異国情緒あふれる長崎おすすめのお土産12選

更新日:2020年06月17日

(イメージ)

(イメージ)

長崎のお土産といえばカステラが有名ですが、他にも魅力的なお土産はたくさんあります。日持ちするお菓子なら、中国伝来のお菓子「よりより」を一口サイズにした「ちより」がおすすめ。甘さ控えめで噛みごたえ抜群。

No.01 カステラ

(イメージ)

(イメージ)

カステラは16世紀、ポルトガルから長崎に伝わったといわれています。しっとりとした長崎カステラは飽きの来ない味で多くの人の口に合い、値段も手頃なので、お土産にうってつけです。長崎にはたくさんのカステラ店がありますが、なかでも1681年創業の「松翁軒」は、地元客にも人気の老舗。生地にザラメを混ぜ込んで焼き上げたカステラはまろやかな甘みが絶品。卵黄と砂糖を増やした贅沢な「五三焼」や、チョコレートを使った「チョコラーテ」などの「松翁軒」伝統のオリジナルカステラもおすすめです。店舗は長崎市内と博多駅にしかないので、旅行で訪れた際にはぜひお見逃しなく。

基本情報

松翁軒(本店)
■住所
 長崎県長崎市魚の町3-19
■電話番号
 095-822-0410
※2020年4月現在の情報

No.02 角煮まんじゅう

(イメージ)

(イメージ)

長崎名物、卓袱料理の一品である東坡煮(とうばに=豚の角煮)。これをもっと手軽に食べられるようにと誕生したのが、角煮まんじゅうです。じっくり煮込んだ豚バラ肉を手で食べられるようまんじゅう生地で包み、値段は1つ400~500円ほどと、まさに長崎が生んだ和製ファストフード。「長崎角煮まんじゅう」の名で初めて世に送り出したという岩崎本舗では、秘伝のたれを厳選した豚肉にしみこませ、ふわふわの皮に挟み込んでいます。持ち帰り用に冷凍された角煮まんじゅうは、電子レンジ加熱でもOKですが、よりおいしくいただくなら、自然解凍させた上で、蒸し器で蒸し上げるのがおすすめです。

基本情報

岩崎本舗(本社工場店)
■住所
 長崎県西彼杵郡長与町斉藤郷1006番地13
■電話番号
 095-885-7788
※2020年4月現在の情報

No.03 五島うどん

(イメージ)

(イメージ)

五島列島名物の五島うどん。その昔、島に立ち寄った遣唐使が中国の麺の製法を島民に伝えたのが始まりともいわれています。水と小麦粉、海塩を混ぜ合わせて練り上げた生地を、地元産の椿油を塗りながら引き延ばしていくのが伝統的な製法。これによってコシが強い独特の細麺ができあがります。五島手延うどん協同組合の乾麺「波の絲」を、鍋にたっぷりのお湯で茹で上げ、特産のあご(飛魚)だしの麺つゆでシンプルにいただく「地獄炊き」がおすすめ。空港やフェリー乗り場、土産物店などで手軽に購入できます。

No.04 かんころ餅

(イメージ)

(イメージ)

かんころ餅は、五島列島の伝統的な和菓子。サツマイモを切って茹で、天日干しにした「かんころ」をもち米と一緒に蒸してついたものです。昔はもち米が高価だったので、救荒作物として栽培されたサツマイモを混ぜて作り、冬の間の保存食として重宝されました。五島では今も多くの家庭で作られ、素朴な甘みがどこか懐かしさを感じさせます。土産物店でも手軽に買える一品。厚さ1センチくらいに薄く切り、オーブントースターやフライパンで軽く焼いて食べるのがおすすめです。

No.05 からすみ

(イメージ)

(イメージ)

長崎名物のからすみは、ボラの卵巣を塩漬けにして乾燥させたもので、越前のうに、三河のこのわたと並ぶ日本三大珍味のひとつ。その形が中国製の墨(唐墨)に似ていたことからこう呼ばれるようになったといわれます。100gで8,000円前後。3ミリほどの厚さにスライスしてそのまま食べるほか、日本酒を振って軽く焼いたものも美味。1859年創業の老舗「小野原本店」のからすみは無添加・無着色、ねっとりとした濃厚な味わいが日本酒や焼酎、ワインにもよく合います。

基本情報

小野原本店
■住所
 長崎県長崎市築町3-23
■電話番号
 0120-48-0261(フリーダイヤル)
※2020年4月現在の情報

No.06 あわびうに

日本海の西・南端、水深約80mに大陸棚が広がる玄界灘は、さまざまな魚介が取れる日本屈指の漁場です。その玄界灘に浮かぶ壱岐島は海の幸の宝庫。特に「壱岐の宝」とも称されるウニは濃厚な味わいと香りが特徴で、こりこりとした弾力と豊かな旨みのアワビも絶品です。この2つを和えて瓶詰にしたのが「あわびうに」。お酒のつまみにはもちろん、熱々のご飯のおともにもぴったり。一度食べたらやみつきになりそうな味です。壱岐が誇る磯の2大味覚が詰まった豪華な瓶詰めをぜひお土産にどうぞ。

No.07 治安孝行

治安孝行と書いて「ちゃんここ」。五島地方で毎年8月に行われる念仏踊りのこと。今から800年以上前、ある僧が領主に攻められて亡くなり、以来、怪異が絶えなかったため、彼の霊の供養と市井の「治安」を良くするために始まった踊りなのだそう。「ちゃん」は鉦の音、「ここ」は太鼓を叩く音からきているともいわれます。このお祭りの名をとった五島銘菓が「治安孝行」。水飴で練った粒あんを餅で包み、たっぷりのきな粉をまぶしたお菓子で、独特の風味と甘みのハーモニーが楽しめます。

基本情報

御菓子司 はたなか(本店)
■住所
 長崎県五島市中央町7-20
■電話番号
 0959-72-3346
※2020年4月現在の情報

No.08 欧風銘菓 おたくさ

「おたくさ」とは、長崎の市花であるアジサイのこと。1823年に出島のオランダ商館に医師として来日したドイツ人博物学者シーボルトは、自然科学の研究に情熱を注ぎます。そのシーボルトが、日本で出会った最愛の女性「お滝さん」にちなんで、美しいアジサイの花に付けた名だそうです。薄いパイ生地を何層も重ね、手でひねって繊細なアジサイの花びらを再現した「菓舗 唐草」の「欧風銘菓 おたくさ」は、サクッとした上品な食感とほどよい甘さが特徴です。

基本情報

菓舗 唐草(本店)
■住所
 長崎市樺島町7番11号
■電話番号
 095-824-2521
※2020年4月現在の情報

No.09 雲仙野菜プリン

地元の野菜を使ったプリン。20年以上前、雲仙の旅館「松栄」が和食料理のデザートとして、地元のジャガイモ農家と協力して作ったのが評判を呼び、旅館や付近の農産物直売所などで販売を始めました。ジャガイモのほかニンジン、サツマイモにゴーヤ、雲仙茶、八斗木ネギなど、旬の地元野菜を使い、卵と牛乳も100%地元産。添加物不使用で素朴なやさしい味わいに、上品でおしゃれな包装も人気です。旅のお土産に喜ばれること間違いなしの一品です。

基本情報

旅館 松栄
■住所
 雲仙市国見町神代乙349
■電話番号
 0957-78-2719
※2020年4月現在の情報

No.10 からすみの切れ子

からすみは、ボラの卵巣を塩漬けにした後、天日で乾燥させたもの。年に一度の産卵期にしか収穫できないため、生産量が少なく、日本三大珍味のひとつにも数えられています。長崎名物として有名ですが、中でも野母崎半島や五島列島沖のボラの卵は最高級とされています。正規品は高額ですが、片腹のものや「切れ子」は比較的安価。市内の土産物店や空港でも、小さいものなら数百円から購入できます。味は普通のからすみと変わらないので、自宅用のお土産におすすめです。お酒のつまみやご飯のおともにぜひどうぞ。

No.11 クルス

1964年に誕生した長崎を代表する銘菓。小麦粉生地のせんべいにホワイトチョコレートをはさんだサクっと軽い食感に、隠し味の生姜が独特の風味を生んでいます。ポルトガル語で十字架を意味する「クルス」の名のとおり、せんべいのひとつひとつに十字架が刻まれ、キリシタン文化が残る町にふさわしい土産菓子となっています。グラバー園や軍艦島、長崎くんちなど長崎の名所やお祭りの写真をパッケージに使った、絵ハガキサイズの「景観クルス」もお土産に人気です。

基本情報

小浜食糧直営店・ボンパティ(チトセピア店)
■住所
 長崎市千歳町5番1号(千歳町電停より徒歩1分 )
■電話番号
 095-842-2182
※2020年4月現在の情報

No.12 桃カステラ

(イメージ)

(イメージ)

「桃カステラ」は、毎年桃の節句にあわせて作られる季節のお菓子。中国では古来、桃は不老長寿の象徴とされていますが、その桃と長崎名物のカステラを組み合わせて作られるようになったひな祭り用の縁起菓子です。桃をかたどったカステラ生地の上に桃らしい色をつけたフォンダン(糖蜜)をコーティングし、葉や枝の細工をのせて完成。かわいらしい見ためと濃厚な甘み、しっとりとした長崎カステラの組み合わせは絶妙です。カステラ店によって少しずつ異なる形や味を比べてみるのも楽しいですよ。値段は1つ700~800円くらい。春の訪れを感じさせてくれる美しいお土産をぜひどうぞ。


今回ご紹介した内容を参考に、ぜひみなさんも長崎県のお土産選びを楽しんでみてくださいね♪

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2020.07.31 国内旅行

異国情緒ただよう街・長崎の観光スポット10選

異国の文化を随所で目の当たりにできる長崎県。世界遺産に認定された軍艦島、中華街、世界新三大夜景、原爆…

2020.07.10 国内旅行

異国情緒あふれる長崎のご当地グルメ15選

ハウステンボスや中華街など異国情緒あふれる観光地、長崎。昔から出島を通じて国際交流が盛んだったため、…

2020.08.31 国内旅行

西郷隆盛も癒された!?霧島の温泉地12選

霧島には日常を忘れられるような絶景を楽しめる温泉がたくさんあります。妙見温泉は新川渓谷温泉郷の中心的…

2020.08.31 国内旅行

ソウルフードも高級食材も美味!福岡グルメ12選

九州の中でも、絶品グルメが有名な福岡。サバ定食をはじめ、ごぼう天うどんやとんこつラーメンなどさっと食…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!