<5月6日更新>【コロナ後現地状況・トルコ】随時更新

更新日:2021年05月06日

ボスポラス海峡(添乗員撮影・イメージ)

ボスポラス海峡(添乗員撮影・イメージ)

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事では、トルコ現地から仕入れた最新情報をたくさんの写真と共にお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選びにお役立ていただければ幸いです。

No.01 トルコの新型コロナウイルス感染者数について

<5月6日時点>

【感染者数】4,929,118名
【死亡者数】41,527名

 トルコで初めて感染者が確認されたのは、2020年3月20日。日本では同年1月10日に初の感染者が確認されていたので、日本よりも2カ月も長く感染者の封じ込めに成功していました。

 年末年始を境にゆるやかに感染者数は減少傾向となっておりましたが、4月に入り増加傾向が加速しておりましたが、下旬頃より徐々に減少傾向とあり、現在の1日あたりの感染者数は約25,000~30,000人となっております。

No.02 トルコ入国について

 感染拡大の現状を受け、トルコ外務省は、12月31日より、入国前72時間以内に行われた新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明を提出の義務付けを発表しました。
 また、直近10日以内にイギリス、デンマーク、南アフリカに渡航歴がある場合は陰性証明提示 に加え、7日間の隔離が必要となります。7日目にPCR検査を行い陰性だった場合隔離が終了しました 。
 5月6日現在、トルコでの飛行機乗継ぎに関しては、陰性証明書の提出は不要とのことですが、今後、急遽代わる場合もありますので、注意が必要です。また、3月15日からトルコへの渡航者は、搭乗前の過去72時間以内に、政府が指定する入国フォームに入力することが求められ、入力された内容は入国時に確認されます。

No.03 国内外出制限について

 感染拡大の現状を受け、トルコ内務省は、12月1日より新型コロナウイルス対策に関する決定を発表しました。
 感染リスクを「低い」「中」「高い」「非常に高い」の4グループに分類し、該当グループによって対策を分けて実施しています。
 ※以下の対応については、分類されている上記4グループにより対応が若干異なります。
・平日の19時から翌朝5時まで外出規制。(平日、65歳以上は10時から14時、18歳以下は14時から18時の間外出可能)
・週末の金曜日19時から月曜日5時まで外出規制。
・土曜日及び日曜日の10時から17時まで、日常生活に必要な食材や日用品の購入のため最寄りの店舗に車両を使わないことを条件に行くことが可能。(ただし、65歳以上及び18歳以下の方を除く)
・外出規制時間帯における自家用車を利用した都市間移動には、県庁などの許可が必要。
・また4月29日(木)19時から5月17日(月)5時まで、平日週末問わず、外出規制を実施する。

No.04 独自の新型コロナウイルス対策・「セーフ・ツーリズム認証」プログラムを実施

トルコでは政府が「セーフ・ツーリズム認証」プログラムを定め、実施されています。
政府が定めるウイルス対策の条件満たした航空会社や宿泊施設、交通機関、飲食施設にこのステッカーが付与されます。

「セーフ・ツーリズム認証」専用ステッカー(現地手配会社提供・イメージ)

「セーフ・ツーリズム認証」専用ステッカー(現地手配会社提供・イメージ)

このプログラムは、(1)旅行者の健康と安全(2)従業員の健康と安全(3)各施設における予防措置(4)輸送機関の予防措置の4つを主要な項目として設置・推進されています。

 簡単にまとめると、感染予防対策の評価基準を策定し、その基準を満たす「ホテル」「飲食施設」「車両」を認定するシステムです。その一部をご紹介します!

●ホテルやレストラン(ホテル内を含む)には消毒薬を備え付ける
●ホテルへの宿泊者には入口でサーマルカメラでのチェックや体温検査を行う
●レストラン(ホテル内レストランを含む)では、テーブル間は1.5メートル、椅子は60センチ以上の間隔をあける
●スタッフは状況に応じて、マスクや手袋を着用し、衛生についての適切なセミナーを受ける
●オープンビュッフェがある場合には、パーテーションを設け、レストランスタッフが取り分ける

左:カッパドキアのギョレメ野外博物館入口 右:レストラン・ホテルでの消毒の様子(いずれも現地手配会社提供・イメージ)

左:カッパドキアのギョレメ野外博物館入口 右:レストラン・ホテルでの消毒の様子(いずれも現地手配会社提供・イメージ)

No.05 イスタンブールの空港の安全対策は?

 イスタンブール空港のコロナ対策についてもご案内します!
 空港内では、乗客にはマスクの着用が義務付けられており、空港ターミナルビルに入場できるのは旅客のみとなっています。空港の出入口には「特別な消毒マット」が設置され、空港内には消毒液が置かれています。
 空港ではサーマルカメラや体温計を用いての体温測定が実施されています。帰国時にはPCR検査(有料)を受けることができ、陽性の場合には現地の病院へと搬送されます。また、飲食エリアや座席エリアは適切な距離を保って利用できるようになっており、こまめな消毒が実施されています。

No.06 まとめ

 現在渡航自体が難しい状況ではありますが、日本からの直行便も再開し、トルコ独自の感染対策が実施されるなど、現地の受け入れ態勢は万全です!
 最後に、弊社ツアーでも好評のイスタンブールのザ・リッツ・カールトンホテルからのメッセージと、トルコ政府が進めるセーフ・ツーリズムについて現地手配会社が作成した動画をご紹介します。

(イメージ)

No.07 おすすめの特集はこちら!

No.08 お問い合わせ先

クラブツーリズム 海外旅行部 ヨーロッパ担当
【TEL】03-5323-6860
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。


クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
多数あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。


海外に行けない今だからこそおうちで旅気分♪<オンラインツアー>

オンラインツアー・オンライン講座・説明会ならクラブツーリズム!あなたの新たな発見が見つかる、おうち時間で旅気分を味わおう!


クラブツーリズムでは、ヨーロッパ方面の現地情報を随時投稿いたします。
最新情報を更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

またこの度、海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitterアカウントを始めました!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信していく予定です!ぜひフォローをお願いします。

  • 掲載内容は記事公開時点のものです。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

注目旅行情報 関連記事

2021.05.11 海外旅行

【コロナ後現地状況・中欧4カ国】<5月11日更新> 

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

2021.05.11 海外旅行

【コロナ後現地状況 クロアチア・スロベニア】<5月11日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

2021.05.11 海外旅行

【コロナ後現地状況・ロシア】<5月11日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

2021.05.11 海外旅行

【コロナ後現地状況・ポーランド】<5月11日更新>

『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多く…

クラブツーリズムインターネット会員のご案内
  • 会員限定のサービスが充実
  • いつでもどこでも旅行検索ができる!
  • 季節ごと旬な旅行をいち早くお知らせ!