中欧特集 中欧特集

中欧の旅行・ツアー・観光なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。オーストリア、ハンガリー、チェコ、スロバキアなどの観光地や、中欧のおすすめのツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

【最新情報更新中!】コロナ後の現地情報はこちら

チェコ

チェコのイメージ

チェコ おすすめツアー

関東発

名古屋発

関西発

観光地情報

【世界遺産】プラハ

プラハ(イメージ)

緑深きボヘミア地方を蛇行するモルダウ(ヴルタヴァ)川のほとりに佇む古都プラハ。
プラハの観光は高台にあるプラハ城から始まり、カレル橋を渡り、旧市街までと大体3時間半程度の徒歩での観光となります。
プラハは世界で最も美しい街の一つに数えられ、街全体が1987年に世界遺産に指定されています。
街のあちこちに塔が見られるため百塔の街とも称されています。

ストラホフ修道院

ストラホフ修道院のイメージ

イメージ

神学の間

神学の間のイメージ

イメージ

哲学の間

哲学の間のイメージ

イメージ

プラハ城にはチェコ出身のアルフォンス・ミュシャデザインの美しいステンドグラスのある聖ヴィート教会や昔、練金術師を住まわせたという黄金の小路などの多くの見所があります。

聖ヴィート教会

聖ヴィート教会のイメージ

イメージ

聖ヴィート教会の歴史は古く、もともとは930年に作られました。
その後ゴシック様式に改築する工事がはじまり、その工事はなんと1344年から20世紀までかかる長いものでした。

カレル橋

カレル橋のイメージ

イメージ

カレル橋の上はいつも大変にぎわっています。自分で描いた絵を売っている人たちや、素敵なアクセサリーを売っている露店も出ていたり、プラハで世界的に有名な操り人形、マリオネットを操っている人など歩くだけでもお楽しみいただけます。

時計塔

時計塔のイメージ

イメージ

旧市街広場。中心に宗教改革で活躍したヤン・フスの像があり周りにはいろいろな様式の建物が立ち並びます。市庁舎にはからくり時計があり、朝9時から夜の9時まで毎時からくりが動きます。その時間になると、世界中からの観光客がここに集まりますので大変にぎわいます。

旧市街広場

旧市街広場のイメージ

イメージ

【世界遺産】チェスキークルムロフ

チェスキークルムロフのイメージ

チェスキークルムロフ(川原 菊彦様:愛知県在住)

イメージ

イメージ

“世界で最も美しい街のひとつ”と言われる世界遺産の街。赤い屋根と白壁の家が建ち並び、モルダウ(ヴルタヴァ)川がその間を曲がりくねりながら流れています。中世の石畳の道、街のシンボルであるチェスキークルムロフ城から街を見下ろすとタイムスリップした気分に。

まだまだ見逃せないおとぎの国の観光地

【世界遺産】テルチ

(イメージ)©CzechTourism.com

まるで砂糖菓子のような街並が魅力のテルチ。“モラビアの真珠”と称されるテルチは、16世紀に大火事で街が全焼した後、時の領主ザハリアーシュがすべての家を初期バロック様式に基づいて設計するように呼びかけて作られた街並がそのまま現在まで受け継がれています。1992年にはユネスコ世界遺産に登録されております。

【世界遺産】レドニツェ

イメージ

16世紀ルネッサンス様式にはじまり、17世紀、19世紀と時代を経る毎にどんどん増築されたというレドニツェ城を有すレドニツェ。レドニツェ城内部には庭園、宮殿、聖堂、ミナレットなどと豪華絢爛な姿を現在に残しています。その総敷地面積はチェコ国内での最大級です。

【世界遺産】クトナーホラ

(イメージ)©CzechTourism.com

かつてプラハに次ぐほどの繁栄をみせていた中部ボヘミアに位置する小さな都市・クトナーホラ。圧倒的な存在感をもってそびえたつ後期ゴシックを代表する聖バルバラ大聖堂は、外観だけではなく内部のパイプオルガン、フレスコ画が必見です。当時としては珍しく建設資金のほとんどが市民達によって調達されたというクトナーホラを代表する観光地です。

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!