おすすめポイント

「日本百名山」の著者は、東西南北どこから見ても「その美しい整った形は偉大な通俗」であり、「小細工を弄しない大きな単純」だと富士山を賞賛する。松尾芭蕉は「雲霧のしばし百景をつくしけり」と詠み、葛飾北斎は「凱風快晴(通称赤富士)」など「富嶽三十六景」を描き上げた。日本のシンボルともいえる富士山だが、フジアザミ、フジハタザオなど、火山荒原に生育する植物が見られるのも特徴のひとつ。

大きな地図で見る

※この地図は「富士山」を示しております

登山コラム

イメージ

【富士山頂できらめく宝石のような太陽】

標高も美しさも、問答無用で日本一の富士山。初日の出や新緑の季節、あるいは紅葉や白銀の世界と、季節を問わずに雄大な景色を見せてくれる名峰だが、ぜひ見ておきたいのは「ダイヤモンド富士」と呼ばれる風景だ。日の出と日没時に、富士山の山頂に太陽が重なる瞬間、四方八方に光線を放つダイヤモンドのように輝いて見える現象のこと。富士山が東もしくは西の方向に見える場所で、気象条件により年に2回見ることができる。

日本百名山一覧

北海道エリア

東北エリア

北関東・尾瀬・日光エリア

秩父・多摩・南関東エリア

上信越エリア

北アルプスエリア

美ヶ原・八ヶ岳・中央アルプスエリア

南アルプスエリア

北陸・近畿・中国・四国エリア

九州エリア

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲富士山【ふじさん】静岡県・山梨県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定