おすすめポイント

中禅寺湖畔にすっくと立つ男体山は、女峰山、太郎山などともに古くからの信仰の山で、山頂に「日光二荒山神社」の奥宮がある。中禅寺湖畔にある中宮祠が登山口で、登る道はひたすら急峻で砂礫の道だという。頂上北側に爆裂火口があり、この山が火山だったことがわかる。実際に7000年前の噴火で湯川を堰き止め、戦場ヶ原、中禅寺湖ができたのだという。そこから落ちる滝が竜頭ノ滝、華厳ノ滝で、日光の名所になっている。

大きな地図で見る

※この地図は「男体山」を示しております

登山コラム

イメージ

【日光二荒山神社の伝統行事】

風光明媚な中禅寺湖に接して位置する男体山は、日光二荒山神社の御神体山。毎年7月31日〜8月7日まで「男体山登拝大祭」が行われ、神社境内は登山者や参拝者で賑わいを見せる。奈良時代から続く、男体山信仰に根ざした行事で、この期間は夜間の登山が可能となり、山頂でご来光を拝むことができる。頂上では、お守りや「登拝之証」(登山証明書)、ご神水などが授与される。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲男体山【なんたいさん】栃木県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定