三陸ツアー・旅行 三陸ツアー・旅行

三陸の魅力

リアス式海岸と呼ばれる地形を持つ三陸は、その特徴として切り立つ岸壁と、豊富な海の幸が知られます。
海岸線が織り成す美しい自然を船や列車から眺めたり、海岸線に沈む夕陽に心を震わせたり。
そうした絶景ポイントだけではなく、三陸には震災を乗り越えた人々のたくましく温かい笑顔に溢れています。

三陸MAP・人気観光スポット・乗り物

2019年3月23日(土)「三陸鉄道リアス線」が全線開通!

イメージ

6月1日、宮古駅前広場で開催されたセレモニーの様子

2019年3月23日(土)、JR山田線が三陸鉄道に経営移管され、久慈駅〜盛駅まで1本に繋がり、「三陸鉄道リアス線」として運行が開始されます。クラブツーリズムでは全線開通を記念して、移管される新線区間を、全線走破する旅や、貸切列車など、三陸鉄道に乗る旅を多数予定しています。
復興の夢を乗せてつながる新しい鉄道の旅、そして海岸線の絶景や多彩な海の幸など、魅力いっぱいの三陸へぜひお出かけください。

イメージ

三陸鉄道の車両前にて

2019年3月23日、盛駅(大船渡市)から久慈駅までの163kmが、三陸鉄道リアス線として一つにつながります!皆様のご乗車お待ちしております。

三陸鉄道
中村一郎 代表取締役社長

人気観光スポット

三陸鉄道リアス線

イメージ

(イメージ)

久慈〜盛を結ぶ鉄道。海岸沿いを行く列車は、震災後復興を遂げ、今も地域と共に歩んでいる。リアス式海岸という立地上、トンネルが多いが、駅の近くなどで見られる海の眺めは素晴らしい。北リアス線普代駅の先でトンネルを抜けた辺りが三陸鉄道一番のビューポイント。久慈から釜石まで、多様な表情をもつ陸中海岸はどこをとっても美しい。海の絶景が180度広がる。観光客にも人気が高く、お座敷列車やレトロ列車など車両の種類も豊富に楽しめる。

ツアーを探す

イメージ

三陸鉄道旅客サービス部
旅客サービス課長 赤沼 喜典さん

平素は、三陸鉄道をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。あの震災から、早5年。皆様方からは、多大なるご支援を頂き、当地域も少しずつではありますが、復興の姿が見え始めております。また、被害の大きかった、三陸鉄道島越駅の再建も、来訪された皆様のお力で、完成間近となって来ました。これから三陸は、春の芽吹きと共に、素晴らしい景観をお見せ出来る時期となります。もう少しの間だけ、皆様方の来訪によるお力で、当地域をお助け下さい。社員一同、心からお待ち致します。

北山崎

イメージ

(イメージ)

まさに息を呑む美しさ。三陸復興国立公園の北方に位置し、高さ200m前後の断崖絶壁に、太平洋の荒波洗う奇岩怪岩、大小さまざまな海蝕洞窟と、ダイナミックな海岸線が約8kmに渡り続く。展望台から望むその姿は、さながら一服の絵画のよう。晴天時はもちろんのこと、断崖の端が靄に隠れる雨天時の姿もまた一興。展望台から断崖直下の波打ち際まで続く736段の階段もあり、汗を流してこそ得る絶景を独り占めすることもできる。通称海のアルプスと呼ばれ、その景観の美しさは三陸でも随一。迫力と優美さを兼ね備えた絶景を楽しめる。

ツアーを探す

龍泉洞

イメージ

(イメージ)

わが国有数の大石灰洞で、「龍河洞」に対し「龍泉洞」と命名され「秋芳洞」とともに日本三大鐘乳洞と呼ばれている。岩泉駅の北約2キロの宇霊羅山中に広がる鍾乳洞。いくつもの支洞が上下、左右に交差し、全体として約2.5キロにおよぶ。湧水が豊富なことで知られており、透明な地下水が瀬となって流れ、ところによっては深い淵をなしている。特に推定透明度41.5メートルの地底湖は神秘的なエメラルド色の水をたたえ、その美しさは圧巻。また、洞内にはウサギコウモリなどの生物が生息している。

ツアーを探す

浄土ヶ浜・浄土ヶ浜遊覧船

イメージ

(イメージ)

宮古駅の北東約3.5キロにあり、霊鏡和尚が「さながら極楽浄土のごとし」と賛美して名づけられた。アカマツの緑を頂きにのせた真っ白な岩塊が鋸の歯のように並んでいる景観は陸中海岸第一の絶景とたたえられている。浄土ヶ浜島めぐり観光船からは、高さ40メートル、幅7メートルのローソク岩や、波が押し寄せるたびに海水を噴きあげる潮吹き穴などが眺望できる。浄土ヶ浜は国の名勝に指定され、三陸海岸を代表する景勝地の1つ。松の緑と岩肌の白、海の群青とのコントラストはまさに一見の価値あり。

ツアーを探す

イメージ

みやこ浄土ヶ浜遊覧船
マリンガイド 横山 葵さん

こんにちは!新卒の新人ガイドとして、25年ぶりに浄土ヶ浜遊覧船に入社した横山葵と申します。三陸の風景として浮かぶ景色…白い岩肌に緑の松のコントラストが美しい国の名勝『浄土ヶ浜』をイメージする方も多いかと思います。その浄土ヶ浜を出航し、国の天然記念物や災害にも負けない海岸美を満喫する船旅へご案内します。出航と同時に、かわいいウミネコが群れ飛び、餌付けもお楽しみいただけます。皆様に船上でお会いできることを楽しみにしています。

その他の観光スポット

奇跡の一本松

イメージ

【撮影者:陸前高田市佐々木様】(イメージ)

奇跡の一本松は、陸前高田市の高田松原跡地に立つ松の木のモニュメントである。広田湾に面した高田松原は350年にわたって植林されてきた約7万本の松の木が茂る景勝地だったが震災による津波の直撃を受け、ほとんどの松の木がなぎ倒されて壊滅した。しかし一本の木が津波に耐えて、立ったままの状態で残ったことから「奇跡の一本松」や「希望の松」などと呼ばれるようになった。

ツアーを探す

碁石海岸

イメージ

(イメージ)

大船渡湾に突出した末崎半島の先端一帯が碁石海岸。陸中海岸を代表する景勝地で、延長12キロにもおよぶ海岸線には無数の小島や断崖、洞窟、洞門が複雑に入り組んでおり、壮大な海のパノラマを作っている。碁石岬から穴通磯まで4キロの自然探勝路が造られ、一大海触景観美を堪能できる。見どころに、3つの穴がぽっかりあいた穴通磯がある。岩や島、洞穴が織り成す荒々しさと、潮風にそよぐ松林の静寂さが調和した絶景の地は、長い時間が作り上げた天然の美しさ。

ツアーを探す

久慈琥珀博物館

イメージ

(イメージ)

久慈は琥珀の産出量国内一。琥珀は太古に繁茂した樹木の樹脂の化石で、美しさゆえ古くから宝石として交易された歴史をもつ。近年では、映画『ジュラシック・パーク』によって、一躍人々の関心の的になった。ここ久慈地方産の琥珀は、中生代白亜紀後期というまさに恐竜時代に属するもの。最近では、この琥珀中からも昆虫化石が相次いで発見され、古生物学はじめ遺伝子工学の研究者らの注目を集めている。久慈琥珀博物館では、太古の失われた世界を包み込んだ“タイムカプセル”ともいえる貴重な琥珀の全てを一堂にご覧頂け、奥深い琥珀の魅力を体感できる。

小袖海岸

イメージ

(イメージ)

小袖海岸は断崖と赤銅色の岩礁の海岸。朝の連続テレビ小説でも有名になった「北限の海女」日本の「北限の海女」がいることで有名。今でも小袖には「かつぎ」と言われる素潜り漁法が残されている。波立つ岩場の間に絣を着て潜る姿は大迫力だ。海女センターでは7月〜9月の間、海女さんの素もぐりの実演を見ることができる。

イメージ

久慈広域観光協議会
観光コーディネーター 貫牛 利一さん

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台でも有名な久慈は、三陸復興国立公園の北部に位置し、「北限の海女」や日本最大の産出を誇る「琥珀」のまちです。山や海の幸にも恵まれ、ウニやアワビなど世界三大漁場の一つでもある三陸漁場からとれた活きのいい鮮魚や短角牛、郷土料理の「まめぶ」などが楽しめます。皆々様のご来久をお待ち申し上げております。

机浜番屋群

イメージ

(イメージ)

古くから漁業が盛んだった田野畑に作られた番屋群。断崖の上に暮らす漁民が、浜での作業を少しでも効率的に行えるように番屋という漁師小屋の文化が生まれた。断崖と海と陸という自然条件と人とが共存する、独特の文化として、各方面から注目を集めている。東日本大震災により流されてしまったが、現在は再建され今も海と共に生きる伝統の営みを後世に伝えている。

島越駅舎

イメージ

(イメージ)

宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」に出てくる、火山島の名前にちなんだ「カルボナード島越」という名前とメルヘンチックな外観の駅舎が人気でしたが、2011年の東日本大震災による津波で跡形もなく流出。その後、2014年にクラブツーリズムのきずなプロジェクトに賛同したお客様もあり再建された。八角形の塔屋など、流出した旧駅舎の面影を残し復興のシンボルとして再び人気を集めている。生まれ変わった島越駅に三陸鉄道が発着し、今も変わらず人々の思いを運んでいる。

田老

イメージ

(イメージ)

リアス式海岸の湾の奥に位置し、幾度も津波の被害を受けているため、総延長2.5kmにも及ぶ高さ10mの防潮堤を建設するなど、津波に対して強い街づくりを進めていた。しかし、2011年の東日本大震災では、その防潮堤を超える津波が発生し、多くの被害が出た。その教訓から現在では、「学ぶ防災」という取組みを行い、防潮堤からの案内のほか、震災遺稿に指定された「たろう観光ホテル」に移動してマスコミ非公開の映像を上映しながら案内をし、震災被害の状況や防災への備えを後世に伝えている。

世界遺産・橋野鉄鋼山

イメージ

(イメージ)

釜石市の北西部に立地する橋野鉄鋼山は、幕末から明治期にかけて日本の産業化の先駆けとなった重工業分野(製鉄・製鋼・造船・石炭産業)における産業遺産群「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、2015年にユネスコ世界遺産に登録された。遺跡周辺は、鉄鉱石採掘場と運搬路、製鉄の要の高炉、水車を利用した送風装置であるフイゴ場など、製鉄の工程を復元している。遺跡見学の前に、「鉄の歴史館」に足を運び、鉄の歴史を学ぶのがおすすめ。大島高任をはじめ先人たちの業績や鉄と釜石のかかわりを模型や資料など、テーマごとに展示紹介している。

南三陸温泉・ホテル観洋

イメージ

(イメージ)

三陸・志津川湾を見下ろすように立地する「南三陸ホテル観洋」。南三陸温泉は地下2,000mの深層天然温泉。かもめが近くを飛び交う開放感あふれる浴場で、日常の生活では感じることの出来ないひとときがそこにある。露天風呂に入れば、まるで雄大な太平洋に浸かっているかのような気分。かつて産金の地として栄えた「黄金街道」のほぼ中央にある南三陸町。食事は、毎日入荷する季節折々の旬の海の幸、三陸産アワビをはじめ地物を贅沢に使用。のんびり至福の時間をお過ごしください。

ツアーを探す

リゾートうみねこ

イメージ

(イメージ)

東日本大震災後の青森デスティネーションキャンペーンおよび東北新幹線全線復旧に併せ、2011年4月29日に運行を開始。八戸駅〜久慈駅間を土休日のみ運行されるジョイフルトレイン。大きな窓と太平洋に向く座席から、八戸市中心街や蕪島を経て種差海岸に至る変化に富んだ車窓を楽しむことができる。車体には海や青い空、太陽をイメージした配色が施され、三陸の美しい海岸線を走り抜けていく。一味違った旅を楽しませてくれる。

ツアーを探す

▲三陸ツアー・旅行 三陸の見どころの先頭へ

決定