クラブツーリズム TOPテーマ旅行を探す音楽・芸術鑑賞の旅・ツアー音楽鑑賞の旅

  • 国内で楽しむ
  • 海外で楽しむ
  • 音楽鑑賞の旅
  • 合唱の旅
  • 日本語公演スケジュール

旅のコラムや音楽情報満載の ブログはこちら

【音楽鑑賞の旅とは】一流の音楽を楽しむこと、華やかな音楽祭を体験することなど、お客様のそれぞれのご要望にお応えできるよう、音楽の専門知識のあるスタッフが様々なラインナップをご用意しています。また、オペラ講座や音楽講座で知識を深めて旅に出かければ、一層の感動を味わえることでしょう!クラブツーリズムでは、専門知識・経験豊富な専属講師をお迎えし、講師同行ツアーも多数ご用意!ぜひクラブツーリズムで音楽鑑賞の旅へお出かけください。

関東発

スタッフおすすめツアー

シェーンブルン宮殿の大ギャラリーにてクラブツーリズム特別貸切晩餐会を開催

(イメージ)

550,000円 〜 625,000円

6泊8日(8日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年6月

[コース番号:21235]

ザルツブルク音楽祭 祝祭大劇場(イメージ)

(イメージ)

548,000円 〜 618,000円

6泊8日(8日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年7月

[コース番号:16697]

その他のツアーはこちら

山本講師同行ツアー

専属講師のご紹介

旅の文化カレッジ講師 山本 直幸

【クラブツーリズム 音楽の旅】
旅の文化カレッジ講師 山本 直幸

ベルリン留学中6年間、オペラ・コンサート通いの日を送る。
特にヨーロッパの歴史や音楽・美術への造詣が深く、長年音楽旅行企画に携わり、ツアーにも同行し現地で案内役も務める。海外添乗・駐在日数は4,000日以上。音楽雑誌等に音楽旅行記事を多数寄稿。

楽友協会で2つのコンサート鑑賞!

(イメージ)

398,000円 〜 458,000円

5泊7日(7日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年5月

[コース番号:21245]

クラシック音楽のエキスパート・山本直幸が添乗員兼講師として同行!

(イメージ)

398,000円 〜 443,000円

4泊6日(6日間)宿泊

[出発地] 東京

[出発月] 2018年3月

[コース番号:21201]

すべてのツアーを見る

中部・東海発

シェーンブルン宮殿の大ギャラリーにてクラブツーリズム特別貸切晩餐会を開催(イメージ)

(イメージ)

550,000円 〜 625,000円

6泊8日(8日間)宿泊

[出発地] 名古屋

[出発月] 2018年6月

[コース番号:F0583]

関西発

ウィーン少年合唱団 (C)ANTO/(C)Osterreich Werbung/Trumler

(イメージ)

329,000円 〜 371,000円

6泊8日(8日間)宿泊

[出発地] 大阪

[出発月] 2018年5月

[コース番号:G3931]

マウリッツハイス美術館 フェルメール「真珠の耳飾りの少女」

(イメージ)

299,000円 〜 347,000円

4泊6日(6日間)宿泊

[出発地] 大阪

[出発月] 2018年5月

[コース番号:G3942]

ヴァルトビューネ野外コンサート(C)Sebastian Greuner

(イメージ)

398,000円 〜 423,000円

4泊6日(6日間)宿泊

[出発地] 大阪

[出発月] 2018年6月

[コース番号:G3943]

最新 海外音楽情報

■メット音楽監督に早期就任
2020年からニューヨークのメトロポリタン歌劇場の音楽監督に就任することが決まっているネゼ・セガンが、予定より2年早い、2018年9月にそのポストに就くことになった。2018/19年シーズンにヴェルディの「椿姫」、ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」などを指揮する。40年間音楽監督を務めたレヴァインは、昨年4月の退任後も名誉音楽監督として指揮活動を続けていたが、セクハラ疑惑を理由に一切の活動が停止された。(更新月:2月)
■ムーティ、契約延長
2010年よりシカゴ交響楽団の音楽監督を務めているムーティが、その契約を2020年まで延長した。2018/19年シーズンの予定も発表されたが、ムーティは注目公演として複数の「レクイエム」、ヴェルディの「アイーダ」とバルトークの「青髯公の城」を演奏会形式で指揮する。(更新月:2月)
■ウィーン国立歌劇場、記録更新
ウィーン国立歌劇場は、2016/17年のシーズン、チケット収入と座席占有率で過去最高を記録した。チケット収入は35.4百万ユーロ(前シーズン34.6百万ユーロ)、メイン舞台289公演の座席占有率は98.83%(前シーズン98.59%)だった。今シーズンは1月30日までの座席占有率は98.62%で、オペラ公演では98.81%という高い水準を保っている。(更新月:2月)
■ヤンソンス、ベルリン・フィルの名誉団員
ベルリン・フィルがM.ヤンソンスに名誉団員の称号を授与した。ヤンソンスは、1976年に初めてベルリン・フィルを指揮して以来、40のプログラムで95回指揮し、良好な関係を築いていた。今までベルリン・フィルの名誉団員の称号を授与された指揮者は、バレンボイム、ハイティンク、アーノンクール、小澤征爾の4人だけ。(更新月:1月)
■メータの代役
肩の手術で3月までの出演をすべてキャンセルした指揮者メータの代役が順次発表されている。2月のベルリン・フィルの2度の定期演奏会は、ハイティンクとデビューを飾ることになるヴァシリー・ペトレンコが代役を務める。3月のベルリン国立歌劇場の新演出公演「サロメ」は、初日から全公演、ドホナーニが指揮する。(更新月:1月)
■2019年の指揮者はティーレマン
2019年のウィーン・フィルのニューイヤーコンサートは、C.ティーレマンが指揮すると発表された。ティーレマンは2000年から定期的にウィーン・フィルやウィーン国立歌劇場公演を指揮し、良好な関係を維持している。シュターツカペレ・ドレスデンの音楽監督として2010年よりジルヴェスターコンサートを指揮しているが、2018年のジルヴェスターは他の指揮者が務めることになる。(更新月:1月)

旅にエッセンス〜こだわりの旅〜

音楽鑑賞の旅 音楽・芸術鑑賞の旅・ツアーなら、クラブツーリズム!コンサート、オペラ、オーケストラ、イベントを国内を代表する劇場で鑑賞。お食事付プランやバスプランもご用意。

▲音楽鑑賞の旅 音楽・芸術鑑賞の旅・ツアーの先頭へ

ページTOPへ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員