おすすめポイント

谷川岳は古来「耳二つ」と呼ばれた山で、山頂部にトマノ耳(1,963m)とオキノ耳(1,977m)が猫の耳のように尖っている。急峻な岩壁と天候が急激に変化することで遭難者が多く、「魔の山」と呼ばれたりもする。しかし、マチガ沢や一ノ倉沢、幽ノ沢など谷川岳の岩壁は、剱岳や穂高岳の岩場とともにロッククライマーたちが一度は登ってみたい壁となっている。山裾にある土合駅前が登山口になっている。

大きな地図で見る

※この地図は「谷川岳」を示しております

登山コラム

イメージ

【数多の登山家が挑んだ谷川岳の歴史を知る】

雪質や傾斜のバラエティに富んでいることから、スキー場としての人気を得る一方、日本三大岩場のひとつとしても、ロック・クライマーを惹きつけてやまない名峰、谷川岳。湯原と土合に構えられた二つの資料館では、全国の山好きが撮りためた写真や、先人の登山家たちの装備やその足跡を展示している。山岳雑誌「山と渓谷」の創刊初期の号も展示され、谷川岳登山の歴史に思いを馳せることができる。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲谷川岳【たにがわだけ】群馬県・新潟県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定