おすすめポイント

光岳を「テカリダケ」と読ませる。山頂西斜面にある巨岩が夕陽にテカるので、その名が付いたという。2,500mを超える山としては日本の最南端で、高山植物ハイマツの南限にもなっている。駿河、信濃、遠江三国にまたがる光岳の登山ルートは、駿河・寸又峡温泉から入り、百俣沢ノ頭まで上がるルートと、信濃・秋葉街道から遠山川沿いに易老沢へ出るルートがある。

大きな地図で見る

※この地図は「光岳」を示しております

登山コラム

イメージ

【山頂近くで登山者を迎える花畑】

易老岳から三吉平、静高平、光小屋を経て光岳を目指すと、光小屋の手前でセンジガ原を通る。センジガ原は、光岳とその東にあるイザルガ岳の間に広がる草地。夏にはハクサンフウロやチングルマなどの高山植物の花畑となり、登山者の目を楽しませる。草地を囲むように並ぶハイマツは、この付近が南限だ。また、周氷河地形のひとつのアースハンモックが見られ、その発達地帯には木道が設置されている。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲光岳【てかりだけ】静岡県・長野県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定