おすすめポイント

役小角が最初に登ったといわれ、空海も修行したという古代からの山で、富士山や白山、立山、大山などとともに日本七霊山のひとつに数えられる。登山道は北側伊予からの表参道と南側土佐からの裏参道があり、鎖場の手前で一緒になる。そして、一の鎖、二の鎖、三の鎖をよじ登り(迂回路あり)弥山に達する。山頂はその先、天狗岳という岩峰だが、弥山までという人も多いらしい。山頂付近から望む瀬戸内海と土佐湾は絶景。

大きな地図で見る

※この地図は「石鎚山」を示しております

登山コラム

イメージ

【弥山山頂、中腹、麓に4社を持つ石鎚神社】

古くから修験道の山として知られる石鎚山。弥山山頂、中腹、麓には石鎚山を神体山とする神社があり、麓の石鎚神社本社、山頂の奥宮頂上社、中腹の成就社と土小屋遥拝殿の4社を合わせて「石鎚神社」という。土屋遥拝殿は石鎚スカイラインの終点、成就社は石鎚登山ロープウェイから徒歩20分の距離にある石鎚山の登拝の拠点。また、3体の御神像を祀る頂上社の参道には鎖の行場として一之鎖、二之鎖、三之鎖がかけられている。

国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅国内あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅

▲石鎚山【いしづちさん】愛媛県 日本百名山ツアー・旅行の先頭へ

決定