クルーズ旅行・ツアーなら、クラブツーリズム!クラブツーリズム TOPクルーズ航海日誌ヨーロッパクルーズの添乗員日誌

  • クルーズTOP
  • 初めてのクルーズ
  • 客船のご案内
  • 寄港地を探す
  • 特集を探す
  • よくあるご質問
  • 説明会

クルーズ航海日誌

Vol.1 ハワイVol.2 カリブ海Vol.3 アラスカVol.4 ヨーロッパVol.5 バルト海・北欧Vol.6 カナリア

Vol,4 エーゲ海・アドリア海クルーズ航海日誌

Ship Log

ヨーロッパクルーズ担当 田村裕
春から夏にかけてエーゲ海・アドリア海はベストシーズン!
皆様こんにちは。2014年9月にエーゲ海・アドリア海の添乗に行って参りました。エーゲ海・アドリア海は日本と同じく四季があり、また観光資源が豊富で美しい島々や、珠玉の世界遺産をお楽しみ頂けます。クルーズ初めての方にもお楽しみ頂ける様、添乗員同行・寄港地観光つきでご案内します。この機会に是非、華やかなエーゲ海・アドリア海へお出かけください。

※本コースは過去に実施したもので、ツアーの例としてご紹介いたします。

1日目:イタリア・ベニスへ

成田空港よりヨーロッパ内乗継便にてイタリアのベニスへ。
明日からのクルーズ旅行に向けてゆっくりお休みください。

このページの先頭へ

2日目:水の都 ベニスより出港!

画像はイメージです

ホテルで朝食を取ってから専用車でベニス港を目指します。到着後、早速今回のクルーズ客船「コスタ・ファシノーザ」に乗船です。
「コスタ・ファシノーザ」はカジュアルクラスのイタリア船。明るく陽気なスタッフが乗客を迎えます。そして出港時には世界3大美港と名高いベニスの街並みの絶景をご覧頂けます!!船の上からみるベニスの街は、展望台の上から街をのぞむように見えます。
7泊8日のエーゲ海・アドリア海クルーズの始まりです!

このページの先頭へ

3日目:南イタリアの商業都市 バーリ

画像はイメージです

午後、早速南イタリア第2の都市、バーリに寄港します。
おとぎの世界のような可愛らしい街並みが続く世界遺産アルベロベッロへご案内。三角のとんがり屋根の建物が並んでいます。岐阜県の世界遺産・白川郷との姉妹都市としても知られています。
この地域にしか見られない石灰の壁に石を積み上げた屋根の作りは大変独特で、街中を見て歩くだけでも楽しめます。

このページの先頭へ

4日目:イオニア海に面した港町 コルフ島

画像はイメージです

コルフ島では2007年に世界遺産に登録された旧市街やオーストリアの名家ハプスブルク家王妃エリザベートの夏の離宮アヒリオン宮殿へご案内します。高台の庭園から眺めるイオニア海は青くとても美しい景色でした!ハチミツや柑橘系のリキュールがお土産としてお勧めです。
世界遺産の旧市街の近くを船が通るので、入出港シーンは必見です。

このページの先頭へ

5日目:エーゲ海の真珠 ミコノス島

画像はイメージです

夕方に小型船に乗り換えて上陸し、23時の出港まで自由行動♪綺麗な街並みで思い思いにお過ごし下さい。日が沈む夕方は、真白な街が赤く染まり、とても美しい景色です。島の象徴「カトミリの風車」や「ボニの丘」から見る夕日は絶景でした。夕食は地元で取れたシーフードを召し上がってみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ

6日目:世界を代表する絶景が広がる サントリーニ島

画像はイメージです

港に到着後、ロープウェーに乗って岸壁の上にあるフィラの街へ。そこからバスに乗って三日月形の島の端に位置するイアの町に移動します!絵葉書の様な風景を是非ご自身の目でご堪能ください♪

このページの先頭へ

7日目:旅の一息 終日航海

本日は終日航海。船内で行われる様々なイベントに参加しました。私も朝早起きしてヨガ教室に行ってきました。「洋上の動くホテル」とも呼ばれる空間でごゆっくりおくつろぎください。

このページの先頭へ

8日目:アドリア海の真珠 ドゥブロブニク

画像はイメージです

オレンジ色の屋根が続く街並みが印象的なクロアチアの世界遺産ドゥブロブニクの旧市街へ訪れました。
1991年に旧ユーゴスラビアの紛争により約2000発の爆撃を受けた街ですが、急速な復興を遂げ、今では人気の観光地です。自由時間には旧市街を囲う城壁を歩くこともできます(有料)。旧市街やアドリア 海をの素晴らしい景色をご覧ください。

このページの先頭へ

9日目:ベニスにて下船

画像はイメージです

7泊8日のクルーズもいよいよ終わりを迎えます。
名残惜しくも下船し、水の都ベニス本島にて自由行動をお楽しみ頂きます。ナポレオンが、「ヨーロッパで最も美しい」と称したベニスの中心地サンマルコ広場周辺にてベネチアングラスの工房を覗いたり、一度は乗ってみたいゴンドラ遊覧(有料)を体験できます。サンマルコ広場〜リアルト周辺は、老舗カフェや高級ショップでのお買い物も楽しめる場所です!

このページの先頭へ

10・11日目:乗継便にて帰国の途へ

楽しかったクルーズの思い出を抱き日本へと帰国します。

このページの先頭へ

ヨーロッパクルーズ特集はこちら

クルーズ旅行・ツアーなら、クラブツーリズム!ヨーロッパクルーズの添乗員日記を紹介しています。ツアーの検索・ご予約も簡単です。

▲ヨーロッパクルーズの添乗員日記 航海日誌 クルーズの旅の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員