おすすめポイント

上越国境の山々から北へのびる朝日岳、柄沢山、米子頭山の先に巻機山はある。西の裾を登川が洗う。そのあたりは清水と呼ばれる村落で、上越線のトンネルの名前になっている。「日本百名山」の著者は、この清水から山に入り、桧穴ノ段や上桧穴ノ段などの急斜面と岩場を抜けて登頂したという。巻機山には、珍しいアマツバメが営巣する洞窟があり、保護区に指定されている。

大きな地図で見る

※この地図は「巻機山」を示しております

登山コラム

イメージ

【数々の滝が現れる沢登りコース】

そのなだらかな稜線から女性的とも表される巻機山。開けた道を、稜線を伝って歩く爽快さは登山の醍醐味だ。上級者向けの沢コースには「割引沢コース」や「ヌクビ沢コース」があり、ごつごつと割れた岩の斜面を流れる「吹上の滝」や、豪快に滝壺に流れ落ちる「アイガメの滝」などいくつもの滝を見ることができる。新緑や紅葉の季節には、絶景の中でのクライミングが楽しめるが、尾根道とは違う沢登りのため、万全の装備が必要だ。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲巻機山【まきはたやま】新潟県・群馬県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定