おすすめポイント

頂上付近の針葉樹林の中に「様々な形をして突っ立っている見事な岩峰」が美しく印象深いと、「日本百名山」の著者は言う。そして、トカゲのように上からこの岩峰群を覗くのもまた楽しいという。南麓の金山高原から富士見平小屋へ登り、頂上を目指すのがよいようで、瑞々しい樹林を抜けて行く。下山のあと、県道沿いにある増富ラジウム温泉で疲れを取るのもおすすめだ。

大きな地図で見る

※この地図は「瑞牆山」を示しております

登山コラム

写真提供:(社)北杜市観光協会

【自然の雄大さを感じさせるキャンプ空間】

瑞牆山の山頂は、円すい形の突起物がいくつも突き出ているように見える。その特徴的な形状から、地元では「コブ岩」と呼ばれている。山に生育している木々は、シラカバやミズナラなどの天然林が65%を占めており、山腹にある「みずがき山自然公園」には、その雄大な森を見渡すキャンプサイトや芝生広場があり、キャンプサイトは瑞牆山を目指すクライマーにも多く利用されている。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲瑞牆山【みずがきやま】山梨県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定