奥の細道を訪ねて(ツアー)特集 奥の細道を訪ねて(ツアー)特集

「奥の細道を訪ねて」のツアーについて

元禄2年(1689年)、松尾芭蕉が門人・曾良と共に江戸・深川から出発し東北、北陸を経て大垣に至るまでの156日間。
約600里(約2,400キロ)に及ぶ芭蕉と曾良の壮大な旅の足跡をたどります。

  • MAP

同行講師より

イメージ

「奥の細道」専属講師の1人

大橋洋子講師

先人が残してくれた多くの文化遺産や、芭蕉が生きた時代から変わらない素晴らしい自然を感じることができます。芭蕉の旅を追体験しながら芭蕉の気持ちになって俳句を詠むなど、自分なりの楽しみ方を見つけるのも魅力のひとつですね。
ご自身のアンテナを意識してツアーに参加されると、よりいっそう「奥の細道の旅」が味わい深くなりますよ。

魅力のポイント

その1
歴史講師同行で楽しく学びながら旅を楽しめます

(イメージ)

その2
毎回オリジナル資料を配布します

(イメージ)

その3
講師の説明もよく聞こえるガイディングレシーバーをご用意

(イメージ)

その4
ツアーだから行きにくい場所も効率的にまわります

(イメージ)

その5
最終回では西村家で奥の細道の原本をご覧いただけます ※個人の所有物のため都合によりご覧頂けない場合もございます

(イメージ)

その6
参加者にはオリジナル記録帳を贈呈!全15回すべてめぐった方には記念品と認定証をプレゼント

(イメージ)

ツアーを探す

奥の細道を訪ねる旅

全15回シリーズ

第1回
旅の第一歩松尾芭蕉ゆかりの深川
第2回(日帰り)
千住から大神神社まで
第3回(日帰り)
鹿沼より日光まで
第4回(1泊2日)
芭蕉の里より遊行柳の芦野里まで

【準備中】

第5回(1泊2日)
みちのくの玄関口 白河より須賀川まで

【準備中】

第6回(1泊2日)
鬼婆伝説の残る黒塚より国見まで

【準備中】

第7回(2泊3日)
奥州白石より歌枕の多い多賀城まで

【準備中】

第8回(2泊3日)
陸奥の国・塩釜より松島・登米まで

【準備中】

第9回(2泊3日)
藤原の栄華 平泉より出羽路

【準備中】

第10回(2泊3日)
大石田より三大霊場 湯殿山まで

【準備中】

第11回(2泊3日)
幻の景勝地・象潟から村上まで

【準備中】

第12回(1泊2日)
越後路を通り出雲崎へ新潟より柏崎まで

【準備中】

第13回(2泊3日)
源平合戦の舞台 難所 倶利伽羅峠へ

【準備中】

第14回(2泊3日)
加賀百万石の城下町 金沢より福井まで

【準備中】

最終回(2泊3日)
敦賀からの結びの地 大垣まで

その他の松尾芭蕉の足跡を訪ねる旅

▲奥の細道を訪ねて(ツアー)の先頭へ

決定