おすすめポイント

間ノ岳は南アルプスの中ほどにあり、3,190mと日本でも有数の高さ。3,192mあり2番目に高い北岳と、残雪が鳥の形をしていて農作業の目印になる3,026mの農鳥岳と合わせて「白峰三山」とも呼ばれる。山容は穏やかで、一度3,000mまで登ってしまえば、雄大な景色が楽しめる。南アルプス林道の広河原から沢伝いに北岳をかすめるように登頂、または同じ林道の奈良田温泉から農鳥岳を経て登頂するのが、通常の登山ルート。

大きな地図で見る

※この地図は「間ノ岳」を示しております

登山コラム

イメージ

【白峰三山縦走の起点にある温泉で疲れを癒す】

北岳、農鳥岳と併せて登られることが多い間ノ岳。農鳥岳から北上する場合に、その登山口となるのが「奈良田温泉」だ。その昔、孝謙天皇が病を癒した霊泉との言い伝えがある温泉で、泉質は肌がつるつるになる塩化物泉。ぬるぬるとしてほんのり硫黄の香りがするお湯は、ややぬるめなので、時間をかけて温まりたい。西山ダムの右岸にある温泉街には宿泊施設のほか、日帰り入浴施設もあり、登山で疲れた体を癒してくれる。

日本百名山一覧

北海道エリア

東北エリア

北関東・尾瀬・日光エリア

秩父・多摩・南関東エリア

上信越エリア

北アルプスエリア

美ヶ原・八ヶ岳・中央アルプスエリア

南アルプスエリア

北陸・近畿・中国・四国エリア

九州エリア

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲間ノ岳【あいのだけ】静岡県・山梨県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定