おすすめポイント

糸魚川と松本を結ぶ塩の道・千国街道に覆いかぶさるようにそそり立つ北アルプス。その谷筋の反対側、小谷村の北端に優しくしかし厳然とそびえる雨飾山。越後側が表だといわれるが、裏の小谷温泉から登頂の方がより楽だという。ブナが多い山で、新緑や紅葉の時期は絵のような風景が楽しめる。途中のブナ平は、休憩スポットとしておすすめだ。山頂にたどり着けば、はるかに日本海を見渡す景観が広がる。

大きな地図で見る

※この地図は「雨飾山」を示しております

登山コラム

イメージ

【ブナの森に囲まれた、紅葉の美しい池】

雨飾山の麓、標高1,190mにある鎌池。雨飾山への分岐点あたりから池畔へと続く鎌池ブナ小径を約2時間ほど行くと、やがて目の前に姿を現す。ブナ原生林に囲まれて佇む池の周りには、約2kmの遊歩道が整備されており、静かな散策が満喫できる。秋になると、池の周囲をふちどる色とりどりの紅葉と山肌が水面に映り込み、得も言われぬ美しさとなる。カメラマンにも人気のスポットだ。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲雨飾山【あまかざりやま】新潟県・長野県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定