クラブツーリズム TOPあなたの行きたい桜名所グランプリ2015

投票総数103473票 あなたの行きたい!2015桜名所グランプリ最終結果発表! 大変多くの方にご参加をいただきまして、誠にありがとうございました。 投票総数103,473票という多数のご投票をいただきました。 皆様が2015年に行きたい桜名所のランキング上位を発表します!

最終結果発表!

1位

弘前公園(青森)

(イメージ)

品種はソメイヨシノを中心に、しだれ桜、八重桜など50品種以上、約2,600本もの桜が園内を埋め尽くします。「弘前城」は津軽藩代々の居城であり、約400年の歴史を刻む城下町・弘前市のシンボル的存在です。

今年がチャンス!この風景は今年でしばらく見納め!
弘前城門丸の石垣は崩落を防ぐ修理工事のために、2015年の桜シーズン終了後、天守閣を本丸の内側へ移動させます。そのため、左の写真のような、「天守閣」「朱塗りの橋」「桜」の競演とは、しばらくお別れです。
※工事終了は平成33年(予定)

2位

吉野山(奈良県)

(イメージ)

吉野のお山を染めあげる下・中・上・奥…三万本の桜の木

3位

高遠城址公園(長野県)

(イメージ)

天下第一!高遠の桜を見ずに桜を語るべからず!

4位

角館の桜(秋田県)

(イメージ)

みちの小京都・角館をいろどる400本のしだれ桜

5位

嵐山(京都府)

(イメージ)

ヤマザクラ、ソメイヨシノなど、その数は約1,500本にも及ぶ京都の桜名所

6位

兼六園(石川県)

(イメージ)

一春三度の衣替え。一度は見たい「兼六園菊桜」

7位

根尾谷の淡墨桜(岐阜県)

(イメージ)

歴史が語りかける…淡い墨色をひく日本三大桜へ…

8位

三春の滝桜(福島県)

(イメージ)

貫禄の「日本三大桜」! 樹齢千年…いにしえを知る名桜へ…

10位

大井川鉄道(静岡県)

写真提供:静岡県観光協会 (イメージ)

SL+桜 ノスタルジーな気分にひたりたくなったら大井川鐵道へ

北海道・東北 エリアの桜名所ランキング

(イメージ)

  • 弘前公園(青森県)

品種はソメイヨシノを中心に、しだれ桜、八重桜など50品種以上、約2,600本もの桜が園内を埋め尽くします。「弘前城」は津軽藩代々の居城であり、約400年の歴史を刻む城下町・弘前市のシンボル的存在です。

今年がチャンス!この風景は今年でしばらく見納め!
弘前城門丸の石垣は崩落を防ぐ修理工事のために、2015年の桜シーズン終了後、天守閣を本丸の内側へ移動させます。そのため、左の写真のような、「天守閣」「朱塗りの橋」「桜」の競演とは、しばらくお別れです。
※工事終了は平成33年(予定)

(イメージ)

  • 角館の桜(秋田県)

秋田の桜の名所としても名高い「角館の桜」。武家屋敷が並ぶ道の両側には多くのしだれ桜が咲き誇り、町内だけでその数400本。塀壁にしなだれるように咲くさまは、なんとも叙情的な風景をつくりだしています。しだれ桜の多くは京都から移植したものといわれ、京都・祇園のしだれ桜と同種であることも確認されています。

(イメージ)

  • 三春の滝桜(福島県)

三春の滝桜はエドヒガン系の紅しだれ桜で、大正11年10月12日、国の天然記念物の指定を受けた名木です。
日本を代表する桜の巨木で、樹齢は1,000年以上。樹高は13.5m、根回りは11.3mもある巨大な桜の木。近くから見た姿は、思わずためいきが出るような荘厳さです。

(イメージ)

  • 五稜郭公園(北海道)

函館戦争の舞台ともなった、星型☆の城跡が有名な「五稜郭」。
徳川幕府が造った日本最大の洋式城郭は、現在は公園として多くの人々の憩いの場となっています。

(イメージ)

  • まつまえ

    松前公園(北海道)

北海道の最南端に位置する「松前の桜」は、長く楽しむことができることで有名です。その理由として、「種類の多さ」があります。
松前公園には約250種類、本数にして1万本にも及ぶ桜の木が植えられており、それらの桜が1ヶ月かけて次々に開花していきます。

下の桜名所をクリックすると上の紹介記事が入れ替わります。桜名所はランキング順に並んでいます。

  • 1位

    弘前公園
    (青森)

    (イメージ)

  • 2位

    角館の桜
    (秋田県)

    (イメージ)

  • 3位

    三春の滝桜
    (福島県)

    (イメージ)

  • 4位

    五稜郭公園
    (北海道)

    (イメージ)

  • 5位

    松前公園
    (北海道)

    (イメージ)

関東エリアの桜名所ランキング

イメージ

  • 鎌倉(神奈川県)

鎌倉の桜名所である「段葛(だんかずら)」は鶴岡八幡宮の参道で、満開時には約400本の桜が参道を覆うトンネルのように咲くことで有名です。鶴岡八幡宮に近づくほど道幅が狭くなっており、遠近法によって、実際の距離より長く見える工夫がされている点も注目です。段葛は「日本の桜名所100」に選ばれています。

イメージ

  • 千鳥ヶ淵(東京都)

千鳥ヶ淵緑道と呼ばれる、皇居に隣接した700mほどの遊歩道に約260本の桜並木が広がっています。「千鳥が羽根を広げた形」のような緩やかにカーブした水面に映る桜並木の風景の美しさが特徴で、毎年行われる「千代田のさくらまつり」の時期には多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

イメージ

  • わたらせ渓谷(群馬県)

わたらせ渓谷鐵道のトロッコ列車に乗りながらにゆられながら、桜を楽しむことができます。車窓から見る桜は、一味も二味も違った特別な美しさが感じられます。

イメージ

  • 上野恩賜公園(東京都)

東京、日本を代表するお花見の名所といえば、上野恩賜公園です。お花見名所としては寛永年間(1624〜44)まで遡るほど歴史は古く、多くの日本人に親しまれてきました。約600本の桜が並び立つ広大な面積の公園は、美術館や動物園もあり、家族で楽しめるスポットです。

イメージ

  • 高尾山(東京都)

東京都心から近く、年間を通して多くの観光客や登山者が訪れる高尾山。相模湖方面へのハイキングコースの途中にある、小仏城山までの一丁平はシーズンになると、2kmにわたって約700本の山桜・ソメイヨシノに彩られます。

下の桜名所をクリックすると上の紹介記事が入れ替わります。桜名所はランキング順に並んでいます。

  • 1位

    鎌倉
    (神奈川県)

    イメージ

  • 2位

    千鳥ヶ淵
    (東京都)

    イメージ

  • 3位

    わたらせ渓谷
    (群馬県)

    イメージ

  • 4位

    上野恩賜公園
    (東京都)

    イメージ

  • 5位

    高尾山
    (東京都)

    イメージ

甲信越・北陸 エリアの桜名所ランキング

(イメージ)

  • 高遠城址公園(長野県)

「天下第一のコヒガンザクラ」として知られる桜の名所「高遠城」は、わずかに城の遺構や石垣が残るだけで、天守閣などは残っていません。

(イメージ)

  • 兼六園(石川県)

兼六園の桜といえば「兼六園菊桜」。菊桜は約300もの花弁を付け、開花から落花するまでに花の色を3回変えます。
兼六園菊桜以外にも、ヤマザクラの大木、アサヒザクラ(旭桜)、ケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷)ほか、サトザクラ、ヒガンザクラ、ソメイヨシノなど多種多様な約420本の桜が園内を彩ります。

  • みのぶさんくおんじ

    身延山久遠寺(山梨県)

身延山久遠寺周辺は、日本さくらの名所100選に選ばれた全国有数の桜の名所。
境内には樹齢400年を超えるしだれ桜が2本あり、1本は祖師堂の前を彩るように咲き誇り、もう1本は来客殿の前で大きな枝を支えながら満開の花を咲かせます。

(イメージ)

  • 松本城(長野県)

国宝に指定されている名城・松本城。城の内堀と外堀を囲むように、約300本の桜が植えられ、春にはピンク色に染まる花吹雪と、別名「カラス城」とも呼ばれる黒塗り天守閣のコントラストは絶景です。
夜には松本城がライトアップされ、情緒あふれる夜桜見物に多くの人が訪れます。

写真提供:石川県観光連盟

  • 金沢城址公園(石川県)

兼六園に隣接する金沢城公園。圧巻の石川門や石垣と桜のコラボレーションは見事です。

下の桜名所をクリックすると上の紹介記事が入れ替わります。桜名所はランキング順に並んでいます。

  • 1位

    高遠城址公園
    (長野県)

    (イメージ)

  • 2位

    兼六園
    (石川県)

    (イメージ)

  • 3位

    身延山久遠寺
    (山梨県)

    (イメージ)

  • 4位

    松本城
    (長野県)

    (イメージ)

  • 5位

    金沢城址公園
    (石川県)

    写真提供:石川県観光連盟

中部・東海エリアの桜名所ランキング

(イメージ)

  • ねおだにのうすずみざくら

    根尾谷の淡墨桜(岐阜県)

日本を代表する桜の巨木「淡墨桜(うすずみざくら)」があることで知られている根尾谷。高さ約16m、幹囲約10mにもおよぶヒガンザクラの古木であり、国指定の天然記念物「日本三大桜」のひとつでもあります。
樹齢は推定1,500余年。継体天皇お手植えと伝えられています。

写真提供:静岡県観光協会 (イメージ)

  • 大井川鉄道(静岡県)

静岡県の中央部を南北に走る私鉄・大井川鐵道。春になると沿線の桜も咲き、『SL車両+満開の桜』という組み合わせを撮るために、多くのカメラマンも訪れます。
沿線全体にの〜んびりとした空気が流れ、トレッキングも楽しむことができる寸又峡や寸又峡温泉があり、「いやし」を求めて訪れる人も少なくありません。

(イメージ)

  • 岡崎城・岡崎公園(愛知県)

城内は、歴史資料館として市民に開放され、春になると約1,700本のソメイヨシノが枝を広げます。夜桜ライトアップも美しく、ぼんぼりに白亜の天守閣が映し出される風景はとても幻想的です。

(イメージ)

  • 日本平(静岡県)

日本平はいわずと知れた、「富士山眺望」のベストスポット!
一帯は、県立自然公園指定の丘陵地(標高307m)で、四季折々の自然を楽しむことができます。
桜の時期ともなると、山頂だけでなく、日本平山頂と静岡市街を結ぶ道路(パークウェイ)にもサクラが咲き誇ります。

(イメージ)

  • 名古屋城(愛知県)

桜の名所でもある名古屋城には、ソメイヨシノ、シダレザクラ、サトザクラ、ヤマザクラ、珍しいところではギョイコウなど、約1,600本の桜があります。3月下旬ころから次々に見ごろを迎え、城全体を埋め尽くすように咲き誇ります。

下の桜名所をクリックすると上の紹介記事が入れ替わります。桜名所はランキング順に並んでいます。

  • 1位

    根尾谷の淡墨桜
    (岐阜県)

    (イメージ)

  • 2位

    大井川鉄道
    (静岡県)

    写真提供:静岡県観光協会 (イメージ)

  • 3位

    岡崎城・岡崎公園
    (愛知県)

    (イメージ)

  • 4位

    日本平
    (静岡県)

    (イメージ)

  • 5位

    名古屋城
    (愛知県)

    (イメージ)

近畿エリアの桜名所ランキング

(イメージ)

  • 吉野山(奈良県)

吉野山の桜の歴史は深く、今から1,300年前、吉野山山上に金峯山寺(きんぷせんじ)を開いた際、蔵王権現の姿をヤマザクラの木に刻んだことから「ご神木」として大切にされるようになりました。
その後、信者たちが「寄進」した桜の苗木が、今の吉野山を約3万本もの桜の名所へとつくりあげたのです。

(イメージ)

  • 嵐山(京都府)

嵐山には後嵯峨上皇が亀山殿を造営する際に吉野から移植したといわれる桜の木が多く残されています。
現在では、ヤマザクラ、ソメイヨシノなど、その数は約1,500本にも及ぶ京都の桜名所のひとつです。

(イメージ)

  • 京都市内(京都府)

京都に春が訪れると、街中が爆発的なピンク色に染まっていきます。有名な寺社だけではなく、無名な寺、学校の校庭、小さな公園や古い民家の庭、川沿いの道、路地を曲がったところ、どこにでも桜があふれています。

(イメージ)

  • 造幣局本局(大阪府)

ギリギリまで公開日がわからないことで有名な「造幣局桜の通り抜け」。大阪だけでなく関西を代表するお花見スポットのひとつでもある「大阪造幣局」は、1871年(明治4)貨幣鋳造所として日本初の近代設備を整え開設されました。大川寄り南門から北門にかけての通り抜け通路は約 560mにも及ぶ見事な桜並木で、約120種類もの桜を愛でることができます。

(イメージ)

  • 竹田城跡(兵庫県)

「天空の城」「虎臥城」として知られる、壮大な石垣が連なる山城跡「竹田城跡」。竹田城跡は嘉吉年間(1441〜43年)に、但馬の守護大名・山名宗全が基礎を築いたとされています。太田垣氏が5代にわたって城主となりましたが豊臣秀吉により1580年に落城。最後の城主となった赤松広秀が今に残る石積みの城郭を整備したといわれています。完存する石垣遺構としては全国屈指ともいわれ、桜の咲く春になれば、標高353.7mの天空の花園が広がります。

下の桜名所をクリックすると上の紹介記事が入れ替わります。桜名所はランキング順に並んでいます。

  • 1位

    吉野山
    (奈良県)

    (イメージ)

  • 2位

    嵐山
    (京都府)

    (イメージ)

  • 3位

    京都市内
    (京都府)

    (イメージ)

  • 4位

    造幣局本局
    (大阪府)

    (イメージ)

  • 5位

    竹田城跡
    (兵庫県)

    (イメージ)

中国・四国・九州エリアの桜名所ランキング

(イメージ)

  • 熊本城(熊本県)

日本三名城のひとつといわれている「熊本城」は、九州屈指の桜の名所でもあります。
加藤清正によって1601年(慶長6)から7年の歳月を費やして築城された、お城ファンからの大変人気の高い名城です。
熊本城の桜は、1955〜75年(昭和30〜50)頃に植栽されたものが多く、春には天守閣を彩ります。

お客様提供写真:ペンネーム・ハルさんの作品

  • 錦帯橋(山口県)

日本三名橋の一つと言われる名勝「錦帯橋」。日本さくらの名所100選にも選ばれており、錦川沿いのソメイヨシノや吉香公園の桜など錦帯橋一帯がピンクに染まり、見応えがあります。

(イメージ)

  • 後楽園(岡山県)

後楽園は兼六園・偕楽園と並ぶ日本三名園のひとつで、1700年(元禄13)に築庭された江戸初期を代表する林泉回遊式の大名庭園です。庭園の6分の1を占める芝の新芽が出始める4月上旬、ソメイヨシノを中心に約280本の桜が春本番を告げ、園内は一気に春色に染まっていきます。

(イメージ)

  • りつりんこうえん

    栗林公園(香川県)

栗林公園は、国の特別名勝にも指定されている「回遊式大名庭園」。ソメイヨシノを中心に約330本の桜があり、県下屈指の花見どころでもあるこの公園は「桜と松」の調和が美しいことでも有名です。

(イメージ)

  • 松山城(愛媛県)

松山城は、松山市の中心部である標高132mの城山(勝山)山頂に本丸があり、裾野に二之丸・三之丸がある広大な平山城です。堀之内を含む城山公園全体が国の史跡となっており、「日本さくら名所100選」「日本の歴 史公園100選」の指定も受けている愛媛県内屈指のお花見スポットです。

下の桜名所をクリックすると上の紹介記事が入れ替わります。桜名所はランキング順に並んでいます。

  • 1位

    熊本城
    (熊本県)

    (イメージ)

  • 2位

    錦帯橋
    (山口県)

    お客様提供写真:ペンネーム・ハルさんの作品

  • 3位

    後楽園
    (岡山県)

    (イメージ)

  • 4位

    栗林公園
    (香川県)

    (イメージ)

  • 5位

    松山城
    (愛媛県)

    (イメージ)

あなたの行きたい桜名所グランプリ2015結果発表。クラブツーリズムがおすすめする桜名所から、お客様投票で選ばれた「2015年に行きたい桜名所」のランキングです。人気桜名所へのツアーも豊富に取りそろえております。

▲あなたの行きたい桜名所グランプリ2015の先頭へ

決定