おすすめポイント

昔、天岩戸に閉じこもった天照大神を洞窟から出した時、こじ開けた岩戸を空に放り投げた。その岩戸は葦原に落ちて戸隠山になったといい、戸隠神社は今も、岩戸を投げた神様たちを祀っている。そんな戸隠山に連なる高妻山もまた修験道の山で、登山道沿いにはあちこちに石仏や石祠などが置かれている。2,353mの山で戸隠連峰では一番高く、トガクシイワインチンやトガクシショウマをはじめ、高山植物も豊富に咲く。

大きな地図で見る

※この地図は「高妻山」を示しております

登山コラム

イメージ

【牧場で元気をもらっていざ登山道へ】

戸隠連峰最奥に位置する高妻山へは、戸隠キャンプ場が入山口となる。麓には、キャンプ場に隣接して「戸隠牧場」があり、6月〜10月には広々とした大地でのびやかに育った牛や馬をのんびり眺めたり、ウサギやヤギなどの動物に触れることができる。戸隠連峰の麓から黒姫山の裾野まで広がる景色は圧巻で、夏は戸隠連峰を望みながらの乗馬体験が爽快。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲高妻山【たかつまやま】新潟県・長野県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定