老若男女に人気!伊勢エリアの観光スポット11選

更新日:2020年06月17日

(イメージ)

(イメージ)

伊勢観光といえば、全国でも別格とされる神社の最高峰、伊勢神宮。手水舎近くに流れる五十鈴川は、古くから参拝前に心身を清める場所。ここで洗い清めたて参拝した後は、おはらい町でお土産屋さんをのぞきましょう。

No.01 伊勢神宮

(イメージ)

(イメージ)

親しみをこめて「お伊勢さん」とも呼ばれる伊勢神宮は、1つの神社ではなく、大小さまざまな125社のお宮とお社の総称です。日本人の大御祖神である天照大御神をお祭りする内宮と、天照大御神の食事を司るほか、産業すべての守り神とされる豊受大御神をお祭りする外宮を主として構成されています。内宮の中心・皇大神宮は、3種の神器の1つ「八咫鏡(やたのかがみ)」をご神体として祭り、約2000年前から伊勢の地に鎮座する歴史ある社です。一方、外宮の中心・豊受大神宮では、毎日朝と夕の2回、天照大御神ら神々への食事を奉る神事が、約1500年間も続けられています。玉砂利が敷かれた境内は神聖な空気に満ちており、非日常を感じさせます。

基本情報

■住所
 内宮(皇大神宮)〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
 外宮(豊受大神宮)〒516-0042 三重県伊勢市豊川町279
■電話番号
 0596-24-1111(午前8時30分~午後4時30分)
■参拝時間(外宮・内宮・別宮)
 1月~4月・9月午前5時~午後6時、5月~8月午前5時~午後7時、10月~12月午前5時~午後5時 
■バスでのアクセス
 外宮:伊勢市駅(近鉄・JR)より約5分、伊勢二見鳥羽周遊バスCANばす「外宮前」下車すぐ
 内宮:外宮より約10分、伊勢二見鳥羽周遊バスCANばす「内宮前」下車すぐ 
■車でのアクセス
 外宮:伊勢自動車道「伊勢西IC」から約15分
 内宮:外宮から県道32号線経由で約10分
■駐車場
 あり(無料)
※2020年4月現在の情報

No.02 猿田彦神社

(イメージ)

(イメージ)

「猿田彦神社」は、日本神話における天孫降臨の際、道案内の先導役を務めたとされる猿田彦大神を祭っています。かつて果たしたその役目から、猿田彦大神は「みちひらきの神」として知られ、物事を進むべき良い方向に導いてくれると信じられているほか、家業繁栄や交通安全といったご利益があるとされています。境内には、芸事や縁結びの神・天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祭る「佐瑠女神社」や、みちひらきの神徳を示す八角形の石柱「方位石」、触ると金運上昇のご利益があるという「たから石」といった多数のパワースポットも。特に、新しく物事をはじめたり、何かに挑戦しようか悩んでいる方は、ぜひ訪ねておきたい神社です。

基本情報

■住所
 〒516-0026 三重県伊勢市宇治浦田2-1-10 
■電話番号
 0596-22-2554  
■バスでのアクセス
 三重交通バス 「猿田彦神社前」下車すぐ 
■駐車場
 あり(入庫30分は無料)
※2020年4月現在の情報

No.03 二見興玉神社

(イメージ)

(イメージ)

猿田彦大神を祭り、縁結びや夫婦円満、交通安全などにご利益がある「二見興玉神社」。神社といえば、狛犬や狐の像があるのが一般的ですが、この神社には猿田彦大神の神使(使いの動物)である、蛙の像が多数置かれています。これには「無事帰る」「お金が返る」などの意味も込められているそうです。境内の参道から近くに見える「夫婦岩」は、その名の通り、大小2つの岩がまるで夫婦のように寄り添っています。この岩は、天照大御神と海中にある霊石・興玉神石を拝むための鳥居の役目を果たしており、例年5月から7月の早朝には、ちょうど岩の間から太陽が昇る神秘的な光景を目にすることができます。

基本情報

■住所
 〒519-0602 三重県伊勢市二見町江575 
■電話番号
 0596-43-2020(午前9時~午後4時)
■参拝時間
 終日参拝可(変わる場合あり)
■バスでのアクセス
 三重交通バス「夫婦岩東口」下車後、徒歩約4~5分 
■車でのアクセス
 伊勢自動車道「伊勢IC」から約10分、または伊勢・二見・鳥羽ライン「二見JCT」から約3分 
■駐車場
 なし(近隣に駐車場あり)
※2020年4月現在の情報

No.04 おかげ横丁

(イメージ)

(イメージ)

「おかげ横丁」は、江戸時代から明治時代にかけての伊勢の町並みを再現したレトロな観光スポットで、伊勢神宮近くの通りを活気づけるべく1993年に開業しました。約4000坪の広大な敷地には、瓦屋根が特徴的な土産店や展示施設などが立ち並び、どの場所でも、伊勢の歴史や人々の人柄に深く触れることができます。もちろん、通りには名産品を存分に楽しめる飲食店も充実。伊勢を訪れたら1度は食べておきたいご当地グルメの「伊勢うどん」や、赤福の「赤福餅」はおかげ横丁にて味わうことができます。特に「赤福餅」は、その場で作りたてを味わえるのがおかげ横丁の赤福本店を含め数店舗のみなので、訪れた際はぜひ店内で食べてみましょう。

基本情報

■住所
 〒516-8558 伊勢市宇治中之切町52 
■電話番号(総合案内)
 0596-23-8838 
■営業時間
 1・2・11・12月:午前9時30分~午後5時、3~7・10月:午前9時30分~午後5時30分、8月・9月:午前9時30分~午後6時 
■バスでのアクセス
 三重交通バス「神宮会館前」下車すぐ 
■車でのアクセス
 伊勢自動車道を経由し、市営浦田駐車場から徒歩約400m(約5~6分) 
■駐車場
 なし(近隣に駐車場あり)
※2020年4月現在の情報

No.05 伊勢シーパラダイス

(イメージ)

(イメージ)

トドやセイウチ、ゴマフアザラシなどの生きものたちと柵なしでふれあえたり、日本で数頭しか飼育されていないツメナシカワウソとの握手コーナーがあったりと、珍しい体験ができる水族館。生きものたちの元気なパフォーマンスが楽しめるショーのほか、ペンギンの生活の様子を忠実に再現した「ペンギンの森」など、間近で体感できるアトラクションが充実しています。ふれあいを楽しんだあとは、館内ショップ「和」での買い物も忘れずに。限定商品はもちろん、伊勢志摩グッズも見逃せません。また、名物「かわうそくん焼き」も同ショップの屋台にて購入することができます。カワウソの顔をかたどったかわいらしいスイーツで、写真映えも間違いなしです!

基本情報

■住所
 〒519-0602 三重県伊勢市二見町江580 
■電話番号
 0596-42-1760 
■営業時間
 午前9時~午後5時(季節によって変動あり)  
■バスでのアクセス
 三重交通バス「夫婦岩東口」下車すぐ 
■車でのアクセス
 伊勢自動車道「伊勢IC」から約8分            
■駐車場
 あり(有料)
※2020年4月現在の情報

No.06 伊勢忍者キングダム

「伊勢忍者キングダム」は、安土桃山時代の城下町を忠実に再現したテーマパークです。「大忍者劇場」で迫力ある忍者のアクションショーを観たり、「山田奉行所」では名奉行・大岡越前の裁きを再現した芝居が楽しめたりと、多彩なエンターテインメントが体験できます。パーク内には全長1000mと西日本最大級の規模を誇るツリートレッキング「忍者森のアドベンチャー」があり、忍者になったような気分で森の中に張り巡らされたロープや丸太のアトラクションに挑戦できます。また、食事処「美食街」では熊野地鶏ラーメンや伊勢うどんなどのご当地グルメが堪能でき、大人も子どもも1日中娯楽を満喫できる場所となっています。

基本情報

■住所
 〒519-0603 三重県伊勢市二見町三津1201-1 
■電話番号
 0596-43-2300 
■営業時間
 午前9時~午後5時 
■バスでのアクセス
 伊勢二見鳥羽周遊バスCANばす「伊勢・安土桃山文化村」下車すぐ 
■車でのアクセス
 伊勢自動車道「伊勢IC」から約9分 
■駐車場
 あり(無料)
※2020年4月現在の情報

No.07 二見浦

(イメージ)

(イメージ)

伊勢湾に注ぐ五十鈴川の河口に形成された三角州状の地帯「二見浦」。二見の名は、かつて倭姫命(やまとひめのみこと)がこの場所を訪れた際、その情景の美しさに二度も振り返って見たという伝説に由来しています。二見浦は江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉などの句にも詠まれた伊勢の景勝地。2006年には国指定の名勝に選ばれ、現在は海水浴場としても人々に親しまれている場所です。海岸沿いの「夫婦岩表参道」は、かつて伊勢神宮への参拝者をもてなし賑わっていた通りで、今も土産店などが立ち並んでおり、当時の名残が感じられます。この通りは、リゾートホテルや旅館など、観光に便利な宿泊施設が密集しているので、ここを拠点に伊勢観光へ出かけてみてはいかがでしょうか。

基本情報

■電話番号
 0596₋42₋1111(伊勢市二見総合支所生活支援課)
■車でのアクセス
 伊勢自動車道「伊勢IC」を経由し、伊勢二見鳥羽ライン「二見IC」下車すぐ
■駐車場
 なし(近隣に駐車場あり)
※2020年4月現在の情報

No.08 鳥羽水族館

(イメージ)

(イメージ)

飼育している生きものは約1200種と国内最大級の飼育数を誇る「鳥羽水族館」。日本で唯一ジュゴンが見られる水族館です。広い館内は生きものの種類や生息環境により12のゾーンに分けられており、アシカショーやさまざまなクラゲが見られる「特別展示室」など見どころも多彩。中でもいち押しは「へんな生きもの研究所」です。世界最大のダンゴムシの仲間、ダイオウグソクムシなど、普段なかなか見ることができない珍しい生きものたちが集まっています。ひととおり館内を回ったら、伊勢名物の手こね寿司や伊勢うどんが楽しめるレストランにもぜひ立ち寄りましょう。

基本情報

■住所
 〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3₋3₋6 
■電話番号
 0599₋25₋2555 
■営業時間
 午前9時~午後5時(7月20日~8月31日は午前8時30分~午後5時30分) 
■バスでのアクセス
 伊勢二見鳥羽周遊バスCANばす「鳥羽水族館・ミキモト真珠島」下車すぐ 
■車でのアクセス
 伊勢自動車道「伊勢IC」を経由し、伊勢二見鳥羽ライン「鳥羽IC」下車すぐ 
■駐車場
 あり(有料)
※2020年4月現在の情報

No.09 英虞湾

(イメージ)

(イメージ)

志摩半島の南部に位置し、湾が入り組んでいるリアス式海岸の特徴をもつ「英虞湾」。日本で初めて真珠の養殖がおこなわれた場所で、現在も養殖業が盛んなことでも知られています。湾内には大小さまざまの島が点在しており、それらの島々が朝日や夕陽に照らされる様子は美しく、まさに絶景です。英虞湾では遊覧船によるクルーズが体験できるので、穏やかな波に揺られながら、自然と海のコントラストをじっくりとお楽しみいただけます。特に、帆船型の船舶・エスペランサでめぐる「賢島エスパーニャクルーズ」がおすすめ。遊覧の途中で「真珠モデル工場」に立ち寄り、養殖真珠の核入れ作業の実演を見学できます。

No.10 横山展望台

(イメージ)

(イメージ)

標高約200mに設置された「横山展望台」からは、英虞湾や海に浮かぶ真珠の養殖筏などが一望できます。展望台までの通路はゆったりとしたスロープで、スニーカーでも歩きやすいのが嬉しいポイントです。また、2018年には展望台内に2階建ての「天空カフェテラス」がオープン。2階の展望テラスから見る昼間の景観はもちろん、水墨画を思わせる夕暮れ時の英虞湾は息をのむ素晴らしさです。テラス1階のカフェ「ミラドール志摩」のメニューには、志摩市の名産・あおさで作った「あおさスコーンサンド」などの軽食や、同じく名産のしそを使った「志摩ソフトクリーム」があります。食事を楽しみつつ、ゆったりと景色を眺めて一息つくのはいかがでしょうか。

基本情報

■住所
 〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方875₋20 
■電話番号
 0599₋44₋0567 
■営業時間
 終日利用可(日暮れ後は照明がないため注意)  
■車でのアクセス
 伊勢自動車道「伊勢西IC」下車後、伊勢道路を経由し約40分 
■駐車場
 あり(無料)
※2020年4月現在の情報

No.11 パールロード

(イメージ)

(イメージ)

鳥羽市と志摩市を結ぶ海沿いのドライブウェイ「パールロード」。全長23.8㎞で、比較的見通しがよくまっすぐな道のりが続くので気持ちよく走り抜けることができ、ドライブやツーリング初心者にもおすすめのコースです。道の途中には、海抜163mの高台にあり、天候がよい日には富士山の方まで見渡せるという「鳥羽展望台」や、真っ赤な色が印象的なアーチ型の鉄橋「的矢湾大橋」など、フォトジェニックなスポットが多数点在しています。また、カキのシーズンを迎える冬から春にかけては、パールロードに沿って名産のカキ小屋や直売所が軒を連ねるのが風物詩となっています。美しい海の水平線や、両脇の山々に目を向けながら、爽快に伊勢志摩ドライブを楽しみましょう!


  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2020.08.31 国内旅行

古代の文化が息づく街・三重の観光スポット13選

三重といえば、今も昔も大勢の観光客が押し寄せる伊勢神宮。伊勢神宮を参拝するなら、江戸時代末期以降の町…

2020.05.29 国内旅行

牡蠣などの海の魅力が詰まってる!鳥羽観光15選

三重県の志摩半島にある鳥羽。古くから海とともに栄えてきた歴史ある場所で、今でも鳥羽水族館や神明神社な…

2019.09.27 国内旅行

伊勢神宮の門前町!伊勢のオススメ観光スポット10選

三重県の南東部に位置する伊勢市。伊勢神宮の門前町として古くから栄えたこのエリアには、伊勢神宮以外にも…

2020.08.31 国内旅行

古い町並みと壮大な山々・飛騨高山の観光スポット10選

江戸時代の城下町や商家町の景観が残され、多くの観光客が訪れる高山市。中橋や飛騨大乳洞や新穂高ロープウ…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!