おすすめポイント

北に小仙丈ヶ岳、南に大仙丈ヶ岳を従え、「ゆったりとしたスカイライン」を引く山。稜線を際立たせる3つのカール(圏谷)が山容の美しさをさらに増幅している。夏にはシナノナデシコやチングルマ、シャクナゲなど高山植物が豊かに咲き、登ってくる人を迎えてくれる。登山ルートは、南アルプス市から伊那高遠に抜ける南アルプス林道で北沢峠まで行き、峠から小仙丈ヶ岳の尾根を行くのが標準的。

大きな地図で見る

※この地図は「仙丈ヶ岳」を示しております

登山コラム

イメージ

【仙丈ヶ岳が山頂部に擁する3つのカール】

高山植物が豊富な山として知られる仙丈ヶ岳は、氷河の浸食によってできたカールといわれる半円形の窪地を山頂部に3つ擁している。それが、「小仙丈沢カール」、「薮沢カール」、「大仙丈沢カール」。小仙丈ヶ岳のピークから一望できるのは小仙丈沢カール。大仙丈沢カールは、仙塩尾根から間近に望める。薮沢カールの底には仙丈小屋が建ち、山頂までの登山道では季節の花々が見られる。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲仙丈ヶ岳【せんじょうがたけ】長野県・山梨県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定