おすすめツアー

北アルプス最高峰であり日本第3位の標高を誇る穂高連峰の盟主・奥穂高岳。
高山植物美しい涸沢カールを経由して、険しい岩稜をめざしましょう。

ツアーのポイント

  • 登山ガイドが同行します
  • 各班18名様限定
  • 一部、荷物預かりができます(不要な荷物は横尾山荘に預けられます)
  • 立川・八王子からの途中乗車も可能です

出発地から探す

北アルプスに登り隊北アルプスに登り隊

おすすめポイント

奥と北、前、西の穂高岳に涸沢岳、明神岳などの峰々を加えた穂高連峰の総称を穂高岳という。主峰は3,190mの奥穂高岳。北は槍ヶ岳に続く峻険なキレットで、南は西穂高岳。前穂高岳の南斜面に巨大なカールが開けているが、それは上高地河童橋から見上げる風景だ。穂高岳に登るには梓川を遡り、涸沢に入る道が安全だが、1970年に奥飛騨から上る新穂高ロープウェイが開業し、その山頂駅から穂高岳を眺望できるようになった。

大きな地図で見る

※この地図は「穂高岳」を示しております

登山コラム

提供:アルプス観光協会

【氷河が形作った、ここならではの絶景】

日本で3番目に高い奥穂高岳、秋にはナナカマドが真っ赤に色づく涸沢岳、古代からの信仰の対象となってきた明神岳などから成る穂高岳は、剣岳や谷川岳と並んで「日本三大岩場」にも数えられている。氷河によって形作られた「涸沢カール」は、まるで屏風のように連なる峰々に囲まれており、絶景が展開する。夏にはここにテントを据える登山客も多く、北向きの斜面では雪が残るため、夏スキーも盛んに行われる。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲穂高岳【ほたかだけ】長野県・岐阜県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定