おすすめポイント

東京タワーや東京スカイツリーから北方を見ると、鋭く立った峰が目に入る。877mでしかないが予想外に高く見える筑波山だ。江戸末期の浮世絵にも富士山と同様、遠景としてよく描かれている。間に何もないためよく見えたのだろう。また、奈良時代に記された『常陸風土記』に早々と登場する山で、男体山と女体山が立つ山頂に、筑波山神社本殿がある。山頂から見る関東平野とその奥の富士山そして北の山々の眺望が素晴らしい。

大きな地図で見る

※この地図は「筑波山」を示しております

登山コラム

撮影 滝原逸郎

【筑波山の伝統名物「ガマの油売り」】

筑波山にある「筑波山神社」の境内では、今ではお目にかかれない「ガマの油売りの口上」を、土・日曜に見ることができる。「さぁ〜さぁ〜お立会い…」という口上で始まる実演販売は、自分の腕を刀で傷つけて、血が出たところに「ガマの油」を塗り、その血が止まったことを見せるもので、本当ではないが、軽妙な口上と刀さばきは一見の価値ありだ。「陣中油」(一名ガマの油)は、お土産として売られている。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲筑波山【つくばさん】茨城県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定