【コロナ現地情報】カンボジア<9月28日更新>

更新日:2022年09月28日

世界遺産アンコール・ワット(弊社スタッフ撮影)

世界遺産アンコール・ワット(弊社スタッフ撮影)

『カンボジア旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事ではカンボジアの現状を現地よりお届けします。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を次のご旅行選びにお役立ていただけると幸いです。

※渡航・入国制限に関しての情報は随時変わっております。そのため、最新情報は外務省HPや大使館HP、航空会社HP等にてご確認ください。

カンボジアツアー販売中!

ツアーの詳細はこちらをご覧ください。

No.01 カンボジアへの入国について(9月28日更新)

【日本からカンボジアへいく場合】
①ワクチン接種証明:必要(2回以上)※(帰国時:必要)※詳細は「カンボジアから日本に帰国する場合」をご確認ください

②日本出発時の陰性証明書:不要
・カンボジア到着時のPCR検査は不要ですが、乗り継ぎ地において、乗り継ぎ地の規則・法令により陰性証明書等が求められる可能性がありますので、詳細はツアーご予約後にご案内させていただきます。

③渡航国が定めるアプリのインストールおよび入力:不要

④アライバルビザ取得

最新情報は「在カンボジア日本国大使館」のサイトにてご確認ください
https://www.kh.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

No.02 カンボジアから日本への帰国について(9月28日更新)

9月7日午前0時以降の日本入国より、ワクチン3回以上接種済みの方は、現地出国時のPCR検査陰性証明書の提示が不要となります。

①隔離/ワクチン証明について 
ワクチンを3回接種していることが確認できる証明書を検疫で提示して頂く必要がございます。
※ワクチン接種証明書につきましては、下記URL内に記載の証明書のご用意が必要です。なるべく海外渡航用のものをご準備いただくようお願い申し上げます。
<日本政府が定めたワクチン>https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_vaccine.html

カンボジアからの帰国者・入国者については、ワクチン3回目接種の有無によらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないことなりました。

詳しくは、厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.htmlをご参照ください。

②陰性証明について ※9月7日午前0時以降の日本入国より、ワクチン3回以上接種の方は不要となります。
対象:ワクチン3回以上接種していない方
出発国において出発時刻の72時間以内に発行された新型コロナウイルス検査証明書が必要。
③スマートフォンの携行、必要なアプリの登録
④誓約書の提出
⑤質問票の提出

以下の<日本入国時の検疫手続きで必要な証明書等>入国前にWEB上で手続きを行い、入国時の手続を簡略できる
「検疫の入国前WEB手続(ファストトラック)」をご利用ください。
成田国際空港、羽田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に到着する便より入国する方が利用可能です。
詳細は、https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

No.03 現地状況(9月28日更新)

まずは、カンボジアの感染状況について見てみましょう。
【現在までの感染者数】13.7万人
【死亡者数(累計)】3,056人
感染者数は3月頃から日々減少傾向にあります。

<ワクチン接種状況>
【ワクチン接種数】1,450万人(カンボジアの人口は約1,620万人)
【ワクチン接種率】86.9%
●カンボジアの首都プノンペンで、18歳以上への新型コロナウイルスワクチンの3回目(ブースター)接種が始まっております。
●現状、中国製のシノファームとシノバックス、インド製のコビシールドのアストラゼネカで接種を進めております。他、日本とイギリスからはアストラゼネカ、アメリカからはジョンソンエンドジョンソンが提供され、接種も開始されております。

No.04 現在の街の様子<6月7日更新>

街の様子_プノンペン(現地スタッフ撮影)

街の様子_プノンペン(現地スタッフ撮影)

写真はプノンペンの街の様子です。大きいオフィスビル商業施設には、入場時に検温があり、感染対策が徹底されております。
また各都市、下記制限が設けられております。

●プノンペン
1 新型コロナウイルスの感染リスクが高い以下の業種・職種の営業・活動の禁止
・カラオケ,クラブ,ディスコ

2 以下の例外を除く,50人を超える私的な集まりの禁止
(1) 関係当局による規定を遵守した宗教行事または伝統行事における家族又は親戚による集まり
(2) 公的機関の集まり並びに,新型コロナウイルスの検体採取,分析及びワクチン接種等の医療活動を行う医療関係者の集まり
(3) 緊急サービスを実施する医療関係者の集まり
(4) 治安や公共秩序維持に従事する,あらゆるレベルの関係当局や対策チーム等の集まり
(5) 司法裁判手続きに関する集まり
(6) 公共の利益や関係当局が定めた他の目的に資する活動のため必要な集まり

3 罰則
上記措置に違反する法人・個人は,違反者の公表を含め行政罰及び刑罰が課せられる。

●シェムリアップ
新型コロナ感染拡大防止措置として下記の措置が取られております。
・特に感染リスクの高い営業制限
・私的な集まりの禁止
・夜間(午後9時から午前3時まで)の移動禁止
・アルコール類の販売禁止

No.05 <オンライン旅行説明会>『ベトナム・カンボジア説明会』

11月26日(土) 10:00~11:00
無料で視聴可能・ご自宅や出先で視聴可能なので、ぜひご家族お誘いあわせの上、ご参加ください。
※お申込み締め切り:開催日の3日前。


以上、カンボジアの現地情報をお伝えさせて頂きました。

現在、日本国外から帰国または入国した方は厚生労働省からの通達により、最大3日間の自主隔離を求められています。また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。クラブツーリズムでは、同危険度がレベル1に引き下げられた国(地域)において、ツアーを催行いたします。

現在は新型コロナウイルスの影響で渡航が制限されておりますが、渡航出来るようになりましたらぜひカンボジアへのご旅行をご検討ください。


クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。


クラブツーリズムでは、アジア方面の現地情報を随時投稿いたします。
最新情報を更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

またこの度、海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitterアカウントを始めました!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信していく予定です!ぜひフォローをお願いします。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2022.10.21 海外旅行

【コロナ現地情報】韓国<10月21日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2022.10.21 海外旅行

【コロナ現地情報】台湾<10月21日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2022.10.17 海外旅行

【コロナ現地情報】秘境アジア(ラオス・ネパール・スリランカ・ウズベキスタン)<10月17日更新>

『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多くいただいて…

2022.10.17 海外旅行

【コロナ現地情報】モンゴル<10月17日更新>

『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多くいただいて…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!