〜2020〜まだ見たことのない紅葉を訪ねて 〜2020〜まだ見たことのない紅葉を訪ねて

蔦沼(つたぬま)

(イメージ)
(イメージ)

早起きする価値あり。
朝焼けの時間に現れる紅葉の絶景。

青森県十和田市にある蔦沼(つたぬま)。
朝焼けに染まる真っ赤な紅葉は、一度はみたい絶景として数多くのメディアに取り上げられています。朝焼けの時間を過ぎると、今度は太陽の光に照らされて黄金色へと変化します。日の出からのわずかな時間の絶景を求めて、多くの方が集いカメラを構えます。
日が昇る前にお宿を出発しますが、ぜひ一度皆様にご覧いただきたい絶景です!

関東発

東海発

青森県十和田市にある蔦沼(つたぬま)は八戸から八甲田へ向かう際の玄関口にあたる「蔦温泉」の裏手にある湖畔群です。
野鳥の宝庫ということでも有名でたくさんの鳥のさえずりが聞こえてきます。10月下旬には蔦沼周辺が紅葉の最盛期を迎え絶景を見せてくれます。湖面に映り込む赤の紅葉は是非ご覧いただきたい絶景です。

甲子温泉・大黒屋

(イメージ)
(イメージ)

秋の絶景に抱かれながら入る、秘湯の一軒宿

福島県西郷村にある甲子大橋と秘湯一軒宿・甲子温泉。
阿武隈川沿いに広がる山々が一面朱色に染まる景観は見事です。
その秋の絶景の中に甲子温泉・大黒屋はあります。
秋の絶景に抱かれながら入る露天風呂はこの時期ならではの絶景です。

北方文化博物館

(イメージ)
(イメージ)

越後随一の豪農・伊藤家の大広間から愛でる
朱・黄に染まる池泉回遊式庭園

江戸中期この地で農より身を興し、代を重ねて豪農の道を歩み、越後随一の大地主となった伊藤家。
この庭を以て千人の茶人をもてなすという、七代当主の構想の下に作られた池泉回遊式庭園。作庭を託されたのは柏崎市出身の庭匠・田中泰阿弥という、銀閣寺の二つの清泉の石組みを見事に発掘・復元したことで天才と呼ばれた人物で、各間からの視線が巧みに計算されています。
築庭には5年をかけ、昭和33年に完成。大庭のモミジはその肢体を大広間の座敷側へ傾け、枝葉すべてを客人へ見せるように広げています。朱・黄に松の緑が混じり、その美しいコントラストはまさに絶景。邸内は他にドウダンツツジや桜、ニシキギも美しく色づきます。

関東発

東海発

扉温泉 明神館

(イメージ)
(イメージ)

目の前に広がる自然と一体となれる
立ち湯「雪月花」

わさび沢の渓谷側が開放され、きれいな空気を感じながら、目の前に広がる自然と一体となれる。
立った姿勢で腰上までつかることのできる立ち湯は、循環器を整えるほか、血行が良くなるといわれています。泉質は、お肌がすべすべになるアルカリ単純泉。『身も心も自然のなかにある』そんな感覚を味わっていただけます。

祖父江イチョウ黄葉

(イメージ)
(イメージ)

〜生産量日本一〜
黄金色に染まる約11,000本の祖父江イチョウ黄葉

晩秋になると、約11,000本ものイチョウが色づき、町全体が黄金色に染まる稲沢市祖父江町は銀杏の生産量が日本一と言われております。カエデとは異なる、輝くような秋の色彩はフォトジェニックで、訪れる人やカメラマンも多数。
夜間はイチョウの木のライトアップが実施され、光り輝くイチョウの黄葉に思わず息を呑んでしまう。銀杏マイスターが黄金色に染まる町中をめぐりながら、幻想的な時間をお過ごしいただけます。

安国寺・ドウダンツツジ

(イメージ)
(イメージ)

名画のように美しい紅葉の絶景

兵庫県豊岡市にある安国寺は、兵庫県の知る人ぞ知る紅葉名所です。
通常非公開の寺院ですが、紅葉の時期のみ公開されます。
樹齢約150年といわれる「ドウタンツツジ」が色鮮やかに紅葉することで有名で、座敷の向こうに見えるドウタンツツジがまるで額縁に入った絵画の様に見えます。
※2020年3月現在、拝観期間が決定していないためリクエストでの受け付けとなります。

知床五湖

(イメージ)
(イメージ)

許可なしでは入れない秘境湖に映る紅葉美

知床五湖は神様が5本の指をついてできたと云われる神秘的な伝説の湖です。
原生林に囲まれた大自然の中に、五つの池が点在しそれぞれ違う表情で、どの湖も周りの樹林や、バックの知床連山の姿を湖面に映し出して、一枚の絵のような風景を楽しませてくれます。
秋の紅葉の時期にはカラマツ、ウチワカエデ、ナナカマドなどの紅葉が湖面に映る姿は絶景です。ミズナラなどの樹木が多いのも特徴的で、黄金色に染まります。わずか10日あまりの見頃の貴重な秘境紅葉です。

関東発

星のブランコ

(イメージ)
(イメージ)

橋から見る絶景は、まるで紅葉の雲海!
360度真っ赤な紅葉空中散歩

標高180m、全長280m、最大地上高50mの木床版吊り橋で、人道吊り橋としては全国的にも最大級の規模。スリルを味わいながら、あたり一面紅葉に囲まれた絶景空中散歩をご堪能ください。

会津たかつえ温泉

(イメージ)
(イメージ)

早起きの価値あり。
紅白が織りなす絶景!
紅く燃ゆる紅葉と白の神秘なる雲海

天候や時間など限られた気象条件を満たした時にだけその幻想的な姿を現すとされる雲海。
南会津の標高1,000mに宿泊するからこそ堪能できる、この時期にしか味わえない雲海と紅葉の競演を。

夏瀬温泉「都わすれ」

(イメージ)
(イメージ)

江戸時代から薬湯として長く親しまれてきた夏瀬温泉!
秘湯の静寂宿に宿泊

人里離れた山あいに佇む全10室の上質宿。露天風呂付き客室に1名1室で宿泊。
夏瀬温泉の一軒宿「都わすれ」に約17時間滞在でゆったりお寛ぎください。

▲秋の紅葉ツアー・旅行2020 まだ見ぬ紅葉を訪ねての先頭へ

     

クリア

決定