おすすめポイント

「日本百名山」の著者が、燧ヶ岳、至仏山、武尊山、会津駒ヶ岳などの百名山山頂からその長く平らな山容を望み、百名山に入れたいと思い続けたという平ヶ岳。日本海に注ぐ阿賀野川、太平洋を目指す利根川の源流域にあり、山頂付近は湿地で池塘が多く、チングルマ、ミツバノバイカオウレン、オノエランなどが白い可憐な花を咲かせる。また、池塘の中にカワモズクが生育しているという。

大きな地図で見る

※この地図は「平ヶ岳」を示しております

登山コラム

イメージ

【大きくて不思議な地球の産物を見る】

平ヶ岳は稜線がなだらかに見えるものの、道程が長いため、軽く見てはいけない山。頂上には池と湿地が広がり、平坦な広場が現れる。頂上から30〜40分の地点では、「玉子岩」と呼ばれる珍しい巨岩を見ることができる。土台の上に玉子型の岩が乗っているように見えるが、これらはひとつの花崗岩が風化されて残ったもの。危険なため近くまで行くことはできないが、遠くからでも地球の神秘を感じることができる。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲平ヶ岳【ひらがたけ】新潟県・群馬県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定