クラブツーリズム TOP「旅の友」web版【東日本版】旅の友レシピ「富士屋ホテル」紹介レシピ

旅の友12月号
旅の友12月号
富士屋ホテルのカレーソース
連載企画 プロ直伝!宿自慢のをご家庭で 14
富士屋ホテル
富士屋ホテルのカレーソース
野菜のうま味が凝縮された富士屋ホテル伝統の味
富士屋ホテルを訪ねるツアーはこちら
今回のレシピを紹介してくれたのは…
富士屋ホテル 料理長 工藤正博さん

富士屋ホテル

料理長 工藤正博さん

富士屋ホテルの料理の原点は「弱火でじっくり」。その精神を元に当ホテルで100年以上前から受け継がれてきた、伝統のカレーの作り方をご紹介します。じっくり時間をかけて、素材の甘みを引き出してください。

インタビュー記事は…

「旅の友」東日本版12月号(11月10日発行)に掲載しています

富士屋ホテルのカレーソース
レシピをプリントする

タマネギを薄切りにし、鍋に溶かしたバターであめ色になるまでじっくり炒めます。【約1時間】
はじめは強火で、タマネギがしんなりしてきたら弱火にします。

タマネギをじっくり炒めますタマネギをじっくり炒めます

きれいなあめ色になってきますきれいなあめ色になってきます

全工程にいえますが、絶対に焦がさないことです。焦げそうになったら、いったん火からはずして混ぜてください。

1

【A】のすりおろしたものを加えて、さらにじっくり炒めます。【約20〜30分】

すりおろした野菜を加えますすりおろした野菜を加えます

弱火でじっくり炒めます弱火でじっくり炒めます

2

カレー粉を加えて、弱火でさらに炒めます。【約10分】

カレー粉を加えますカレー粉を加えます

カレー粉は時間をかけすぎると焦げてしまいます。弱火で、焦げそうになったら火からはずす、を繰り返してください。

3

小麦粉を加えて、パラパラになるまで炒めます。【約20分】

小麦粉を加えます小麦粉を加えます

よく炒めて…よく炒めて…

パラパラになりますパラパラになります

4

深鍋に替えて、荒くつぶしたトマトの水煮を加えて、ツヤが出るまでよく練ります。

トマトの水煮を加えますトマトの水煮を加えます

よく練りますよく練ります

きれいなツヤが出てきますきれいなツヤが出てきます

5

コンソメとブイヨンを温め、少しずつ加えて伸ばします。これを繰り返します。

コンソメとブイヨンを少しずつ加えますコンソメとブイヨンを少しずつ加えます

よく練りますよく練ります

加えて練る、を繰り返します加えて練る、を繰り返します

よく混ぜ合わせますよく混ぜ合わせます

ダマができないように、少しずつ加えていきます。焦がさないように、ダマができないように。「手を抜くとそれなりのものしかできない」とは料理全般に言えることです。

6

沸騰したら弱火にして、しばらく煮込みます。【約30分】

ポコポコと気泡ができてきたらすぐ弱火にしましょう。

7

小鍋またはフライパンでココナッツを軽く炒り、ミルクを入れてココナッツミルクをつくり、裏ごしして加えます。

ココナッツを軽く炒りますココナッツを軽く炒ります

ミルクを入れて軽く沸騰させますミルクを入れて軽く沸騰させます

裏ごしして加えます裏ごしして加えます

ココナッツは香りが出て、ちょっときつね色になるくらいでけっこうです

8

仕上げに【B】の隠し味をお好みで加え、味をととのえて、できあがり!

隠し味を加えます隠し味を加えます

できあがりです!できあがりです!

ビーフ、チキンなど具はここで合わせましょう。調理したものを加えてください。

9

前のページに戻る

決定