【コロナ現地情報】台湾<9月2日更新>

更新日:2022年09月02日

九フン(イメージ)

九フン(イメージ)

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事では、台湾の現地から仕入れた最新情報をお届け致します。日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選びにお役立ていただければ幸いです。

台湾ツアー販売中!

ツアーの詳細はこちらをご覧ください。

No.01 台湾の入国制限

さて、まずは台湾の入国制限についての情報です。

【日本から台湾へ行く場合】
現在、観光目的での入国はできません。
ビジネス目的で入境される方は下記の隔離および手続きが必要となります。

<台湾における入境後の検疫隔離措置について(適用期間:6月15日~)>
台湾入境後の検疫(隔離)期間→3日間
「防疫専用ホテルまたは1人1戸にて3日間の隔離+自主健康管理期間4日間」
にて、週4万人の上限での受け入れとなります。

隔離:入境翌日より3日(計4泊)
検査:入境時空港でのPCR検査(唾液)
   空港にて家庭用検査キット2つ配布

※台湾到着後※
・自主健康管理期間(4日間)は不要な外出はしないこと。
・2日以内の家庭用検査キットで陰性であれば、仕事や生活必需品の買い物に出かけることが可能。
・外出時や仕事中はマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保持すること。
・人流の多い場所、不特定多数の人と接触する場所には行かないこと。
・空港から隔離先への移動は、防疫タクシー以外にも、防疫対策をとった家族や知人の車による送迎も可能となります。

なお、台湾入境には入境検疫システムへの事前登録が必要です。(2022.9月現在)
※8/15より、搭乗前のPCR陰性証明書が不用となりました。(但し入境者は台湾の空港にて唾液のPCR検査は引き続き必要)

<ビジネス目的の入境受け入れを再開:2022年3月7日~>
在外公館にてあらかじめ特別入境許可証を申請すること。
入境後の検疫規定を順守すること。

No.02 現地コロナウイルス対策

台湾国内の感染者数の減少傾向が続いております。
市民生活もほぼ通常通りとなっており、コロナ感染対策上の規制を受けることも少なくなってきております。
一部ではマスク着用義務などが残るところがありますが、屋外施設は概ね規制無く利用が可能です。

台湾全国における防疫措置は次の通りです。

●外出時は、飲食時以外、常時マスク着用義務
※マスクを着用しなくてもよい場合:室内/外での運動、写真/動画撮影、ライブ放送、講演、司会、スピーチ
●農林水産業や牧畜など屋外での労働、山林やビーチでの活動、温泉やサウナ、スパ、ウォーターアクティビティなどマスクが濡れやすい場合はマスクを着用しなくてもよいが、マスクは必ず携帯し、ソーシャルディスタンスがとれない場合はマスクを着用すること。
●営業場所、公共エリア(交通運輸含む)においては実名登録制、体温測定、定期消毒、従業員の健康管理、感染事案が確認された場合の迅速な対応の遵守が求められる。
●台鉄、新幹線車両内、長距離バス、観光バス、国内線・船舶、映画館、インターネットカフェなどの場所での飲食時のみ一時的にマスクを外すことが可能。(生理的需要、薬を飲む場合などを除く/MRT・路線バスはコロナに関係なく常時飲食禁止)
●レストランに対し実名登録制の管理徹底を呼びかけ。未改善業者には店内利用禁止措置をとる。
●1/21より8大レジャー産業娯楽施設(例:バー、ナイトクラブ、クラブ、キャバレー、ミュージックホール、ダンスホール、理容院及び特殊喫茶、サウナ等)を訪れる際にはワクチン接種証明書の提示が必須となります。接種証明書は「ワクチン接種カード(紙製)」の他「健保快易通(アプリ)」或いは「デジタル新型コロナウイルス健康証明(ワクチンパスポート)」の提示が求められます。上記以外でもジムや介護施設等でも自主的に提示を求める動きが出ています。

No.03 現在の台湾市民の生活

中央感染症指揮センターは、防疫ルールや入国規制を適度に緩和することを発表しました。
マスク着用義務条件や飲食ルールの規制が一部緩和されます。
2022年3月7日以降、ビジネス客の入国受け入れを再開し、入国後の検疫隔離期間を7日から3日に短縮、1人1戸の原則で自宅での隔離も容認されました。

No.04 最近の現地状況のご紹介①

大稲埕(12月4日/現地スタッフ撮影)

大稲埕(12月4日/現地スタッフ撮影)

多くの人出が見られ、少しずつですが、日常が戻りつつあります。

No.05 最近の現地状況のご紹介②

台北市内の様子(12月4日/現地スタッフ撮影)

台北市内の様子(12月4日/現地スタッフ撮影)

雙連市場も賑わいをみせています。

No.06 台湾に行ける日は・・・?

日本人が台湾に行ける日はいつになるのでしょうか。

台湾では下記の三段階を踏んで旅行の再開を目指しております。

第一段階:感染予防に沿った「防疫旅行」
第二段階:団体旅行や個人旅行など全国的な観光活性化を進め、観光喚起政策を実施
第三段階:感染が抑えられている国から国際観光の実施。

現在は観光目的での台湾渡航は出来ない状況が続いておりますが、台湾では水際対策および感染予防対策がしっかりとられ、海外からのビジネス渡航については再開しております。そのため、第三段階の国際旅行は、現状再開できておりませんが、コロナウイルスの状況次第にはなりますが、観光目的での台湾への入国の兆しが見えてきています。日本と台湾の国際観光が解禁される日が待ち遠しいものです。

No.07 <オンライン説明会>『台湾オンライン旅行説明会』

台湾説明会(イメージ)

台湾説明会(イメージ)

\★2022年10月12日(水)13:00-14:00開催★/
台湾に精通した旅のプロ(クラブツーリズムスタッフ)が、現地の情報をお伝えいたします
「いつになったら台湾に行ける?」
「日本と比べて感染対策はどうなの?」
「おすすめのツアー内容を知りたい!」といった皆様の疑問を解決します。
当日は2022~2023年出発の台湾ツアーもご紹介いたします!

海外旅行の準備を始めたい方は必見です。
海外旅行再開の準備にぜひご参加ください
無料で視聴可能・ご自宅や出先で視聴可能ですので、ぜひご家族お誘いあわせの上、ご参加ください。


クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。


クラブツーリズムでは、アジア方面の現地情報を随時投稿いたします。
最新情報を更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

またこの度、海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitterアカウントを始めました!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信していく予定です!ぜひフォローをお願いします。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2022.09.28 海外旅行

【コロナ現地情報】フィリピン<9月28日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2022.09.28 海外旅行

【コロナ現地情報】マレーシア<9月28日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2022.09.28 海外旅行

【コロナ現地情報】カンボジア<9月28日更新>

『カンボジア旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせ…

2022.09.28 海外旅行

【コロナ現地情報】シンガポール<9月28日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!