イギリス特集 イギリス特集

イギリス旅行・ツアー・観光なら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドなどの観光地や、英国のおすすめのツアーをご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。

ロンドンの楽しみ方

伝統と革新の都市ロンドンをご紹介

ロンドンってどんなところ?

イギリスの首都であり、伝統と最先端の文化が交差するロンドン。ヨーロッパの中でも屈指の国際都市ですが、その歴史は古く、約2,000年前にローマ帝国によってその礎が築かれました。歴史・文化・ビジネス・ファッション・エンターテイメント…多様な顔を持ったロンドンの空気を感じてみてください。

ロンドンおすすめお散歩ルート

ロンドンおすすめお散歩ルートのイメージ

ロンドンおすすめ散策ルート

ロンドンの便利な交通

ロンドンの街中を行動しやすくお手伝いをしてくれるのが、網目の様に走っている地下鉄とバス!
主要観光地はもちろん、さまざまな所まで、バスや地下鉄を利用するととっても便利!上手に乗りこなしてみましょう。
また便利なタクシーについてもご紹介致します。

地下鉄

チケットの買い方

切符は自動販売機または窓口にてお買い求めください。
自動販売機の場合、旧型券売機と新型券売機があります。

旧型券売機の場合、CHANGE GIVEN(釣り銭あり)とEXACT MONEY ONLY(釣り銭なし)がありますのでご注意ください。

チケットの買い方のイメージ
乗り方

(1) 改札をぬける
改札はすべて自動です。利用は日本と同じです。

(2) ホームに向かう

複数の路線が乗り入れている駅もあるので、自分が乗りたい路線の表示にしたがって進んで行きましょう。
★乗る前に、地下鉄路線図で目的駅、乗換駅をよくチェックしてください。向かう方面の方角によりホームが決まります。
方面の表示の下に停車駅も順番に表記してあります。
北:Northbound、南:Southbound、東:Eastbound、西:Westbound


(3) 乗車する
なかにはドアが自動で開閉しないものもあります。
その場合は、ドアの横についているボタンを押してください。
降りるときはドア横にあるボタンを押せば、開きます。
ホームに降りたら、『Way Out』(出口の意味)の表示にしたがって進んで行き、改札にチケットを入れればOKです。

バス

種類と乗り方

路線バスと観光バスの二種類があります。
バスは原則として前払い制です。運転手に降りたいバス停を告げて料金を支払います。

路線バスは、次のバス停のアナウンスがないので、注意が必要です。
路線表をよく確認してから乗車し、バス停の標識を見て各自下車をします。

観光バスは二階建てバスで二階部分はオープントップになっています。ロンドン市内を観光できます。

タクシー

タクシーについて

ロンドン名物、ブラックキャブのタクシー(白、赤もあります)は、安心してお乗りいただけます。定員は4~5名。日本と同様に軽く手を挙げればタクシーはつかまります。

フロントガラスの“TAXI”のランプがついているか、助手席に“For Hire”の表示が出ていれば空車の意味です。

タクシーについてのイメージ
乗り方

(1) 流しの場合は、左手をさっと道路に出して呼び止めましょう。

(2) ドア越しに行き先を告げます。運転手さんにガイドマップの観光地を指で差したり、『旅のしおり』に記載されているホテルの名前や住所を言ったりすれば問題ありません。大体の料金を聞いて見ましょう。

(3) 交渉成立となれば手動でドアを開けて乗ってください。

(4) チップは料金の10~15%です。金額を切り上げて渡すのでもいいし、お釣から手渡しするのも良いでしょう。ドアを閉めるのを忘れずに。(人数、時間で割増があります。)

それでも不安な方は…クラブツーリズムのご旅行はほとんど添乗員がご同行致しますので、地下鉄の乗り方、自由食の際のレストラン選びなど現地の悩みは現地で解消!