クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光 クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光

クロアチア・スロベニアの魅力

ドゥブロヴニク観光地情報

「碧い海にオレンジ屋根の街並み、そして白い空」なんて素敵な景色、みなさまは以前体験したことありますか?「そんな映画の世界じゃあるまいし・・・」って思ったあなた!クロアチアにはあります!!「アドリア海の真珠」と称されるドゥブロヴニク。有名アニメの舞台とも噂される可愛らしい街並みは、20数年前まで内戦の舞台でした。生々しい爪あとはまだ残ってますが、今やヨーロッパ屈指のリゾート地として名を馳せるまで復興しております。そんな素敵な景色に会いに行きませんか?

イメージ

  • プラッツァ通り
  • フランシスコ会修道院
  • 旧総督邸
  • オノフリオの大噴水
  • ロープウェイ
  • 城壁
  • プラッツァ通り
  • フランシスコ会修道院
  • 旧総督邸
  • オノフリオの大噴水
  • スルジ山行きロープウェイ乗り場

ドゥブロヴニクの見どころ

プラッツァ通り

イメージ

(イメージ)

旧市街のメインストリートで入り口のピレ門から、中心部ルジャ広場まで続く全長約300mの目抜き通り。通りの両側には、ショップ、カフェ、銀行等が並び賑わいを見せています。

フランシスコ会修道院

イメージ

(イメージ)

オノフリオの大噴水がある広場に面して立つ修道院。14〜15世紀に再建され、内部にはバロック形式の教会とロマネスク形式の回廊があります。
薬局が併設されており今なお営業を続けております。世界で3番目に古いと言われる薬局でお土産のご購入はいかがでしょうか。

旧総督邸

イメージ

(イメージ)

ラグーサ共和国の歴代総督が住んだ家。内部はラグーサの文化と歴史を伝える博物館となっています。回廊に囲まれた小さな中庭には、共和国の発展に寄与した豪商ミホ・プラツァトの胸増があります。

オノフリオの大噴水

イメージ

(イメージ)

1438年に造られたピレ門から旧市街に入ってすぐの広場にある噴水。ドーム状の建物の周囲に施された16面のレリーフから湧き水が流れています。ラグーサ共和国時代に貴重な水を確保するため上下水道を整備した際に造られました。

ドゥブロヴニクでの体験

ロープウェイ

イメージ

(イメージ)

旧市街の麓からスルジ山の頂上まで約3分間で結んでいます。
スルジ山からは旧市街を見下ろす絶景ポイントとなっている。また、山頂にはナポレオンが贈ったとされる巨大な十字架や独立戦争博物館、みやげ物店があります。

城壁

イメージ

(イメージ)

旧市街を取り囲む堅牢な城壁は8世紀に基礎が築かれ15〜16世紀に現在のものに。1周1940mある城壁は遊歩道になっていて、アドリア海の真珠と呼ばれる街並みと海が織り成す絶景を様々な角度から楽しめます。所要は半周約30分、1周60分程度。

グラスボート

イメージ

(イメージ)

所要約1時間。旧港から城壁沿いに進み、ロクルム島外側をまわって帰るコース等。城壁を海から眺められ、船の底のガラスを通して魚を見ることができます。アドリア海の風を全身に受けながら絶景を楽しめます。

ドゥブロヴニクで人気のお土産店・レストラン

マラ・ブラーチャ薬局

フランシスコ修道院に併設の薬局。
天然ハーブで作ったローションやクリームなど美容グッズやハーブティーなど販売。ローズウォーターが人気。
定休日は日曜・祝日(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

メドゥーサ

ハンドメイドのかわいらしい雑貨が多い。
アドリア海でとれる海綿スポンジなどの天然素材、石鹸などの自然派コスメ、ワインやオリーブオイルなども。
定休日は祝日(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

バチャン

ドゥブロヴニク伝統的な刺繍専門店。
刺繍は伝統的な刺繍の図案「猫の足跡」や「渦巻き」・「花」などいろいろなパターンがある。コースターやテーブルクロスが人気。
定休日は日曜・1月(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

クロアタ

クロアチア発祥のネクタイの専門店。
上質なシルクを中心にしたネクタイ以外にもスカーフやシャツなども揃う。ダルメシアン柄のスカーフは女性に人気。
定休日は日曜(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

プロト

1886年創業の旧市街にあるシーフードの老舗レストラン。
新鮮なシーフードとクロアチアワインが人気。
定休日は無し(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

アルセナル

かつての造船所を利用したシックなレストラン。シーフードやリゾットなど豊富なメニュー。
旧港に面した抜群のロケーション。
定休日は無し(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

カメニツェ

青空広場に位置する行列のできるカキの人気店。
一番人気は生カキは絶品。他にもエビやムール貝のリゾットなども人気。
定休日は無し(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

グラツカ・カヴァナ

ドゥブロヴニクを代表する名物カフェ。市庁舎の1階にある地元で人気店。
ロジャタ(ダルマチア地方プリン)などデザートも充実。
定休日は無し(変更になる場合があります)。

イメージ

(イメージ)

▲クロアチア・スロベニア旅行・ツアー・観光 ドゥブロヴニク観光地情報の先頭へ

決定