【コロナ後現地状況 クロアチア・スロベニア】 <1月6日更新>

更新日:2022年01月06日

(イメージ)

(イメージ)

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事では、クロアチア・スロベニアの情報をお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選びにお役立ていただければ幸いです。

No.01 クロアチアの入国制限

<1月6日現在>
EU域内国境管理に関する欧州委員会勧告の入域制限解除対象国(日本を含む。)からの入国者は、(ア)新型コロナウイルス検査の陰性証明書(実施から72時間以内のPCR検査又は実施から48時間以内のEU加盟国で承認されている抗原検査の陰性証明書)の提示、(イ)ワクチン接種証明書(EUで使用されている新型コロナウイルスワクチンを2回接種したことの証明書。いずれも接種から210日までのものが有効)の提示、(ウ)治癒証明書の提示、又は(エ)入国後の自主隔離(クロアチア入国後、ただちにPCR検査又は抗原検査を受け、陰性結果が出た場合は自主隔離終了。検査を受けられない場合は10日間の自主隔離)のいずれかが入国の条件となる。

No.02 クロアチア国内の規制について

<1月6日現在>

クロアチア国内ではどのような規制が行われているか見ていきましょう。

■マスクの着用
・屋内で2m、屋外で1.5m以上の対人間隔が確保出来ない屋外では、マスクを着用する必要があります。

■公共交通機関
・乗車定員を平時の定員の40%までとし、マスクを着用する必要があります。

■飲食店
・感染防止措置を遵守することを条件に、着席している客に対し飲食物の提供(6時~24時)が許可されています。

No.03 スロベニアの入国制限

<1月6日現在>

原則10日間の自主隔離が必要。以下の証明書を有している場合、自主隔離が免除される。

ア.PCR検査(72時間以内)または簡易抗原検査(48時間以内)による陰性証明書
入国時の証明として提出するPCR検査による陰性(陽性)証明書または簡易抗原検査による陰性証明書および新型コロナウイルス感染症からの回復証明の発行国として認められているのは、EU、シェンゲン圏、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イスラエル、ロシア、セルビア、トルコなどとなっており、日本は含まれていないため注意が必要。
リュブリャナ空港到着時に簡易抗原検査を受けることは可能。

イ.PCR検査による陰性結果(10日以上180日以内)

ウ.ワクチン接種証明書
スロベニア政府はホームページで、ワクチン接種証明書に以下の情報が記載されていれば、有効なワクチン接種証明書として認められる旨の情報を掲載。(英語またはドイツ語に翻訳されていることを推奨)
●氏名
●生年月日
●個人識別番号または健康保険番号またはその他の識別子
●ワクチンの種類に関する情報(メーカー、バッチ、投与番号、接種日)
●証明書または証明を発行した機関に関する情報

▼認められるワクチンの種類および必要とされる接種後の経過日数
●1回目の接種が済んでいる
 ・ジョンソン・エンド・ジョンソン/ヤンセン・シラグ製ワクチン
●2回目の接種が済んでいる(異なる種類のワクチンの混合接種も有効)
 ・アストラゼネカ製ワクチン
 ・アストラゼネカ/セラム・インスティチュート・オブ・インディア製ワクチン(インド)
 ・バイオンテック/ファイザー製ワクチン
 ・モデルナ製ワクチン
 ・スプートニクV(国立ガマレヤ研究所(ロシア)製)
 ・シノバック・バイオテック製(中国)ワクチン
 ・シノファーム製(中国)ワクチン

エ.新型コロナウイルス感染症からの回復証明とワクチン接種証明の同時提出(以下のいずれか)
 ・新型コロナウイルス感染症からの回復証明(180日以内)およびワクチン接種証明
 ・PCR検査による新型コロナウイルス陽性の証明(10日以上180日以内)およびワクチン接種証明
 (注)上記アからエの証明は、EUデジタル新型コロナ証明書または第3国のデジタル新型コロナ証明書(QRコード付き、英語表記)による証明も認められる。

※ただし、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中。

No.04 スロベニア国内の規制について

<1月6日現在>

スロベニア国内ではどのような規制が行われているか見ていきましょう。

■店舗等の入店制限
店舗等の面積に応じた入店人数の制限が再導入。入店可能な人数については、それぞれの店舗入り口に掲示される。

■使用可能マスクの制限
・全ての公共屋内または敷地内、ケーブルカーを含む交通機関の利用において使用が認められるマスクは、サージカルマスクまたはFFP2マスク(以下、保護マスク)のみになり、布マスクの使用は禁止されます。
・公共の場所等に於いて、1.5メートル以上のソーシャルディスタンスを確保できない場合(2世帯以上の乗員を乗せた自家用車内を含む)、保護マスクの使用が義務づけられます。

No.05 クロアチア・スロベニアツアーの現状と今後

クラブツーリズムでは現状を鑑み、クロアチア・スロベニア方面の旅行の販売を中止しております。
ツアーを発表できる日は未定ですが、安全第一のため、情報発信を通しクロアチア・スロベニアの現状を伝えていきたいと考えております。

No.06 お問い合わせ先

クラブツーリズム 海外旅行部 ヨーロッパ担当
【TEL】03-5323-6860
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。



クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。


クラブツーリズムでは、ヨーロッパ方面の現地情報を随時投稿いたします。
最新情報を更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

またこの度、海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitterアカウントを始めました!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信していく予定です!ぜひフォローをお願いします。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2022.01.14 海外旅行

【コロナ後現地状況・ロシア】<1月14日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2022.01.14 海外旅行

【コロナ後現地状況・ポーランド】<1月14日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

2022.01.14 海外旅行

【コロナ現地情報】アイスランド<1月14日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウイルスに関するお問い合わせを多く…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!