ドバイ・アブダビ旅行・ツアー・観光 ドバイ・アブダビ旅行・ツアー・観光

ドバイ旅行・ツアー・観光なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。ドバイの観光地情報やよくあるご質問、おすすめのツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

旅行記

世界一のあふれる未来都市ドバイへ行ってきました!

アラブ首長国連邦には7つの首長国があり、最大都市ドバイには多くの「世界一」が存在しています。きらびやかなドバイにて非日常を感じることができます。ドバイを楽しむ、とっておきの体験、観光地をご紹介いたします。

1・2日目 羽田⇒直行便にてドバイへ

バージュアルアラブ(イメージ)

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ(イメージ)

シェイクザイードモスクの外観(イメージ)

シェイクザイードモスクの内部(イメージ)

深夜のエミレーツ航空直行便にて羽田空港からドバイへ向かいます
2日目の朝、ドバイに到着、さっそく市内観光がスタート!ドバイは空港から街の中心が近く、見どころも集中しているため短い滞在でも楽しむことができます。公用語はアラビア語ですが、ドバイの居住者の約8割以上が外国人のため、英語が広く通じ、安心です!
世界一大きな金の指輪のある「ゴールドスーク」では、金製品を取り扱う専門店でゴールドの輝きにうっとりしたり、世界一高い全室スイートホテル「バージュ・アル・アラブ」では下車観光で王様気分を味わえます♪高さはパリのエッフェル塔よりも高い地上321mなのです。夜は、レストランもサービスも最高級を誇る、高さ355mホテル専用建築物「JWマリオット・マーキス・ドバイ」に宿泊で、長時間のフライトの疲れも癒されます!

3日目 ドバイ

スキードバイ(イメージ)

ドバイ・メトロ(イメージ)

ドバイの砂漠(イメージ)

砂漠サファリ(イメージ)

引き続きドバイ市内観光へ。最新技術の詰まった世界最長の無人鉄道「ドバイ・メトロ」の乗車体験や、世界最大の屋内スキー場「スキー・ドバイ」の見学をお楽しみいただけます。スキー・ドバイは、白銀の人工スノーパークで、敷地面積はサッカー場3面に相当するほどといわれております。ドバイの発達した最新技術に驚きの連発です。午後は自由行動のお時間もありますので、ショッピングモールでお買い物も楽しめます。
お土産には、デーツ(なつめやし)のお菓子や、高級チョコレートブランド・パッチのチョコレートが美味しく、おすすめです。
夕刻は、砂丘も楽しめる砂漠サファリとバーベキューディナーへ向かいます。4WDで砂漠の中をドライブしご夕食にご案内します。人工都市と砂漠が共存するドバイで思い出に残るご夕食を♪

4日目 ドバイ⇒アブダビ⇒ドバイ

バージュカリファとドバイファウンテン(イメージ)

ドバイ・ファウンテン(イメージ)

ルーブルアブダビ美術館の外観(イメージ)

ホテルを出発し、バスで約2時間、アラブ首長国連邦の首都であり最大の首長国・アブダビへ。アブダビは「アラビアの宝石」の異名をもち、ドバイに匹敵するほど積極的な開発が進んでいます。アブダビでは2つの観光地をご紹介します。
世界最大の手織りのペルシャ絨毯がある、国を代表するイスラム巡礼の地「シェイクザイードモスク」と、2017年にオープンしたルーブル・アブダビ美術館の入場観光にご案内。
シェイクザイードモスクは、UAE建国の父、シェイク・ザイードが眠る4万人収容できるモスクで、祈祷時間以外は異教徒にも内部を開放しており、観光客も見学することができます。総工費はなんと約600億円!9億円相当の手織りのペルシャ絨毯やスワロフスキー仕上げのシャンデリアなど豪華絢爛で一見の価値あり!入場の際は、服装規定が非常に厳しいため女性は頭にはスカーフと肌が隠れる服装が必須です。ドーム屋根を持つ斬新なデザインのルーブル・アブダビ美術館では、絵画から彫刻、現代アートまで幅広く約600点の作品が展示されています。
アブダビの観光後、ドバイへ戻り、世界一高い828mを誇るドバイの超高層ランドマーク「バージュ・カリファ」へ。完成までに約6年かかり、塔のデザインは砂漠に咲くヒメノカリスをイメージしたといわれています。らせん状に頂上を目指す建築様式はモスクのドームがヒントになったそうです。展望台からはドバイの街並みが一望できます!
バージュ・カリファのふもとでは、世界最大の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」の見学もお楽しみ♪

5日目 ドバイ⇒羽田

朝のフライトで、ドバイ・アブダビでの思い出を胸に羽田へ帰国いたします。

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!