南部アフリカ旅行・ツアー・観光 南部アフリカ旅行・ツアー・観光

南部アフリカ旅行・ツアー・観光なら、クラブツーリズムにおまかせ!南アフリカ観光局認定ベストセールス賞9年連続受賞!ビクトリアフォールズ国立公園など南部アフリカのおすすめの観光地をご紹介。1月~8月はビクトリアの滝の水量が多く、10月はジャカランダの花が街中に咲き誇るなどシーズンに応じた楽しみあり!南アフリカ・ボツワナ・ジンバブエ・ザンビアのツアーを紹介!

海外ツアー最新情報

クラブツーリズムの海外ツアーに関する情報を、メールマガジンやパンフレットでご案内いたします。ご興味ある方は以下のフォームよりお申込みください。

観光地情報

これだけは聞いておきたい!よくあるご質問

Q1.ベストシーズンは?

お客様の一番ご覧になりたいものによって、ベストシーズンは異なります。
ビクトリアの滝を旅の目的とする場合、1~8月がベストシーズンです。「紫の桜」として有名なジャカランダのお花を目的とする場合、9月末~11月中旬が開花時期に当たりますのでベストシーズンと言えます。尚、南アフリカは固有種のお花が多いことでも知られていますが、ツアーご案内するカーステンボッシュ植物園では、年間を通して様々な南アフリカ固有種をご覧いただくことができます。

Q2.ビクトリアの滝の水量は?

滝の水量が多いのは、例年1~8月です。中でも水量のピークは4~6月であり、全身に水煙を浴びながら、世界三大瀑布であるビクトリアの滝の迫力をご覧いただけます。滝の全景を写真に収めたい場合、1~3月・6~8月がお勧めです。水量が多過ぎる場合は滝の前景がご覧いただけない場合がございます。年によって多少水量に違いはあるものの、10・11月以外の月では迫力ある滝をご覧いただけます。また、滝観光の際には、レインコートなど防水対策の準備をおすすめいたします。カメラについても防水対策として、ビニール袋などご用意ください。
足元は濡れてもいいスポーツサンダルがおすすめ。

Q3.服装について

春(8月下旬~11月):長袖シャツ+パーカーやウインドブレーカー
夏(12月~3月):半袖+羽織るための長袖シャツやカーディガン
秋(4月~5月):長袖シャツ+ウインドブレーカーやフリース(天気により冷え込みます)
冬(6月~8月上旬):長袖シャツ+フリースやセーター、ウインドブレーカーや軽いダウン
南アフリカは、上記を目安にご準備ください。ジンバブエ・ボツワナは赤道に近いため、年間を通して夏の陽気ですが、虫除け対策の上でも通気性の良い長袖シャツ1枚でお過ごしいただくことをおすすめいたします。

ケープタウンは標高が高く、海沿いの観光地が多くございます。通年、軽めのダウンをお持ちいただくことをおすすめいたします。

Q4.両替について

ザンビアでは、米ドルが流通しています。1ドル札などの小額紙幣を多くご用意ください。
ジンバブエでは、現地通貨「ジンバブエドル」を使用します。現地にて米ドルから両替いたします。
南アフリカでは、現地通貨「ランド」が流通しており、米ドルなどは使用できないところもあります。スーパーマーケットではクレジットカードを使うことができますが、米ドルは使用できません。ランドへは、日本国内の空港にある金融機関(千葉銀行など)やヨハネスブルグの空港で日本円からの両替が可能です。
両替目安:米ドル/ビザ代金以外に100ドル程度
両替目安:ランド/日本円で5,000~10,000円程度

物価目安:ミネラルウォーター/約150円、ビール/約500円

Q5.プラグについて

丸型3ピンのB3タイプに似ていますが、大きさが異なり日本国内では南アフリカ仕様のプラグは手に入りません。今からご購入される場合はマルチタイプのプラグをお買い求めください。ホテルによりますが、部屋にCタイププラグへの変換プラグが備え付けられている場合が多いため、Cプラグをお持ちください。ジンバブエでは、角型3ピンのBFタイプが主流です。

Q6.治安について

南アフリカ国内では治安の良くない地域もあるものの、ダウンタウンなど南アフリカでも一部の地域に限られます。最近では、ワールドカップが開催されたこともあり国の警備体制は整ってきており、弊社ツアーではダウンタウンを避けた観光地のみを訪れますので安心してご参加ください。ただし、個人での夜道の出歩きは危険が伴いますため、お控えいただいております。また、ヨハネスブルグ等の空港では、スーツケースが開けられ中のお荷物が盗難に遭うというトラブルが起こっておりますので、貴重品や電子機器類はスーツケースの中には入れず、必ずお手荷物として機内にお持込みください。安全性を高めるためにも布製のキャリーケースではなく、ハードタイプのスーツケースをご利用ください。

Q7.マラリアについて&対策は?

マラリアは「ハマダラ蚊」という蚊を媒体にして感染する病気です。よって、「ハマダラ蚊」に刺されないようにすることが一番の対策となります。長袖シャツ等肌の露出を控えた服装でお過ごしいただくことをお勧めいたします。尚、マラリアに対応する予防接種はございません。ツアーで訪れる地域の「ハマダラ蚊」の生息数はごく僅かですので、過度にご心配いただく必要はございませんが、虫除け剤が有用です。その際、ガス入りのスプレータイプのものは飛行機にお持込みいただけませんので、ノンガスタイプのもの、あるいは、ウェットティッシュ状のものをお持ちください。

Q8.現地の水は飲める?

南アフリカの水道水は飲料用として衛生的には問題ございませんが、日本の水道水と水質が異なりますので、ご心配な方はミネラルウォ-ターをご購入されることをおすすめいたします。お水はお買い求めいただく場所によって値段は前後しますが、おおよそ日本円で1本100~150円でご購入いただけます。主に、ホテル・レストランでお買い求めいただけます。時期によっては日中日差しが強くなることもございますので観光中はお水1本はお持ちいただいた方が良いでしょう。ジンバブエ・ボツワナの水道水は衛生上の理由から飲用はお控えください。

海外旅行説明会

海外旅行再開までは、オンラインツアーや
最新情報で是非“準備運動”を!

クラブツーリズムのオンラインツアー・オンライン講座

自宅にいながら現地の方と繋がり、非日常を楽しむオンラインツアー。 観光地の絶景や美景を楽しむツアーから、登山など趣味を楽しむツアーなど多種のツアーを随時ご案内いたします。 オンライン講座では、各テーマ専門の講師から旅に使える知識が学べます。オンライン説明会では、コースの詳細やおすすめポイントをご紹介します。 きっとあなたの新たな発見が見つかるオンラインツアー・オンライン講座・説明会に是非ご参加ください!初めての方でも簡単にできますのでご安心ください!

オンラインツアー・オンライン講座の一部をご紹介

動画で「旅」の魅力を発信!どこでも旅気分

おうちや、通勤中、お仕事の休憩中など、隙間時間を利用して「どこでも旅気分」を味わっていただける動画をご用意しました!海外観光地情報や、旅のコンシェルジュがご案内する旅深講座、人気観光地など、旅のおすすめ情報や、旅行に役立つ知識など旅行をより楽しむ幅広い情報をお届けします♪

旅のプロがお届けするシリーズブログ「好奇心で旅する海外」

旅のスペシャリストがあなたの「好奇心」を満足させるブログを発信中!
芸術・歴史・鉄道・グルメ・動物など、旅を深めるさまざまなテーマをご用意しています!

海外の最新情報をお届け!

その他のアフリカ特集ページはこちら

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!