世界自然遺産 屋久島ツアー・旅行

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

世界自然遺産 屋久島ツアー・旅行ならクラブツーリズム!自然や味覚を満喫する観光ツアーからガイド同行でサポートする縄文杉・宮之浦岳・白谷雲水峡トレッキングまで、安心で快適な添乗員付きプラン多数。地図・写真でみどころも豊富にご紹介。ツアーの検索・ご予約も簡単。よくある質問を紹介しています。

服装・持ち物はどうしたらいいですか?(登山・トレッキングをしない観光中心のコース)

雨が多い場所になりますので必ず「傘」や「雨具」はいつの時期でもご用意ください。
白谷雲水峡やヤクスギランドに行くコースはスニーカーなど「歩きやすい靴」でお越しください。

服装・持ち物はどうしたらいいですか?(登山・トレッキングを楽しむコース)

自然の中で長時間歩く登山・トレッキングコースでは、しっかりした服装・装備が必要です。
くわしくはこちらをご覧ください。

屋久島の登山・トレッキングシーズンはいつですか?

3月〜11月が登山・トレッキングにおすすめのシーズンです。

6月中旬〜7月中旬は梅雨のため特に雨が多い時期になります。
新緑は4月下旬〜5月下旬、ヤクシマシャクナゲは5月下旬〜6月下旬頃が例年の見頃です。
比較的天候が安定している時期は3〜5月と10〜11月ですが、いつの時期でも必ずしっかりとした雨具はご用意ください。

航空機の機内へは、どれくらいの荷物を持ち込めますか?

鹿児島〜屋久島間で就航している航空機は100席未満の小型機で小さいため、機内持ち込み手荷物の大きさは以下のサイズに制限されています。
※縦45cm/横30cm/高さ20cm以内の手荷物が機内持込可能

これを超えるサイズは、預け入れ荷物となります。
機内持ち込みサイズを超えるストックなどは、預け入れの際の破損を防ぐために緩衝材などで
くるんで保護してから預けることをおすすめします。

イメージ (イメージ)

滞在中に台風などの悪天候で復路の飛行機や高速船が欠航になったら、どうなりますか?

航空機と船以外に島外への交通手段がないため、残念ながら基本的には屋久島に延泊となります。
延泊に伴う宿泊・移動などにかかる費用は、大変申し訳ございませんがお客様ご負担となります。
延泊にかかる費用は宿泊施設にもよりますが、1延泊あたりおおよそ10,000円前後で原則として現地でご集金させて頂きます。天候が回復次第、翌日以降の便に振り替えて搭乗・乗船頂き帰路に就いて頂きます。

風が強く航空機が欠航になり高速船のみ運航している場合、波が高く高速船が欠航になり航空機のみ運行している場合(前者のケースが多い)、座席の確保ができれば代替でご案内させて頂きます。この場合の運賃の差額も、当日もしくは後日に精算となります。

携帯電話の電波は通じますか?

docomo・auは平地部であればほぼ通話可能ですが、Softbankは一部エリアのみしか通じません。
登山やハイキングを行う山間部は、宮之浦岳の山頂付近など一部を除き、基本的には圏外となります。
スマートフォンの地図アプリを利用して登山する場合は、機内モードにしておくとバッテリーの消耗をおさえることができます。

登山・トレッキングをするために、入山料が必要だと聞きましたが本当ですか?

正式には「世界自然遺産屋久島山岳部環境保全協力金」と言います。
縄文杉・白谷雲水峡・宮之浦岳・ヤクスギランドなどの日帰り入山はおひとり1,000円、山中に宿泊しての縦走の場合はおひとり2,000円となります。
トイレの維持管理経費や登山道の点検や補修費など、安全で快適な登山・ハイキングのために使用されるものですので、ぜひご協力をお願いします。
それぞれ、入山口の管理事務所で納めることができます。

登山・トレッキング中のトイレが心配です

縄文杉・白谷雲水峡・宮之浦岳・ヤクスギランドなどはそれぞれ入山口にトイレが設置されている他、人気のある縄文杉・白谷雲水峡のルート上には歩行時間1.5〜2時間に1箇所程度の間隔で、トイレが設置されています。

また、トイレとトイレの間や宮之浦岳の上部には、携帯トイレブースが設置されています。使用するには各自で携帯トイレを用意する必要がありますが、屋久島の宿泊施設で1,000円未満で購入が可能です。

イメージ (イメージ)

イメージ (イメージ)

登山・トレッキングにはガイドが同行しますか?

白谷雲水峡入口周辺のみの短時間のハイキングだと、ガイドが同行せず各自ハイキングをお楽しみ頂く場合や、バスガイドがご案内する場合が多いです。
長時間の歩行となる縄文杉や宮之浦岳の登山コースではお客様8名〜10名に対して1名のガイドが同行し、登山中の体調不良や体力不足などのトラブルもしっかりサポートします。
各コースに同行の有無が記載してありますので、ご確認ください。

登山・トレッキングのスケジュールやペース・休憩などが心配です

歩行距離と行動時間の長い縄文杉・宮之浦岳の登山は、早朝からの行動開始となります。薄暗い中で歩き始めますので、ヘッドランプをご用意ください。
ガイドが先導して歩きますので、皆様の体力や歩調に合わせたゆっくりめのペースでご案内します。
休憩は長くても1時間に1回程度はおとりします。あずまや・ベンチなどが設置されている休憩ポイントもありますが、それ以外の場所で休憩をとる場合や雨で濡れている場合もあるので、お弁当を食べる際などの長めの休憩時間には、アウトドア用の折りたたみ式座布団やレジャーシートがあっても便利です。

ページTOPへ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員