おすすめポイント

八ヶ岳連峰の北端にそびえ立つ標高2,530mの火山で、蓼科高原といわれるこの一帯のランドマーク。霧ヶ峰や白樺湖から見上げる山容が美しく、「諏訪富士」とも呼ばれている。頂上付近は溶岩の割れた岩石で覆われ、立木もなく見晴らしがいい。南側の鞍部は麦草峠といい、諏訪と佐久を結ぶ国道299号線が通っている。佐久側には牧場が多く、松原湖などもある。

大きな地図で見る

※この地図は「蓼科山」を示しております

登山コラム

イメージ

【自生する高山植物と鳥のさえずりを楽しむ】

蓼科山の中腹に位置し、登山道入口のほど近くにある「蓼科御泉水自然園」には、約300種の高山植物が自生。10月上旬から11月上旬にかけては、カラマツやカエデ、ナナカマドなども美しく色づく。園内には、全長10kmに及ぶ遊歩道が設けられ、鳥たちのさえずりを聞きながら散策が楽しめる。また、蓼科牧場から御泉水自然園を約5分で結ぶゴンドラリフトからの眺めも素晴らしく、北アルプスや女神湖などが望める。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲蓼科山【たてしなやま】長野県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定