【コロナ後現地状況・エジプト】<3月4日更新>随時更新

更新日:2021年03月04日

(イメージ)

(イメージ)

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事では、エジプト現地から仕入れた情報をお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選びにお役立ていただければ幸いです。

No.01 エジプトの新型コロナウイルス感染者数について

(イメージ)

(イメージ)

<3月4日更新>

【感染者数】183,591名
【死亡者数】10,778名

 エジプトで初めて感染者が確認されて間もなく1年が経ちます。当初は、外国人観光客において、感染が広がっていきました。
エジプトにおいては、5月~7月初旬までは、週計による1日の新規感染者数が平均1,000名ほど越えておりましたが、7月~10月の間は、1日の新規感染者数は平均200名以下に抑え込むことができていました。12月以降、増加傾向になり新規感染者数は週計1,000人を超えておりましたが、現在は新規感染者は週計1日平均:500~600人程になっています。

第1波の時点では、マスク着用する文化もなく、感染拡大しておりましたが、1月3日より、マスク着用義務違反の罰金が現場で即時徴収されるようになり、エジプト人もマスクをする習慣に変わってきております。

No.02 エジプト観光再開について

※入国時に提出が必要な申告書(イメージ)/現地手配会社提供

※入国時に提出が必要な申告書(イメージ)/現地手配会社提供

7月1日よりエジプト国内の全ての空港で国際航空便の発着が許可されました。
エジプト政府は、人々の安全を確保するために、観光施設などに個人防護具の備蓄を求め、条件を満たした施設のみに営業許可を出しています
入国に関しては、全外国籍(6歳未満は除く)の入国者に対して、フライト予定時刻前より72~96時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書の提出(※)と、入国時に申告書への記入が義務付けられていますが、隔離状態に置かれたりすることなく、エジプト国内に入国することができます。
入国時に提出が必要な申告書は、クラブツーリズムの添乗員が書き方をサポート致しますのでご安心ください。

※【9月17日~】日本の空港からの渡航者については、旅程及びトランジットが長時間となるため、フライト予定時刻前96時間以内の陰性証明が認められました

※3月4日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。また、日本入国時に各種事項への誓約書の提出が必要となります。加えて、エジプト出国予定時刻前72時間以内に検体を採取したCOVID-19の陰性証明の提出が必要となります(日本における緊急事態宣言解除宣言まで継続)
また、外務省の定める海外安全情報の感染危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。

No.03 観光再開エリア

カイロ考古学博物館(イメージ)

カイロ考古学博物館(イメージ)

9月1日より全エリアの観光地が受け入れを再開しています。(以下に一例)
【ギザ・カイロ】
・ギザのピラミッド
・カイロ考古学博物館
・イスラム芸術博物館
・コプト博物館
・モハメドアリモスク
【ルクソール】
・カルナック神殿
・ハトシェプスト女王葬祭殿
・王家の谷
・ルクソール博物館
・メムノンの巨像
【アスワン】
・イシス神殿
・ヌビア博物館
・アブシンベル神殿
【ハルガダ】
・ハルガダ博物館

ロシアからはリゾート地のハルガダ、フランスからはルクソールへのチャーター便の運航が始まり、観光客は少しずつ増えてきているものの、ギザのピラミッドにはラクダや物売りが少ない状況で、少し寂しい印象があります。

No.04 現在の観光地の様子(現地スタッフ撮影)

チケット売り場の様子(イメージ)/現地手配会社提供

チケット売り場の様子(イメージ)/現地手配会社提供

エジプトの観光地は、ヨーロッパの観光客が中心ですが再開されております。
10月に、ギザのピラミッドとエジプト考古学博物に行ってた様子をご覧ください。
ピラミッドのチケット売り場では、床にソーシャルディスタンスを保つための印が書いてありました。


入場前の検温(イメージ)/現地手配会社提供

入場前の検温(イメージ)/現地手配会社提供

消毒液もしっかりと設置され、入場前には検温も行っています。


入場前の消毒(イメージ)/現地手配会社提供

入場前の消毒(イメージ)/現地手配会社提供

エジプト考古学博物館でも入場時はしっかりと消毒しています。
館内も修繕されて、非常にきれいになっていました。


ご覧いただいたように、現地は、万全な対策のうえで観光を再開しています。

以前のような賑わいをいち早く取り戻し、また皆様に満喫していただけるよう、引き続き対策を行っていき、ツアーの準備を進めて参ります。

No.05 エジプト・ツアーの現状と今後

クラブツーリズムでは現状を鑑み、2021年5月31日出発までのエジプト旅行の催行中止を決定しました。ツアー発表時期は未定ですが、安全第一のため、情報発信を通しエジプトの現状を伝えていきたいと考えております。(3月4日現在)

ツアー再開までは、オンラインツアーでご旅行の準備運動を!

ツアー再開までに、クラブツーリズムでは、オンラインで様々な取り組みを行っております。エジプトについても、2月3日に「エジプト考古学博物館より生中継でオンラインツアー」を実施し、約230名様にご参加いただきました。特別な許可がないと撮影できない「ツタンカーメンの黄金のマスク」を始め、数々の展示品をご覧いただき、お客様より好評のご意見をいただきました。大好評につき、現在追加設定を検討しております。ご案内につきましてはブログもしくはクラブツーリズムのHPをご覧ください。3月からはエジプトの謎を紐解く「エジプト謎解きオンラインツアー」を実施いたしますので、是非、ご興味ある方は、ご参加ください!

No.06 お問い合わせ先

クラブツーリズム 海外旅行部 ヨーロッパ担当
【TEL】03-5323-6860
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。


クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
多数あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。


クラブツーリズムでは、ヨーロッパ方面の現地情報を随時投稿いたします。
最新情報を更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

またこの度、海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitterアカウントを始めました!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信していく予定です!ぜひフォローをお願いします。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2021.02.06 海外旅行

【コロナ後現地状況・北アフリカ】モロッコ・チュニジア<2月6日更新>

『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいて…

2021.02.06 海外旅行

【コロナ後現地状況・南アフリカ】南アフリカ・ザンビア・ジンバブエ・ボツワナ<2月6日更新>

『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいて…

2019.08.26 海外旅行

迷路だ砂漠だ渓谷だ!大冒険が待つモロッコ観光10選

ヨーロッパ、アフリカ、中近東が入り混じった、独特の色鮮やかな文化が花開いたサハラ西端の国モロッコ。古…

2021.03.04 海外旅行

【コロナ後現地状況・東地中海(エジプト・トルコ・ギリシャ)】<3月4日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!