【コロナ後現地情報・香港・マカオ】<6月15日更新>

更新日:2021年06月15日

香港の夜景(イメージ)

香港の夜景(イメージ)

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事では、香港・マカオの現地から仕入れた最新情報をお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選びにお役立ていただければ幸いです。

No.01 香港・マカオのコロナウイルス最新状況(6月15日時点)

香港>>
【感染者】11,877人
【死亡者】210 人
【回復者数】11,598人

香港での感染者数は減少傾向です。平均で1日2人の新規感染者が報告されていますが、1日平均人数のピークだった昨年7月30日と比較すると2%となっております。
すでにワクチン接種は始まっていますが、必要回数分のワクチン接種が完了した人数は120万人、国民の15.9%にあたるとのことです。
15.9%

香港政府はシンガポール政府は2021年4月26日、2エリア間一定の条件の下、到着後の強制隔離なしで往来できる「エア・トラベルバブル(ATB)」を5月26日に始めると発表しましたが、シンガポールの感染拡大に伴い、今回は一旦中止となりました。2020年12月からの2度目の延期となります。

新型コロナウイルスに関連する運休や観光地の一時閉館、抗議活動等の最新の情報は下記サイトにてご確認いただけます。

マカオ>>
【感染者】50人
【死亡者】0人
【回復者数】50人
※ワクチン接種もすでに始まっております
マカオでのコロナ感染者数は既に継続的に収まっておりますが、中国広東省の再流⾏が深刻化していることから、マカオでも警戒が高まり、10日より、健康証明QRコードの提⽰が、ホテル以外(公共交通機関バス・タクシー、路⾯店のレストランやジム、カラオケ店など20分以上の滞在の可能性がある場所)でも義務化されました。

No.02 香港・マカオの入国制限(6月15日時点)

【香港の入国制限】
海外(日本含む)から香港へ入境:香港居民(香港IDもしくは査証保有者)のみ入境可。ただし、入境後21日間の強制検疫。※2021年9月30日(木)まで

★上述しましたが、香港とシンガポール間の2エリア間一定の条件の下、到着後の強制隔離なしで往来できる「エア・トラベルバブル(ATB)」を5月26日に始めると発表しましたが、開始前に今回は延期となりました。

【マカオの入国制限】
海外からマカオを訪れる渡航者:マカオ入境が禁止されています。

香港、マカオ共に現状海外から入境は禁止されており、観光再開まではまだ少し時間がかかりそうです。

※情報は刻々と変わってまいりますため、渡航の際には最新情報をご自身にてご確認ください。

No.03 香港の街の様子

香港の中心部・チムサーチョイの様子/現地旅行会社スタッフ撮影

香港の中心部・チムサーチョイの様子/現地旅行会社スタッフ撮影

香港の中心・九龍半島の尖沙咀(チムサーチョイ)の様子です。1月下旬になり感染者数が減少傾向に転じはじめ、旧正月を迎えることもあり、人通りはまた通常に戻りつつあります。
また、街のレストランは感染対策を施したうえで営業しております。
そして、香港では朝、地元の方が公園で太極拳を行っていることでも有名です。現在ではソーシャルディスタンスを確保したうえで太極拳を行っています。

九龍半島レストランの様子/現地旅行会社スタッフ撮影

九龍半島レストランの様子/現地旅行会社スタッフ撮影

No.04 香港のホテルの様子

ホテル入口の体温検査/現地手配会社スタッフ撮影

ホテル入口の体温検査/現地手配会社スタッフ撮影

最後にホテルの様子です。入る際の体温検査やホテル内各所に消毒液などが配置されております。感染状況が落ち着いていた際は、香港内での国内旅行も盛んとなったほか、ホテルでのリモートワークプランなども盛況だったようです。

No.05 マカオ市民の生活

感染者が出た当初から感染対策が徹底されております。現地レストランや店舗は営業を再開しております。

No.06 マカオ観光地の状況

現在、「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターショー」が休演しているほかはおおむね通常通り営業しています。「ヴェネチアン・マカオ」など、有名ホテルも営業しております。

No.07 マカオまとめ

マカオでは現在入院患者0の状況です。(6月15日現在)
公共交通機関でのマスク着用義務は継続、マカオ内全ホテル、公共施設(病院・政府関連・映画館など)への入館時には、健康証明(QRスキャン後個人情報と健康状態の入力)が必要となります。政府から企業向けの給付金、また、マカオID保持者向けに個人給付金(電子マネー)が提供され、消費が促されています。
各ホテルでは、ステイケーションのプロモーション、電子マネー支払いによる割引などにより、賑わっている様子です。
マカオ人向けの格安国内ツアーが政府主催にて行われていますがマカオ人のみの集客では観光地はまだ静かな様子が続いています。市民の活動を促すため、季節のイベントなどは、縮小・またオンラインにて行われています。

No.08 お問い合わせ先

クラブツーリズム 海外旅行部 アジア担当
【TEL】03-5323-6830
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。


以上、香港・マカオの現地情報をお伝えさせて頂きました。

日本人がすぐに香港・マカオに行けるという状況ではございませんが、観光再開に向けて準備を進めています。
これからも日々変わっていく状況をお伝えして参りますので、また見に来てください!

現在、日本国外から帰国または入国した方は厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、香港とマカオはレベル2となっております。クラブツーリズムでは、同危険度がレベル1に引き下げられた国(地域)において、ツアーを催行いたします。

現在は新型コロナウイルスの影響で渡航が制限されておりますが、渡航出来るようになりましたらぜひ香港・マカオへのご旅行をご検討ください。


クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。


クラブツーリズムでは、アジア方面の現地情報を随時投稿いたします。
最新情報を更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

またこの度、海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitterアカウントを始めました!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信していく予定です!ぜひフォローをお願いします。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2021.06.21 海外旅行

【コロナ後現地状況・韓国】<6月21日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2021.06.21 海外旅行

【コロナ現地状況・中国】<6月21日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

2021.06.21 海外旅行

【コロナ後現地状況・台湾】<6月21日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

2021.06.16 海外旅行

【コロナ後現地状況・フィリピン】<6月16日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!