アメリカ東海岸特集 アメリカ東海岸特集

アメリカ東海岸旅行・ツアー・観光なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。ニューヨーク、ワシントン、ボストン、ニューイングランド、フィラデルフィア、シカゴ、ボルチモアなどの人気都市や、おすすめのアメリカ東海岸ツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

基本情報・よくあるご質問


Q.アメリカ東海岸の気候と服装について教えてください

気温について

気温と降水量

服装について

春・秋

朝晩の気温差が激しいので、重ね着で体温を調整できる服装をご準備ください。
例:長袖のシャツ・セーターやカーディガン・薄手のコートやダウン

日中、日差しが強いので、日差し対策ができる服装をご準備ください。
※ 機内・バス車内・建物内は冷房が効いていますので必ず羽織れるものはお手元にご準備ください。
女性の方はストールが1枚あっても便利でしょう。
例:半袖のシャツ・日差し対策の薄手の羽織もの・帽子・サングラス・日焼止め・冷房対策の厚手の羽織もの

日本よりも気温が下がります。温かい服装をご準備ください。
例:セーター・厚手のコートやダウン・マフラー・帽子・手袋・乾燥しているので保湿クリーム

Q.アメリカ東海岸のイベントや祝祭日について教えてください

1月1日

ニューイヤー・デイ

3月中旬~4月中旬*

イースター

4月*

ボストンマラソン

5月最終月曜日

メモリアルデイ

7月4日

アメリカ合衆国独立記念日

9月第1月曜日

レイバー・デイ

9月下旬*

ニューヨーク国際映画祭
オペラ・オーケストラ開幕!

10月31日

ハローウィン・パレード

11月第4木曜日

感謝祭(サンクスギビング・デイ)

12月24日

クリスマス・イブ

12月25日

クリスマス

12月31日

タイムズ・スクエアカウントダウン

*は年によって日にちが変わります

場合によっては、イベントや祝祭日にあわせてパレードやパーティーが行われるなど、街がお祭りムードに包まれます。
祝祭日によっては、美術館や博物館等の観光施設が閉館していたり、レストランやショップが閉まってしまう場合もありますのでご注意ください。

Q.アメリカの入国について詳しく教えてください

ESTA(電子渡航認証システム)とは?

ESTAとは…アメリカ入国に際して、「ESTA(電子渡航システム)」の登録が必要です。ESTAは2年間、またはパスポートの有効期限のいずれか短い方まで有効です。ご出発までにインターネットより必ず取得してください。

※ESTA「ビザ免除プログラムの改定」について、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメン、北朝鮮に渡航または滞在したことがある方は、ESTAを利用しての米国への渡航ができません。米国大使館または領事館にて観光のための査証(ビザ)を取得する必要があります。
万が一、上記の国への渡航歴、滞在歴が発覚した場合には、ご旅行を途中で断念するだけではなく、ツアー用団体航空券が使用できないため、帰国の為に別途航空券の正規料金を自己負担していただく場合があります。
上記条件に該当されますお客様は、早急に弊社へご連絡の上、充分な余裕を持って査証(ビザ)取得手続きをお願い申し上げます。尚、お取消料発生日以降の今件にかかわる変更、取消に関しましては、所定の取消料を申し受けます。ご不明点については、弊社までお問い合わせをお願い申し上げます。

【参考】

米国政府公式ビザ情報サイト(日本語)

◆取得方法(1)インターネットからのお手続き

まず、インターネットにて「アメリカ大使館 ESTA」と検索していただき、米国大使館の公式ホームページからご取得ください。

取得の際必要なもの:

  1. パスポート
  2. クレジットカード

お客様の個人情報の入力やESTA申請に関する質問にお答えいただき、最後にクレジットカードにて14ドルの決済をし、手続き完了です。
申請番号の控えを印刷し、当日ご持参ください。

◆取得方法(2)弊社にて代行取得の依頼

弊社にて代行取得も有料にて承っています。
お申し込みの際は、お電話いただくか、お申し込み用紙にある【ESTA(電子渡航認証)を依頼する(有料)】の欄にレ点を振ってください。

取得の際必要なもの:

  1. パスポートのお顔写真のページのコピー(白黒可)
  2. 弊社でお送りする「ESTAに関する質問書」

※上記2点をお申し込み用紙と併せて、ご返送ください。
当日、成田空港受付にて添乗員よりESTAの控えをお渡しいたします。

パスポートの有効期限はいつまで必要?

日本帰国日までの有効期限が必要です。

持ち込み禁止品はある?

米国の食品の持ち込みが厳しくなっております。特に、肉製品・卵製品の持ち込みが厳しく、日本からカップ麺などお持ちになった場合、没収の対象になることがあります。

スーツケースは鍵を掛けてはいけないの?

米国では安全強化の為の検査が厳しくなっております。X線でスーツケースに不審点がある場合などお荷物を預けた後でも中身を検査されることがあるため、鍵が掛かっている場合は、鍵を壊して検査を行う可能性があります。航空会社にスーツケースを預ける際は、鍵をかけずに、スーツケースベルトで強く締めてお預けになることをおすすめします。

アメリカの入国審査について教えてください

米国政府および米国国土安全保安省からの通達により、米国において出入国する日本人旅行者は全員、従来の手続きに加えて「両手・全指の指紋の採取」・「デジタルカメラによる人物(顔写真)撮影」が必須となっております。

Q.アメリカ東海岸の治安について教えてください

近年、治安の悪化はありません。ニューヨークの犯罪率も減り、安心して観光できる街となりました。例えば、ニューヨークのタイムズスクエア沿いにディズニーストアやトイザラスなどのお子様向けのお店ができたのは、日が暮れても子供が遊べて安心できる通りにしたいという意図があります。地下鉄も日中でしたら安心してご利用いただけます。ただし、スリ・置き引きなどには注意が必要です。「ものを置き去りにしない」、貴重品袋(パスポートケース)などを用意し「パスポートなどの貴重品を肌身離さず、しっかり管理する」等を徹底いただければ、安心して観光していただけます。

Q.両替はいつ、どのくらいすればいい?

アメリカの通貨はUSドル($)とセント(¢)です。基本的に、ドルしかご利用いただけません。特に現地では両替も難しくなりますのでご出発前までにお済ませください。自由行動の際、$100紙幣などはお釣りが準備されていない場合があります。$10、$20など小額の紙幣を用意しましょう。空港では$100、$200パックなどがあり大変便利です。現金の他に、クレジットカード(主にVISA、MASTER、AMEXなど)も安全にご利用いただけます。

トラベラーズチェックは、小さな土産店など取り扱いのない場合があります。
両替の目安としては、自由食の食事代は朝$10、昼$15、夜$30位、その他枕銭がお1人1泊につき$1、お土産代、お飲み物代(アルコールは一杯700円~1,000円)などになります。店舗やレストランにより差がありますので、上記はあくまでも目安としてお考えください。

Q.チップは必要?

アメリカではさまざまな場面でチップが必要になることがありますが、あくまでもサービスに対する感謝の気持ちなのであまり難しく考えない方がよいでしょう。また、添乗員同行ツアーでは、ホテルにてスーツケースを運ぶポーターへのチップは弊社にて支払います。お客様が直接お支払いいただく必要はございません。レストラン・ホテルでのお飲み物代に関しては、チップと税金込みのご料金を添乗員よりご案内いたしますので、ご安心ください。

チップの目安

  • 枕銭…$1/1人1泊
  • 飲食…合計料金の15~20%
  • タクシー…料金の15%程度

Q.お水は飲める?

水道水は基本的に飲めますが水質が日本と異なりますので、飲料用として多量に摂取する場合にはミネラルウォーターをおすすめします。ミネラルウォーターはホテルの売店や、スーパーなどで簡単に手に入ります。
※水道水はうがい、歯磨き、薬を飲む程度なら全く問題ありません。

ホテルのお部屋には大抵コーヒーメーカーが設置されております。日本茶のティーバッグやインスタントのお味噌汁など日本から持参してお部屋で飲むこともできます。

Q.ホテルにないものは何ですか?

ホテルにないものは下記のとおりです。

  • パジャマ
  • 歯ブラシセット
  • スリッパ

※シャンプー・リンスはホテルにありますが、外国製品のため日本人の肌に合わない場合がございます。気になるという方は、普段お使いのものをご持参いただくことをお薦めします。

Q.日本の電化製品はそのまま使える?

アメリカの電圧は110~120Vです。(日本は100V)短時間(5~10分程度)の使用であればそのまま日本製品をご使用いただくことも可能です。最近では、デジタルカメラや携帯電話等、海外の電圧に対応できる充電器が多くございます。まずはお手持ちの充電器などがどの範囲(電圧)まで対応しているか、ご確認ください。

都市と観光地情報

海外旅行再開までは、オンラインツアーや
最新情報で是非“準備運動”を!

クラブツーリズムのオンラインツアー・オンライン講座

自宅にいながら現地の方と繋がり、非日常を楽しむオンラインツアー。 観光地の絶景や美景を楽しむツアーから、登山など趣味を楽しむツアーなど多種のツアーを随時ご案内いたします。 オンライン講座では、各テーマ専門の講師から旅に使える知識が学べます。オンライン説明会では、コースの詳細やおすすめポイントをご紹介します。 きっとあなたの新たな発見が見つかるオンラインツアー・オンライン講座・説明会に是非ご参加ください!初めての方でも簡単にできますのでご安心ください!

オンラインツアー・オンライン講座の一部をご紹介

動画で「旅」の魅力を発信!どこでも旅気分

おうちや、通勤中、お仕事の休憩中など、隙間時間を利用して「どこでも旅気分」を味わっていただける動画をご用意しました!海外観光地情報や、旅のコンシェルジュがご案内する旅深講座、人気観光地など、旅のおすすめ情報や、旅行に役立つ知識など旅行をより楽しむ幅広い情報をお届けします♪

旅のプロがお届けするシリーズブログ「好奇心で旅する海外」

旅のスペシャリストがあなたの「好奇心」を満足させるブログを発信中!
芸術・歴史・鉄道・グルメ・動物など、旅を深めるさまざまなテーマをご用意しています!

海外の最新情報をお届け!