観光スポット12選

更新日:2020年07月10日

(イメージ)

(イメージ)

何度訪れても飽きない栃木県には、日光東照宮などの文化財をはじめ、絶景スポットや個性豊かなテーマパーク、疲れた身体を癒してくれる温泉など、家族で楽しめる場所がたくさん。ぜひチェックしてみてください。

No.01 鬼怒川温泉

(イメージ)

(イメージ)

日光市の鬼怒川上流域にある、箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれる温泉地です。開湯は古く、江戸時代に日光詣の僧侶・大名のみが利用を許されていましたが、明治時代に一般開放されました。泉質はアルカリ性単純泉で、やけどや神経痛、五十肩、疲労回復に効能があるとされています。鬼怒川温泉離れの湯「あけび」は日帰り温泉施設で、10の個室露天風呂があります。貸切なので、カップルや家族で気兼ねなく楽しめます。

基本情報

■住所
 〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/P5jWppCbCDvv5HiWA
■電車でのアクセス
 東武鉄道鬼怒川線 鬼怒川温泉駅よりすぐ

No.02 那須高原

(イメージ)

(イメージ)

栃木県北部の那須岳にある、様々なアクティビティを楽しめるエリアです。約40種類のアトラクションがある「那須ハイランドパーク」は、ファミリーでもカップルでも、大自然とエンターテインメントの融合を楽しめます。山々の景色を楽しみたい方には「那須ロープウェイ」がおすすめ。360度のパノラマは、どの季節でも絵画のようなマウンテンビューを望めます。また那須新山の雪解け水を使ったご当地ビール「那須高原ビール」もおすすめです。

基本情報

■住所
〒325-0301 栃木県那須郡那須町大字湯本
■周辺地図
https://goo.gl/maps/qshcL5Qpk7bmQSDr5
■電車でのアクセス
 JR東北本線 黒磯駅よりバスで50分

No.03 那須温泉

(イメージ)

(イメージ)

那須町の北西部、茶臼岳の山腹にある、湯治ができる温泉地です。源泉温度は63~80℃と高く、泉質は硫黄泉で切り傷・慢性皮膚病・慢性婦人病・糖尿病・高血圧症に効能があるとされています。鹿が傷ついた体を癒していたことからその名がつけられた「鹿の湯」は、湯治のために湯温が48℃と高めに設定されています。「時間湯」という入浴法に沿って入ることで、効能を最大限に引き出せるそう。那須湯本一帯には硫黄の香りが漂い、温泉らしい風情を感じさせます。

基本情報

■住所
 〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/cWcee6wwDi2aQxSb7
■電車でのアクセス
 JR東北本線 黒磯駅よりバスで30分

No.04 中禅寺湖

(イメージ)

(イメージ)

奥日光の入り口に位置する、海抜高度1,269mの高地にある湖です。約2万年前に男体山の噴火によって原形ができたと言われてます。季節によって様々な景色を見せることから、明治から昭和初期にかけては外国人の避暑地として賑わいました。名所をめぐる「中禅寺湖クルージング」では四季折々の景色を眺められます。日光市街から中禅寺湖へ向かう「いろは坂」は紅葉の名所。「龍頭之茶屋」の名物「揚げ餅のお雑煮」が人気です。

基本情報

■住所
 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/gt41UvVMHvud9cFm7
■電車でのアクセス
 JR日光線・東武日光線 日光駅よりバスで45分
■駐車場
 あり(無料)

No.05 あしかがフラワーパーク

(イメージ)

(イメージ)

年間を通じて四季の花々を楽しめる、東京ドーム約2個分の広さの施設です。4月中旬~5月中旬に開催される「ふじのはな物語」は、3本の大藤や世界でも珍しい八重の大藤棚、白藤のトンネル等350本以上の藤の花が見られる人気のイベントです。10月下旬から翌年2月上旬まで開催される「光の花の庭」は、「日本三大イルミネーション」にも認定。東日本最大級となる約450万球のイルミネーションで彩られた園内は、昼とは一味違った魅力があります。

基本情報

■住所
 〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/sMJZa6nagS6KXP3Q7
■営業時間
 9:00~18:00
■入園料
 900円(大人)
■電車でのアクセス
 JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅よりすぐ
■駐車場
 あり(無料)
■電話番号
 0284-91-4939

No.06 日光東照宮

(イメージ)

(イメージ)

世界遺産や国宝に登録されている、本全国の東照宮の総本社的存在である徳川初代将軍・徳川家康を祀った神社です。現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。繊細な彫刻に鮮やかな彩色が施された社殿が特徴的です。動物をモチーフにした彫刻が多くあり、「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な三猿の彫刻などがあります。御朱印には徳川家の三つ葉葵の紋の押印があり、徳川家の歴史を感じさせます。

基本情報

■住所
 栃木県日光市山内2301
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/GcJEXXM6Nv33yt5278
■参拝時間
 9:00~17:00(4月~10月)
 9:00~16:00(11月~3月)
■入場料
 2,100円(東照宮拝観券+宝物館入館券/大人)
■電車でのアクセス
 JR日光線・東武線 日光駅よりタクシーで6分
■駐車場
 あり(有料)
■電話番号
 0288-54-0560

No.07 那須どうぶつ王国

(イメージ)

(イメージ)

東京ドーム約10倍の広大な敷地の中に、600頭以上の動物が飼育されている動物園です。園内は屋内施設が中心の「王国タウン」と、屋外で暮らす動物たちが見られる「王国ファーム」の2エリアに分かれています。動物たちと触れ合える場が多く、5つのショーが毎日行われています。園内は広いため、バスやロープウェイ等で移動します。ランチには手ぶらで行けるバーベキュー食べ放題(2,288円/大人)がおすすめです。

基本情報

■住所
 〒329-3223 栃木県那須郡那須町大字大島104-2-1
■周辺地図
 https://g.page/nasu_animal_kingdom?share
■営業時間
 9:00〜17:00 ※季節により変動あり
■入場料
 2,400円(2月29日~12月7日/大人)
■車でのアクセス
 東北自動車道 白河ICより15分
■駐車場
 あり(有料)
■電話番号
 0287-77-1110

No.08 大谷資料館

(イメージ)

(イメージ)

宇都宮市の採掘場跡に造られた、大谷石にまつわる資料館です。地下にある広大な石の空間はライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しめます。映画・ドラマなどのロケ地としても人気で、「るろうに剣心」の撮影にも使用されました。深さは最大で30m。夏は屋外との気温差が20℃以上になることもあり、ひんやりとしています。敷地内にあるカフェレストラン「ROCKSIDE MARKET」では、栃木産の食材を生かしたガレットがおすすめです。

基本情報

■住所
 〒321-0345 栃木県宇都宮市大谷町909
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/XTfWMHzwvCTtJHsJ8
■営業時間
 9:00~17:00(4月~11月)
 9:30~16:30(12月~3月)
 火曜休館
■入館料
 800円(大人)
■電車でのアクセス
 JR宇都宮線 宇都宮駅よりバスで30分
■駐車場
 あり(無料)
■電話番号
 028-652-1232

No.09 東武ワールドスクエア

(イメージ)

(イメージ)

「サン・ピエトロ大聖堂」や「ヴェルサイユ宮殿」「ピラミッド」など、世界の遺跡や建築物が25分の1で再現された日光市のテーマパークです。いずれもミニチュアサイズなので、SNS映えする写真を撮れます。冬期限定で開催されるイルミネーションは、世界の夜景を見られる人気のイベント。園内のレストランでは、日光名物の湯葉が乗った「湯葉あんかけたこやき」がおすすめです。

基本情報

■住所
 〒321-2593 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/kcn5mC7oNQHvE7Eo6
■営業時間
 9:00~17:00(3/20~11/30)
 9:30~16:00(12/1~3/19)
■入場料
 2,800円(当日券/大人)
■電車でのアクセス
 東武鉄道鬼怒川線 東武ワールドスクウェア駅より徒歩1分
■駐車場
 あり(有料)
■電話番号
 0288-77-1055

No.10 いろは坂

(イメージ)

(イメージ)

日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路です。上り専用の「第二いろは坂」と下り専用の「第一いろは坂」があります。カーブが48ケ所あり、カーブごとに「いろは」の48音を名付けていることから、「いろは坂」と呼ばれています。10月中旬から下旬が紅葉を楽しむベストシーズンです。昼夜の寒暖差や標高による気温差で紅葉が美しく色づき、紅葉の色合いも異なるので、車中から様々な景色を観賞できます。

基本情報

■住所
 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/i57R2BSkQhkpS3K99
■電車でのアクセス
 JR日光線・東武日光線 日光駅よりバスで25分
■車でのアクセス
 日光宇都宮道路 清滝ICより15分

No.11 佐野厄除け大師

(イメージ)

(イメージ)

佐野市にある、初詣や厄年の御払いで有名な天台宗の寺院です。「佐野厄除け大師」と呼ばれていますが、正式名称は「惣宗寺(そうしゅうじ)」だったとご存じでしたか?青柳大師、川越大師と並び、「関東の三大師」とされています。「厄よけ大師」とは、第18世天台座主を務めた良源のこと。没後神格化され、「元三大師」の「慈恵大師(じえだいし)」として日本各地の寺院に祀られています。交通安全や身体安全等、様々な種類の厄除け守や魔除け札を購入できます。

基本情報

■住所
 〒327-0015 栃木県佐野市金井上町2233
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/1QrT4Ma6qNAkJVFf9
■受付時間
 8:20~17:00
■電車でのアクセス
 東武鉄道佐野線 佐野市駅より徒歩8分
■駐車場
 あり(無料)
■電話番号
 0283-22-5229

No.12 益子町(陶器市)

(イメージ)

(イメージ)

「益子陶器市」は1996年から始まり、近年は期間中に30万人が訪れます。地域の商店や窯元が参加する街をあげてのイベントで、春と秋に開催されます。販売店約50店舗の他約550のテントが立ち並び、伝統的な益子焼等を普段の販売価格から2割〜5割引きの値段で購入できます。益子駅から東に延びる通称「やきもの本通り」に販売テントが集中しています。観光案内所に重い荷物を預け、バスを利用してめぐるのがおすすめです。

基本情報

■住所
 栃木県芳賀郡益子町
■周辺地図
 https://goo.gl/maps/n21Dau3x351dK81i8
■JR小山駅からのアクセス
 JR水戸線、真岡鉄道経由、益子駅まで約1時間10分
■車でのアクセス
 北関東自動車道 真岡ICより約25分


栃木県には「日光東照宮」「中禅寺湖」「いろは坂」等自然の景色が美しい観光地が多くあります。また「東武ワールドスクエア」「あしかがフラワーパーク」等SNS映えするスポットも多いので、女子旅におすすめです。東京からのアクセスも良く、日帰りでの旅行にも最適。宇都宮の「餃子」や佐野市の「佐野ラーメン」等ご当地グルメも充実しています。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2020.08.31 国内旅行

グルメと歴史の街!宇都宮の観光スポット11選

栃木県の県庁所在地、宇都宮は歴史的スポットが多く存在します。特に「宇都宮二荒山神社」や、関東七名城の…

2020.07.10 国内旅行

気軽に小旅行が楽しめる!日光の観光スポット12選

東京から約2時間で行ける有名な観光地である日光は、世界遺産の日光東照宮をはじめとした、歴史的建造物、…

2020.07.10 国内旅行

雄大な渓谷美に彩られた温泉街・鬼怒川の宿 厳選8選

鬼怒川の渓谷を挟んだ温泉街からは絶景を見下ろす客室や、豊富な湯量を持つ温泉旅館が立ち並んでいます。北…

2020.06.17 国内旅行

関東最多の温泉王国!栃木のおすすめ温泉10選

栃木県内に湧出する源泉数はおよそ600。関東では最多を誇る温泉天国です。全国的にも有名な温泉地から、…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!